東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校で学べる料理の種類とは?

調理師になりたいと思った場合、調理師専門学校に通う必要があります。

東京には多くの調理師を育成する専門学校がありたくさんの種類の料理の作り方などを学ぶことができるほか、食材やマナーなどについても覚えることができます。

 

調理師専門学校で学ぶ洋食に関すること

調理師専門学校ではフランスやイタリアなどをメインとした西洋料理を学ぶことができます。ヨーロッパの代表的とされる料理の調理法などを勉強し、専門学校によっては実務を重視した研修制度を設けているところもあります。

レッスンや実際の調理で経験を増やすことを目的としています。西洋料理の基礎となるのはナイフの持ち方から始まります。そして野菜や肉などの切り方のレッスンを受けていくことになります。

西洋料理を作る際に基本とされるシャトー剥きと呼ばれる技法や調理に良いとされる包丁の扱い方などを学んで、それからあらゆる野菜にも対応できるようになっていきます。三枚おろしと呼ばれる魚料理で重要となる方法や、鶏を丁寧にそしてスピーディーにさばけるようなるまで、じっくりと指導を受けることが可能です。

卵料理で知られるオムレツの場合は、調理をするのに最適とされる火加減や調理器具の使い方を学びます。例えばどのようにフライパンを動かすと良いかなど卵料理をはじめ基礎となる調理の技術を身に付けることができます。

基礎的なことを学んでからは、応用としてフォンと呼ばれる鶏肉などからとる出汁や料理を引き立たせるソースの作り方、卵やシーフードそのほかパスタなどの麺や肉などベースとなる料理やレストランで食後に出されるデザートなどを作るレッスンを受けます。

専門的な多くの知識や技術を学んでいき、シェフ業として活躍をされているホテルの料理長や有名なシェフなどを学校に呼びその人たちから直々に授業を受けられる学校も中にはあります。直接有名なシェフからレッスンを受けられることは自分のレベルを上げられる良いチャンスとなりますので、シェフとして将来活躍したいと考えている方は有名シェフからレッスンを受けられる専門学校を選ぶようにすると良いでしょう。

そのほか多くの人が高級なイメージを持っていたり、上質な食材をふんだんに使ったフランス料理も専門学校に通えば作れるようになります。フレンチの基本の味となるソースからフルコースまでハイレベルの調理法が身に付きます

ほかにはイタリアで有名な食材であるオリーブオイルなどを使ったイタリアンも学ぶことになります。イタリアには地方により味付けや調理法が異なることで知られています。また地方ならではの食材を使った味や作り方をしっかりと習得できるので、就職の際に調理の幅が広がり役立てることができると考えられるでしょう。

 

調理師専門学校で習う日本料理に関すること

和食と呼ばれる日本料理は旬の素材にこだわったり、食材の産地を厳選することが重要とされています。調理師専門学校では最初に包丁の持ち方をはじめ切り方や研ぎ方を習うことになります。

かつら剥きと言われる和食の基本とされる野菜の皮の剥き方や、日本料理に合わせた調味料の上手な使い方、料理に大切とされるうまみを上手に引き出す技を習得して調理の応用に備えるレッスンを受けます。代表的な三枚おろしと言われる魚料理では欠かせない魚のおろし方や、きれいで食べやすい刺身の切り方などを習得します。

和食を作る際に大切な五法と呼ばれる技を身に付けることにより見た目が美しく、そしておいしくスピーディーに作れるようになっていきます。そのほか料理のほかに和菓子の作り方も学ぶことができるので、全面的に和食をマスターすることが可能です。

日本料理の基礎的なことを学んでからは、日本料理の巨匠と呼ばれるような講師を招き授業をする学校もあります。正しい切り方や味付け、煮たり焼くなどきちんとした手順で調理をおこない、旬とされる時期や産地を選び抜いた上質な素材を使い、最も良い状態でいずれお客様となる方へ提供できるようじっくりとレッスンを受けられます。そのほかより和食を美しく見せる食器の選び方や使い方など、一人前の料理人として活躍できるマナーなども身につけることができます。

高級な懐石料理や寿司、そのほか婚礼料理やうなぎなどのさばき方や日本料理の基礎、応用、そして専門的な知識や技をきちんと身に付くレッスンを受けられます。和食のさまざまなことを学んで、さらにレベルの高い調理法や技術を習得することにより、就職の際に選択肢の幅が広がることになり将来的に役立つことになります。

和食というと、使う食材が多かったりマナーも細かく、全体的に繊細だというイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。それでいて調理が難しそうとレッスン前に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、調理師専門学校では誰もが同じスタートに立ち最初の一歩を踏み出します。

それから講師や先輩などにじっくりとレッスンを受けながら、いずれ就職となったときに役立てる知識や技を身に付けていき一人前の料理人として働けるようサポートをしてもらえます。繊細で難しそうというイメージがあっても、専門学校に通えば徐々に調理法のほかにも和食の大切なマナーなども身に付くので将来的に仕事以外にも役立てることが多くあります。

 

調理師専門学校で学ぶ中国料理について

中国には長い歴史があって、各地により味も雰囲気も変わる調理法がある中華料理は幅広く、覚えることがたくさんあります。最初は中国料理について習得しなければならないことが多そうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、調理師専門学校では基礎的なことから応用までしっかりと学ぶことができるので安心して通えます。

中国料理にはあらゆる食材が多く使われています。しかし、包丁は中華包丁と呼ばれているものだけを使います。日本で一般的に使われている包丁と比較してみると大きめな包丁を使うことになります。最初は馴染みがない包丁の使い方に戸惑いなどがあるかもしれませんが、先輩や講師が丁寧に教えてくれるので次第に慣れていき、少しずつ使いこなせるようになっていきます。

専門学校で中国料理を習う場合、まず中華包丁の正しい扱い方から学ぶことになります。研ぎ方をはじめ、中国料理に使われる野菜や肉などの食材に合った切り方などのレッスンを受けることになります。そのほか、火を多く使う中国料理は油についてや、火や油のバランスなどについても知っておかなければなりません。

そして、中国料理に欠かすことができない中華鍋の使い方など、料理のベースとなることをしっかりと覚えていきます。中華鍋は日本でよく使用されている鍋やフライパンと比べると大きくて重いのが特徴です。

中国料理では四川と呼ばれる四大料理をメインに授業はおこなわれ、炒め物からスタートして次第に高級店などで提供される点心などあらゆるジャンルに対応が可能となるように実技を踏まえて授業がおこなわれます。中国料理でよく使われることが多い高級食材のふかひれは調理をする際に準備が必要です。

そのため、手間や時間がかかる食材でもあります。中国ではスパイスとして漢方を使う料理も存在し、漢方にはたくさんの種類があるため豊富な知識も必要となります。火と油を多く使用して炒める調理法が多いため、一見シンプルに見える中国料理は食材によっては下処理などの手間がかかるものも多いとされています。

専門学校によっては中国で活躍する有名なシェフや、人気レストランの専属シェフなどを講師として招いて授業をおこなうところもあります。プロの料理人として活躍している人からの授業を直接受けることにより、調理法のレベルアップが期待できたり本場ならではの味を覚えることができるほか、中国料理の正しい技術やマナーなどをしっかりと習得することが可能となります。

 

調理に関わる仕事に就きたいという場合、調理師専門学校に通うことになり最初は調理についての知識や経験がなくても、熱心に講師や先輩が指導してくれるので安心して通えます。

徐々にあらゆる調理法や技、そしてマナーなど大切なことが身に付き最初は戸惑いなどがもしあったとしても、それは自信へ変わり将来的に多いに役立つことになります。

和食、洋食、中華のほかに就職先のレストランやさまざまなお店で使える調理法などを身に付けたい方は調理師専門学校に入学されることをおすすめします。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧