東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の昼間部と夜間部の違いとは?

東京で調理師専門学校に通いたいと思っているときに、昼間部と夜間部のどちらにしたら良いかで悩むことがあります。

この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

どちらを選んだほうが自分に合っているのかを判断できるようにするために基本的な違いを把握しておきましょう。

 

時間だけでなくカリキュラムも違う

調理師専門学校の昼間部と夜間部では授業がおこなわれている時間が違いますが、その影響を受けてカリキュラムや卒業までにかかる期間についても差が生じています。

東京にある調理師専門学校の一般的な授業時間は昼間の場合には9時頃からスタートして16時頃に終わるという形です。高校や大学などとほとんど違いはなく、授業と授業の間に休み時間も設けられていて、昼休みも長く確保されている仕組みになっています。

夜間の場合には18時頃にスタートになっている学校が多く、終わりは21時頃というのが典型的です。夕食休みといった時間は特にないので事前に夕食を済ませてくるか、全部授業を終わった後に食事をすることになります。

昼間の場合に昼休みが1時間あったとしても9時から16時までに6時間もの授業時間を確保できますが、夜間の場合にはその半分の3時間しかありません。それでも調理師免許を取得するために必要な内容を履修しなければならないので、夜間のカリキュラムでは単純に考えれば2倍の日数が必要ということになるのは想像に難くないでしょう。

実際にはきっちりとどの科目を何時間やらなければならないと決まっているわけではありません。そのため、昼間部なら1年でできる内容を1.5年でおこなっているケースもよくあります。一般的には昼間部のほうが時間をかけて丁寧な指導をしているのに対し、夜間部では必要最低限のことを学べるように設計されているのでこのような対応が可能なのです。

ただ、カリキュラムや年数については学校によってかなりの差があるので比較検討して選ぶ必要があります。全体的な傾向としては昼間の場合には1年間か2年間のカリキュラムになっていて、夜間の場合には1年、1.5年、2年のどれかになっているのが東京における実態です。

特に夜間部の授業にどのような内容が組み込まれているかは学校ごとに大差があります。オフィシャルサイトやオープンキャンパス、説明会などに行って詳細を確認したうえで選ぶと失敗がないでしょう。

それに比べると昼間部の概要はどの学校でも大きな違いはありません。ただ、実習でどんな内容に取り組んでいくかという観点で比較してみると違いがはっきりとしてきます。学校によってどんなジャンルに強みを持っているかが異なっていることから、何を学びたいかを明確にしてから学校を選ぶと良いでしょう。

 

現場の環境にも違いが生じやすい

時間帯やカリキュラムの違いがあるだけでなく、学校の雰囲気や環境にもかなりの差が生じることは珍しくありません。昼間部に通う学生と夜間部に通う学生では違いが大きいことが多いからです。

昼間には高校や高等専門学校を卒業したうえで技術を習得して調理師になり、就職して働きたいと思って入ってくる学生が大半を占めています。全体として大学生くらいの年齢の人がほとんどで、雰囲気も大学に近い和気藹々とした感じになっているのが通例です。

年齢的に近い人たちが集まっているのでコミュニケーションも活発で、横のつながりを作りやすいというメリットがあります。昼休みなどに話すまとまった時間もあるので生涯の友達を見つけられるケースも少なくありません。大学に比べると年齢層も幅があることから、より広範囲のネットワークを作れるでしょう。

それに対して夜間の場合には通常は昼間に働いている人が通っています。中学校や高校を卒業してから社会人として働いていて、キャリアアップやキャリアチェンジのために調理師免許を取ろうと考えて通っているというのが典型例です。このようなケースでは昼間に通っている人と年齢的にはあまり違いはないかもしれません。しかし、社会人になってもう何十年も働いてきたという中高年の人が通っているケースも珍しくありません。

夜間の場合の教室をみると、若い人から20代前半から40代後半くらいまでかなり幅広い人が見受けられるのです。一緒に実習をするのでコミュニケーションはありますが、年齢層が大きく違ってしまっていたり、社会人になって社会人同士の付き合い方を体得していたりする影響で、あまり深い仲になれることは多くありません。

タイトスケジュールになっていてまとまった休み時間もないため、授業以外の内容で話をする機会もあまりないでしょう。結果として同じ学校で学んだ人同士のネットワークを築きあげにくい傾向があります。ただ、互いにあまり干渉し合わないので授業に集中しやすいというのはメリットです。

昼間も働いていて夜間も勉強しているとなると疲れもストレスも溜まってしまいがちなので、メリハリをつけて学びに行きたいという人も大勢います。その影響を受けて真剣に授業に取り組み、終わったらすぐに帰宅するという雰囲気ができているのが一般的です。

 

学費の相場にも違いがあるので気をつけよう

調理師専門学校に通うためには学費を払わなければなりません。昼間部と夜間部のどちらにするかで悩んでいるときには学費の面からも違いを理解しておいたほうが良いでしょう。

基本的には夜間のほうが学費は安く、三割くらい相場が違っているのが東京での実態です。東京の専門学校の間でも学費にはかなりの差があるので、ある専門学校の昼間部より、別の専門学校の夜間部のほうが高いということもあります。

ただ、同じ学校が両方を開講している場合には夜間に通ったほうが安上がりになるのが通例です。昼間に1年間通うという場合には東京での相場は100万円から150万円になっています。それに対して夜間で1.5年通おうと思った場合には相場が80万円から125万円くらいです。

平均的には昼間は120万円程度、夜間は90万円程度となっています。昼間の2年制に通う場合には1年制の2倍に当たる200万円から280万円くらいが相場なので、授業時間に比例する形で学費が決まっていると考えると良いでしょう。

夜間の場合にも一日あたりの時間が半分で、1.5倍の通学期間になると考えるとおよそ平均的な相場の違いが授業時間と関連付けられているとわかります。

 

調理師専門学校の昼間部は朝から授業が始まって夕方には終わるのに対し、夜間部の場合には夕方遅くに始まって夜に終わる形になっています。一日あたりの授業時間が違っていますが、専門学校としては調理師免許を取得するのに必要なことを学生に学ばせなければなりません。そのため、カリキュラムや期間にも違いが生じるようになっていて、特に夜間部の授業はそれぞれの学校が工夫を凝らしていて個性があります。

一方、現場の環境にも違いがあり、昼間に通う学生は大学生くらいの年齢層の人がほとんどですが、夜間に通う人は昼間働いているケースが多く、年齢的には20代から40代くらいはで幅広いのが一般的です。それに伴ってネットワークの作りやすさや、授業に対する態度の違いも生じるケースが多くなっています。学費について昼間部より夜間部のほうが低めになっているということも念頭に置いてどちらに通うかを決めるようにしましょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧