東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の入試を受ける前にオープンキャンパスに行こう

趣味で料理をするのなら、書籍やインターネットを使って、勉強するのもよいでしょう。

もしも、料亭やレストランなどで人に料理を振る舞うプロになりたいのならば、きちんと調理を学ばなければいけません。

そのための施設として、調理師専門学校が存在していますが、大学や高校などとは違い学業ではなく技術を学ぶことになります。

 

さまざまなことを実際に体験できる

公式ウェブサイトを読んだり、資料請求をしたり、いろいろな方法でお目当ての調理師専門学校のことを調べられます。

しかし、それらに記載してある情報がすべて本当なのかは、入学してみて実際に授業を受けなければ分かりません。

実際に通ってみて、公式ウェブサイトや資料の印象とまったく異なる場合もあるので気をつけましょう。

抱いていた印象よりもよいのなら問題はないのですが、印象よりも悪かったのなら、その調理師専門学校に通うのが嫌になる可能性もあります。

もしも入学前の印象と、入学後の印象をできる限り近づけたいのならオープンキャンパスの活用が最適です。

実際の授業を見学できたり体験できたりするため、文章や写真では分からなかった本当の印象を確かめられます。

オープンキャンパスへの参加は、どの料理の道に進みたいのか、ハッキリとしていない方にもおすすめできます。

和食やフレンチ、そしてデザートなど、いろいろな料理の道があるので、どのジャンルに絞ったらよいのか分からない場合もあるでしょう。

そのときは、さまざまなオープンキャンパスに参加して、いろいろなジャンルを試してみましょう。

これまで作ったことのないジャンルでも、実際に料理をしてみると自分にピッタリなものが分かるかもしれません。

どのようなジャンルの料理が作れるのかは、オープンキャンパスの詳細情報に記載されています。

1つの学校に多数の学部が用意されている場合は、日によって体験できるものが異なっているケースもあります。

まったく決まっていないのならどれに参加しても大丈夫ですが、ある程度はジャンルを絞り込んでいるのならば、希望に沿うものを調べてから参加しましょう。

もちろん興味があるジャンルが複数あるのなら、同じ調理師専門学校に何度も通っても大丈夫です。

参加費用を取るようなところはありませんので、何回通ったとしても、かかるのは交通費くらいです。

ちなみに昼間だけではなく、夜遅くに開催している場合もあるようです。

なので忙しい社会人の方でも、仕事を休まなくても、問題なく参加をすることが可能でしょう。

もし夜間学部に通おうと思っているのなら、夜のほうに参加したほうが、実際の雰囲気を確かめることができます。

もちろん夜間であっても、説明会もきちんと開催されるため、社会人ならではの悩みなども相談ができます。

 

公式ウェブサイトから申し込みをしよう

通いたいところが見つかったのなら、まずは公式ウェブサイトを訪れましょう。

大抵の場合はトップページの上部か下部にオープンキャンパスの紹介をするコンテンツへのリンクが貼ってあります。

そこに移動すれば、内容や開催日時などの重要な情報が一目瞭然で理解できるようになっています。

1つだけではなく、いくつもの日程が載っているため、それぞれの内容をチェックして、参加したいと思うものを見つけましょう。

次は同じコンテンツ内に、オープンキャンパスの申し込みボタンがあるはずなので、そちらをクリックします。

そうすれば、申し込み用のフォームが表示されるため、ミスがないように入力をして送信を行いましょう。

その後に、受け付け確認画面が無事に表示されれば、オープンキャンパスへの申し込みは完了です。

ちなみに予約なしでの参加ができるという説明があれば、そのまま訪れても大丈夫です。

もし一人ではなく、友達(親でも大丈夫)と訪れたいなら、そちらで人数分の申し込みができることもあります。

もちろん用意されているフォームによって、申し込み方法や申し込める人数は異なるので、少し迷うところがあるかもしれません。

しかし、どのようなフォームだとしても、記入方法の説明が用意されているので、しっかりと読んで適切な手続きをしましょう。

ちなみに多くのフォームでは、申し込みのついでに資料請求が行えるようになっています。

資料をまだもらっていないのなら、いずれ必要になるので、一緒に申し込むのもよいでしょう。

さまざまな資料だけではなく、入試に必要な願書も付属するため、別途取り寄せなくても済むようになります。

ただし調理師専門学校を訪れれば、それらはいつでも入手できるため、雰囲気を確かめて気に入ってからもらうのもよいです。

無事に申し込みが済んだのなら、調理師専門学校を訪れるための交通手段を調べることが大切です。

公式ウェブサイトにはアクセスマップが記載されているので、それで十分だと感じる方もいるでしょう。

しかし近場のバス停などの情報が載っていなければ、無事にたどり着けない可能性もあります。

予約をした当日、道に迷ってしまい、時間に間に合わないのでは大変ですから、道のりや利用する公共交通機関を把握しておきましょう。

公式ウェブサイトの情報だけでは、行き方が分からないのなら、外部のマップサイトを利用すれば簡単に調べられます。

 

参加することで特典が得られることも

オープンキャンパスに参加すると、学校の説明を受けられたり雰囲気を知ることできますが、それ以外にも特典が用意されていることがあります。

特に入学検定料が割り引かれる制度はとてもお得なので、対応しているところなら、是非とも活用させてもらいましょう。

調理師専門学校によって、半額になるところもあれば、全額免除になるところもありますが、いずれにせよお得になることは間違いありません。

入学検定料が20000円程度する場合もあるので、割引制度の利用でかなり得をできるのが分かるはずです。

ただし1回だけでは割引の対象にならずに、2回以上参加しなければいけない場合もあります。

割引の対象になる条件は、それぞれ異なるため得をしたいのならしっかりと調べた上で、条件のクリアを目指しましょう。

入学者を集めるための手段なので、まず間違いなく公式ウェブサイトや資料に記載されています。

 

調理師専門学校の入試は、高校や大学のように学科試験が行われるのではなく、書類選考や面接の場合が多いです。

書類選考は自身ではどうすることもできませんが、面接のほうは工夫をすればチャンスを広げることが可能です。

オープンキャンパスの参加で、面接で話すことのネタが作れるため、どうしても受かりたい学校があるのなら、積極的に参加したほうがよいです。

ちなみに、どうしても参加が難しいため、入試が不利になるのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。

しかし参加せずとも、合格できた方はたくさんいますので無駄に心配する必要はありません。

得られる情報が多いため、参加することを強くおすすめしますが、必須ではないので利用できなかったとしても、堂々と入試を受けましょう。

入試で真摯な態度をしっかりと伝えられれば、参加ができなかったとしても調理師専門学校に合格できるはずです。

 

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング