東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校には奨学金制度はある?

もしも、金銭的な問題のせいで料理人になる道を諦めようと考えているのなら、奨学金について調べてみましょう。奨学金は高校や大学に入学するためにだけ存在しているのではなく、同じ教育機関の専門学校に入学するためにも利用ができます。つまり、調理師専門学校の金銭的問題も解決してくれる可能性があるので、やる気はあるのに授業料が支払えない方は利用を考えてみましょう。

いろいろな奨学金が用意されている

調理師専門学校で利用できる奨学金はさまざまあるため、自身が望むタイプのものを探して受け取れるか調べてみましょう。ただし、調理師専門学校が用意してくれているものだけではなく、外部の機関が用意してくれるものもあります。どちらを利用したとしても学費をまかなえるので、両方の制度をしっかりと調べて自分に合ったものに申請しましょう。

チャンスが二倍になるため、片方だけを利用することを考えるのはもったいないこと。まず、もっともメジャーなのが、授業料としてお金を借りて、卒業をしたあとに働いて返すタイプのものです。返済しなければいけないというのはデメリットに感じてしまうかもしれませんが、その代わり借りやすいというメリットがあるのを忘れてはいけません。

これまでの成績がある程度よくて、真面目に勉強をおこなう意思があるというのなら利用できる可能性が高いです。なお、返済が必要なタイプは二種類あって、利息が付くものと利息が付かないものがあります。利息が付かないほうはそれなりに基準が厳しいので、申請しても通らない可能性もあります。

そして、奨学金には給付タイプがあって、そちらを利用すればお金をもらえることになるので、返済する義務はなくなります。もちろん、そのようなかなりお得な制度は、誰でも受けられるというわけではく、限られた人間しか享受することはできません。

ちなみに、調理師専門学校も外部の機関も、公式ウェブサイトを開設していて、そちらで受給や借りるための説明が載っています。利用するための条件や申し込み方法はもちろん、返済の仕方もしっかりと載っているので、きちんと読んで正しく理解しましょう。

分からないことがあれば、問い合わせれば教えてくれるため、すべてをハッキリとさせてから申し込むことをおすすめします。お金を借りるということは大きな責任を負うことになるので、じっくりと考えて後悔のない選択をしましょう。

授業料を安くしたいのなら特待生を狙おう

奨学金とはお金を給付してもらったり借りたりして、授業料に充てることになる制度です。それと似たようなもので、調理師専門学校が用意してくれている特待生システムというものがあります。こちらは金銭的補助を受けられるのではなく、支払わなければいけない学費そのものが安くなるケースが多い傾向に。

つまり、授業料の一部が免除になるため、安い学費で料理人になるための勉強がおこなえる、ということになります。給付タイプの奨学金が目指せないのなら、こちらの制度の利用を目指すのもよいでしょう。ただし、こちらも難易度が高いので、特待生システムだけを頼ると、授業料が支払えない事態になるかもしれません。

そのため、たとえ特待生になることを目指していても、奨学金を受けるための準備はおこなっておくことをおすすめします。絶対に料理人になりたいと考えるのなら、いろいろな可能性を考えて行動をしましょう。なお、特待生システムを導入しているかどうかは、調理師専門学校によって異なるので、どこでも授業料が安くなるわけではありません。

しかし、地方と比べて東京のほうが学校数が多いため、特待生システムを導入しているところは見つけやすいです。多くの場合は詳細が各専門学校の公式ウェブサイトに載っているため、授業料を免除して欲しいのならチェックしてみましょう。授業料や免除される金額(もしくは割合)も記載されているはずなので、特待生になったときに支払うべき授業料も計算できます。

疑問があるのならオープンキャンパスで質問しよう

金銭的問題が片付かなければ、通うべき調理師専門学校を決めることは難しいです。しかし、お金に関する問題を自分一人で考えたとしても、解決するのが難しい場合もあるでしょう。そのときは、調理師専門学校のスタッフに相談をして、適切な提案をしてもらうことをおすすめします。

しかし、一般人がスタッフと会う機会を作るための方法がまったく分からない方もいるはずです。アポイントを取って訪れれば相談に乗ってくれるでしょうが、もしもハードルが高いと感じるのならオープンキャンパスを活用しましょう。オープンキャンパスというのは、現在では専門学校のほとんどが開催していて、体験授業を受けられたりどのようなカリキュラムが用意されているのか教えてもらえたりする便利なものです。

もちろん、相談会も用意してくれているので、聞きたいことがあったのなら進学を専門とするスタッフに聞くことができます。つまり、相談会を利用すれば、奨学金について教えてもらうことができるので、分からないことがあったのなら質問しましょう。

特に、学校独自の制度を設けているところは、独特のシステムを用意している可能性があるので、ハッキリとした説明を受けておいたほうがよいです。また、オープンキャンパスを活用すれば、特待生システムについても質問することが可能です。どのくらいの狭き門なのかきちんと聞いて、自分が受かることができるかどうかの判断を下しましょう。

もしも、難しいと感じたのなら、早めに方向転換をして、奨学金で授業料を支払うことを考えたほうが無難です。疑問を解決してもらうためにオープンキャンパスに参加したいのならば、まずはお目当てのところの公式ウェブサイトをチェックしましょう。

ほとんどのところでオープンキャンパスの特設ページを用意してくれていて、そこには内容や日時について詳しく記載されています。もちろん、予約する方法も載っているので、記載されている通りに手続きをしましょう。あとはアクセス情報に目を通しておいて、オープンキャンパスの当日に現地まで向かうだけです。到着したなら案内してくれるスタッフがいるはずなので、迷わずにオープンキャンパスに参加ができるでしょう。

なお、和食や洋食、そしてお菓子作りなど、日によってさまざまな体験授業を用意してくれています。そのため、もしもどの料理人の道に進むか迷っているのなら、いろいろな体験授業を経験して自分に合ったものを見つけてしまいましょう。せっかくオープンキャンパスを利用するのですから、お金のことだけではなく、本当に自分に合っているところなのか確かめるためにも利用すべきです。

 

調理師専門学校に金銭的問題のせいで通えないと考えているのなら、奨学金という便利な制度を使えるのを忘れてはいけません。借りて卒業したあとに返すタイプや給付されるため返済する必要がないタイプなど、いろいろなものがそろっているので利用できるものをチョイスしましょう。

また、授業料が免除になる特待生システムを導入するところもあるため、金銭的負担を選らす方法はほかにもあるといえます。何をどうすればよいか分からないのなら、オープンキャンパスを利用すれば、スタッフの方が詳しく教えてくれるのでやるべきことが分かるでしょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧