東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較してご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の受験科目は?

東京にある調理師専門学校に入って学びたいと思っているものの、必死に勉強しないと受験しても合格できないのではないかと懸念する人も多いでしょう。受験勉強を始めるには受験科目が何かを調べなければならないと考えるのが一般的です。どの科目のどんな内容を学んでおけばいいのでしょうか。また、受験するためにはどんな準備が必要なのかを広く理解しておくことにより、思い立ったときにはすぐに入学に向けて対策を始められるようになりましょう。

調理師専門学校の入学試験について知ろう

高校や大学などの受験をするときにいくつもの科目について学んで試験を受けなければならないのが一般的です。学校としては志願者を全て受け入れるようなキャパシティーがない場合が多いことに加え、入学時点での学生のレベルを一定以上にしておかないと授業に追いついて来られなくて退学する学生が出てきてしまう問題があるからです。そのためのふるいとして用いられているのが入学試験ですが、調理師専門学校でも入学するためには試験を通過しなければなりません。

ただ、高校や大学のように国語や数学、英語などの筆記試験を課していることはなく、受験科目と呼べるようなものがないのが一般的です。どのような枠で出願するかによっても試験内容には違いがありますが、基本的には書類選考と面接選考の二つだけで入学の可否が決まる仕組みになっています。出願枠の種類や学校が定めている募集要項によっては書類のみで合格できるところもあるのが実態です。

ただ、書類選考が全くおこなわれないというのは稀なので注意しておきましょう。調理師専門学校の入学試験においては募集枠が多いところでは3つ以上あり、少ないところでも二つは用意している傾向があります。最も少ないケースでは一般入試と推薦入試の二つに分かれていて、3つあるところではAO入試も実施しているのが通例です。

一般入試は受験資格を満たしている人であれば誰でも出願できるのが特徴で、入学願書とその他の指定された必要書類を提出することで書類選考を受けられます。学校によってはその後に面接による試験を実施して合格者を決めるという流れになっていますが、面接なしで書類のみで合否を決めるケースも少なくありません。

一方、推薦入試は出願者を評価できる立場の人からの推薦書を提出書類として求められる入試方法です。中学校や高校を卒業見込みの人の場合には学校長、大学や短大の卒業見込みや卒業をした人ならゼミなどの指導教員が推薦者として認められていることが多くなっています。

ただ、誰を推薦者として認めるかは専門学校ごとに異なり、高校のクラス担任や進路指導教員などの推薦状であっても構わないこともあります。一人の推薦者につき一人しか推薦できない仕組みの場合もあるものの、何人推薦しても構わない場合もあることにも留意しておきましょう。

推薦入試については書類選考のみで合否を決めるのが一般的で、場合によっては面接を課すという学校がほとんどです。推薦者が確かにこの学校で学ぶのに適している人だと推薦しているから人格的には問題がないと考え、書類上に懸念点がなければ合格にするというのが一般的な傾向です。

AO入試は自己推薦による出願枠で、その専門学校だけに出願する専願の形を取らなければならないのが原則になっています。出願のための条件や受験科目については多岐にわたっているので個々に確認しなければなりません。一般的には体験入学やオープンキャンパスなどに参加した経験があることが条件として求められていて、試験は書類選考と面接選考になっています。面接のみ、書類のみといった場合もあれば、小論文を課されることもあるので志望校での選考の仕方をきちんと確認しておきましょう。

必要書類を整えて合格を目指そう

受験科目が決まっていて試験勉強をしていけば、合格できるはずだと考えていた人は書類選考や面接選考で決まってしまうとなると、どうしたらいいか不安になるかもしれません。

書類選考がメインの学校が多いので、必要書類をきちんと整えて提出するのが最も重要になります。大勢の志願者を面接するのは学校側にとっても負担になるので、できる限り書類で候補をギリギリまで絞り込んでしまい、面接をする場合には人格や性格から考えて問題がないかを確認する程度というのが標準的なのです。

ただ、今から進学の準備を整えようと考えた時点で書類対策としてできることは少ないので注意しましょう。一般入試や推薦入試で提出を求められる書類はどの専門学校もあまり違いはありません。入学願書に加えて、学歴に応じた提出書類を求められます。高卒や大卒などの場合には卒業証明書と成績証明書を用意しなければならないのが一般的です。

高校卒業見込みなら調査書、高卒認定試験を合格した人の場合には合格成績証明書が必要になります。このように学歴を示す書類と成績についての書類が求められるのが特徴です。つまり、一般入試や推薦入試では最終学歴における学校の成績と入学願書の内容によって選考がおこなわれるのです。

今から書けるのは入学願書のほうですが、自由記述できるのは志望動機だけという場合もあります。それに加えて趣味や特技、自己PRなども記載できるフォーマットの場合もあるものの、アピールできることは限られてしまっているのが実態です。もし学校の成績が悪かったら落とされてしまうのか、受験科目はないけれど成績をよく見られている科目はあるのかと気になるかもしれません。選考基準について学校が明示しているわけではないので詳細は知ることができません。

ただ、調理師専門学校のような専門学校では就職して一人前として活躍できるためのスキルを身につけた人材を輩出することを目的としています。授業をきちんと受けて勉強に励み、休まずに実習を受けてスキルを磨く向学心があるかどうかを重要な基準としていると考えられるでしょう。

そのため、高い成績である必要はなく、成績が5段階評価で1のものが3つもあるといったように何か問題があるのではないかと思わせるような成績でなければ大丈夫だと捉えましょう。

面接があるなら対策を立てておこう

面接選考がある場合には対策をしておくのが大切です。志望動機は何か、入学してから何を学びたいか、卒業後の進路をどう考えているかなどといった質問は調理師専門学校ではよくあるものです。調理師として社会に出たときには社会人として適切なマナーを持って接客できることも求められます。

その素養があるかどうかを見極める目的もあるので、一般的な入学試験や就職試験などの面接対策と同じようにビジネスマナーを基本としたマナーを学んでおくのが大切です。シミュレーションをしておくと面接当日にあがってしまいにくくなり、本当の力を発揮しやすくなるでしょう。

 

調理師専門学校の入学試験ではどんな受験科目があるのかと悩む人もいますが、実際には筆記試験を実施せずに書類と面接による選考を実施しているのが一般的です。一般入試、推薦入試、AO入試などのどの方法を選ぶか、どの学校に出願するかによって両方必要か、書類あるいは面接のみになるかには違いはあります。

ただ、書類選考を重視している傾向が強いので必要書類をきちんと整えて提出しましょう。実際に対策できるのは願書の記入と提出を終えてしまったら面接だけなので、志望動機などの聞かれやすい質問への回答をきちんと考えて試験当日に向けて準備を整えておくのが大切です。

サイト内検索
記事一覧