東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

社会人でも調理師専門学校に通うことは可能?

社会人として働き始めても、料理人になりたいという夢を捨てきれない方もいるはずです。

その場合は、調理師になれる専門学校を選ぶことをおすすめします。

東京には社会人でも通うことができる専門学校が多くあり、その中には調理師になれるところももちろん存在しています。

 

仕事を辞めずに通える調理師専門学校を探そう

専門学校の種類によっては、下限の年齢設定はされているかもしれませんが、上限の制限はされていません。そのため、社会人として働いている年齢ならば、まず間違いなく入学できるので安心しましょう。

試験を受けて合格をして、授業料を支払えば、料理人になるための技術や知識を学び学び始められます。ただ、学校を卒業してからしばらく経っている方は、試験に合格できるか心配の場合もあるでしょう。

しかし、医療系のように落とすための試験ではなく、合格されるための試験をおこなってくれるので、学業が苦手でも大丈夫です。面接のみのところもあるので、学業からしばらくはなれていた方でも合格できる確率は高いでしょう。

なお、社会人の方は仕事を辞めて、学び直すことよりも、現在の仕事を続けながら料理の勉強をしたいと考えているはずです。確かに、仕事を辞めなければ、お金を稼ぎながら学ぶことができるため、お金の心配をせずに安心して通学ができます。

もしも、仕事を辞めたくないのなら、勤務時間外に授業をおこなってくれるところ探しましょう。例えば、朝に始まって夕方に終わるような仕事をしているのならば、夜間学部を設置しているところを利用すれば、問題なく料理の勉強ができます。もしも、夜に働いているのなら、普通の昼間学部の調理師専門学校に通うのがよいでしょう。

どんなに素晴らしいカリキュラムが用意されていても、通う時間が合わなければ入学する意味はないのです。したがって、働きながら通うことを考えるなら、調理師専門学校を選ぶときは、最初にチェックすべきなのは授業時間だといえます。

なお、夜間学部の場合は、18時や19時など、専門学校によって授業が始まる時間がバラバラです。そのため、夜間学部があるからといって安心するのではなく、仕事が終わってから、授業の開始時間まで間に合うのか計算しましょう。仕事場からの距離や交通手段をきちんと考慮しなければ、仕事か学校のどちらかに支障をきたしてしまいます。

 

就職サポートをしっかり確認しよう

社会人の方が調理し専門学校に通う場合は、勉強するだけではなく、卒業後は料理人として働きたいと考えるはずです。その夢を叶えたいのなら、時間やカリキュラムを確認するだけではなく、就職サポートについてもきちんと調べるようにしましょう。

カリキュラムをこなせば、どこの専門学校に通ったとしても調理師の免許は取得できますが、就職できるとは限りません。そのため、絶対に料理人として就職したいと考えるなら、サポートがしっかりと用意されているところに入学しましょう。

もしも、就職サポートのクオリティーを知りたいのなら、公式ホームページで、卒業生がどのような飲食店に就職したのか調べてみるとよいです。公式ホームページには、就職先のホテルやレストランの名前が載っていることもあるのでチェックしてみましょう。名前さえ分かれば、あとはインターネットで検索すれば、どの程度のグレードの飲食店なのかハッキリさせられます。

調理師専門学校によっては、有名なところや一流のところの名前も載っているので、将来に希望を持てるはずです。素晴らしい就職サポートがあれば、自分自身もそれらで働くことも可能なので、実績を調べたうえで入学するところを選びましょう。

 

オープンキャンパスで雰囲気をチェック

社会人の方は通学時間だけではなく、学校生活自体に不安を持っている場合もあるでしょう。18歳で入学する方も多いので、すでに社会人として働いている方は、なじめるかどうか不安に感じてしまっても当然です。勉強する意思さえあれば、クラスメイトは関係ないと考える方もいるでしょうが、長い間一緒に学ぶことになるため、人間関係はとても大切です。

もしも、学校生活の実態を知りたいというのなら、オープンキャンパスへの参加を考えましょう。オープンキャンパスというのは、実際に学校に通って、授業を受けたり施設を見て回ったりできるイベントです。公式ホームページやパンフレットだけでは分からない、実際の雰囲気を感じ取れるので、大学や専門学校選びには欠かせないイベントだといえます。

もちろん、調理師専門学校でもおこなわれているため、できる限り参加することを考えましょう。ただし、昼間に通うのなら昼におこなわれるオープンキャンパスに参加して、夜間に通うのなら夜におこなわれるオープンキャンパスに参加したほうが、確実に雰囲気を掴めます。昼と夜とではまったく雰囲気が違う場合もあるので、自身が通う時間帯におこなわれているオープンキャンパスを活用しましょう。

ただ、昼にだけ用意されていて、夜にはまったくオープンキャンパスが開催されていないケースもあります。そのときは、夜間に通う方は利用する価値がないと感じるかもしれませんが、時間帯が異なってもいろいろなメリットがあるので、参加したほうがよいです。昼だろうが夜だろうが施設は同じですし、クラスの雰囲気は違いますが、どのような授業がおこなわれるのかはきちんとチェックできます。そして、最後に個人相談会がおこなわれる調理師専門学校も多いので、進路について悩んでいる方も、是非ともオープンキャンパスに参加しましょう。

オープンキャンパスにいっただけで、入学選考料が免除になる場合もあるため、参加しないのはもったいないです。なお、見学だけならば毎日おこなっているところもありますが、オープンキャンパスの場合は、日程が決まっている場合が多いです。そのため、オープンキャンパスに参加する場合は、入学したいところの公式ホームページで、まずは日時を調べなければいけません。

そこには、飛び込みでも大丈夫なのか、予約が必要なのかも記載されているので、きちんと目を通して、適切な方法で参加しましょう。もちろん、アクセスマップも載っているため、初めて訪れる方も、スムーズに調理師専門学校に到着できるようになります。

 

調理師専門学校はほとんどの場合、社会人でも受け入れてくれますが、社会人だからこそ、しっかりと考えて入学するところを選ばなければいけません。働きながら通うことや、卒業後は料理人として就職したいのなら、それを叶えてくれるところを見つける必要があります。

そして、いくつか入学候補が見つかったのなら、それぞれのオープンキャンパスに参加して、通うべきところを決定しましょう。同じところのオープンキャンパスに何度通っても問題はないので、納得できるまで利用して、自身を最高の料理人にしてくれる調理師専門学校を選定しましょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング