東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校では料理以外にテーブルサービスも学べる?

調理師専門学校では、調理の知識と技術を基礎から学びます。

しかし、それだけで終わるのならば、独学や先に働いてからでも十分なはずです。

時間を割いてでも学ぶからには、それなりの付加価値があるようで、それがテーブルサービスなどのおもてなしです。

 

調理だけに留まらない様々な学びを提供

東京はグルメ・美食家も唸るような味の提供をする飲食店の数、特に海外から進出してくるレストランの数も非常に多い傾向です。

そうした東京には、数多くの調理師専門学校が開校されており、学生のみならず社会人さえも調理師免許を取得するために通っています。

最近ではどのコースでも日本・西洋・中国料理・製菓など、全てのジャンルが学べる、あるいは実習を受けられるのが特徴の1つです。

調理師免許を取得するために必要となる実習時間というのは420時間と国で定められているそうです。

とある有名校では最大で1170時間と大幅に超えた実習時間によって、知識のみならず、確かな技術も身に付けられるようです。

もちろん学科によってこの実習時間には違いがあるようですが、ここまで実習に力を入れているということは、調理器具や技法に慣れることができるのではないでしょうか。

基礎知識は講義から学ぶことになりますが調理のみならず、一流の料理人になるためのマナーを身に付けることも大事で、それこそ実践してみないと技術力が身に付いているのかさえ不確かではないでしょうか。

例えばレシピでは簡単そうなのに、実際にはすごく難しかったなんてことあります。

そんな時に先生のお手本を近くで見ることができたり、直接指導してもらえる時間が長く取れるなら、習得するスピードも通常より早くなるようです。

ちなみに調理師とは国家資格である免許を持っている人のことを指すようで、これは調理に関する専門知識を持っている証です。

もちろん調理師免許がなくても料理人として働くことは可能です。

しかし就職やキャリアアップには免許保有が大変有利となっています。

特に、一流ホテルのシェフ、パティシエなどになりたい人や海外勤務したい人には必須といえるでしょうし、独立開業するにしてもお店の信頼に関わりますから取得すべき免許です。

とある有名校では、海外研修旅行・海外留学・国際料理ビジネス科の設置など、多くの対策をしています。

しかも留学では一流ホテルレストランで1年間実務経験を積むというステップアップしていくカリキュラム内容になっているようで、調理師専門学校と一口にいってもこれまでとは違い、内容の変遷に驚かされるものです。

 

学ぶための付加価値があることが魅力

製菓と名前に入っていながら、スイーツのみならず様々なグルメについて学ぶことができる、そうした調理師専門学校もあるようです。

ここでは実践を重視し、現場に強いという特徴を持ちます。

例えば料理上手な人から学ぼうとした時、都会でなく、田舎でも得意な人から教わることはできます。

ですが時代の流れに合ったメニューなのか、センスはどうか、免許取得まで目指すならば都会で、専門家から教わるのがベターな方法です。

評価されているのは、自習カリキュラムの実施のみならず、レストラン経営実習などの卒業後にでも実際の職業として対応できる授業スタイルです。

現場で使えるノウハウをみっちり教えてくれるオリジナル授業が展開されています。

ということは、料理以外にテーブルサービスも学べるということに繋がってくるのではないでしょうか。

実際に一般のお客さんに向けて調理をするパフォーマンスのみならず、接客サービスも学ぶはずで、将来的に運営まで行うのであれば、役立つ授業ではないでしょうか。

飲食店の仕事の流れを具体的にシュミレーションできる、こうした機会は独学や通信では難しいでしょう。

この授業では、3級レストランサービス技能士の受験資格を得られるようですから、こうした付加価値は嬉しい内容でしょう。

食べることが好きで、料理を作ってもてなすだけならば、未経験で働ける飲食店に就職をすれば、そうした仕事に関わることはいつでも、どの年齢からでも可能でしょう。

ですが、あえて調理師専門学校で学ぶ道を選ぶとなると、その分だけ就職までに時間がかかります。

何よりも学費がかかるのは正直、否めません。

調理師免許の取得ができるのも、最短で1年間の学び通学が条件になります。

高校を卒業した後、そのままレストランなど、あらゆる飲食店で修業することは若いうちだけでしょう。

若いからこそ、学んだことの吸収スピードも速いでしょう。

周りも年上で、何かと面倒を見てもらえる可能性も高いはず、飲食店で汗水流して働き、2年経過すれば国家資格の受験資格を得られます。

わざわざ高い学費を支払って行くかどうかは悩ましい点です。

だからこそ、料理以外にテーブルサービスを学ぶなど付加価値が必要なのです。

東京の調理師専門学校では、そうしたテーブルサービスまでしっかり学べる魅力が付いてきます。

 

お客さん目線でのサービスを学ぶ

理師専門学校を卒業することで、より専門性の高い各種認定試験を受験することも可能ですから、社会に出てからでもキャリアアップ、有利な転職が期待できそうです。

例えば、レストランサービス3級・専門調理師・調理技能士の試験を受けることができます。

特に注目したいのはレストランサービスではないでしょうか。

東京にはホテルや高級レストランなどが建ち並び、食べ物をお客さんにサービスするスタッフに求められる技能も利得です。

もちろん調理師専門学校では、運営という流れで、接客・テーブルセッティングについても学びます。

お客さんを出迎えるため、食器やテーブルセッティングなどの準備から始まり、最高の笑顔でお客さんをおもてなしする内容です。

調理チームと連携しながらスムーズな提供が必要不可欠、ランチもディナーもテーブルセッティングの基本は同じなのですが、大事なのはお客さんが着席する時に、美しく食事がしやすい配置にセットするということなのだそうです。

有名校では、立って準備をするため上から目線にならないように、見え方も使いやすい位置も違ってくることまで学ぶようです。

もちろんレストランを例に挙げれば、シルバー類やグラスが汚れていないのは当然ながら、指紋が付かないように磨くことまで学びます。

ナプキンは端が見えないように折りたたみ、お客さんが開きやすいように折る基本を学びます。

テーブルサービスでは、水の注ぎ方にしても、テーブルにグラスを置いたまま、お皿はお客さんの左側から右手で出すそうです。

ちなみに、お客さんの会話を中断させないように気を配る、こうしたホテルレストランならではの上質のテーブルサービスを基礎からしっかり学ぶことができるので、就職に強い意味も理解できます。

ちなみに、言葉遣いまでが学べる内容で7大用語と呼ばれる「お待たせいたしました」「かしこまりました」 などに加え「失礼いたします」 の言葉を、適切な場面で使えるテーブルサービスを学びます。

 

東京には、一流の調理師になれるように調理師専門学校が開校されています。

日本の料理のみならず、世界各国のジャンルを制覇できるのが特徴です。

また、国家試験を受験でき、免許を取得できるだけで終わりではありません。

就職できるように、料理以外にテーブルサービスも学ぶことができるケースが増えています。

都会ならではの授業でもあり、ホテルレストランなどの数が多いため、付加価値としても評価され、即戦力として活躍できるようです。

 

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧