東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

土日にも通える調理師専門学校は東京にある?

これからの時代は食に関するプロが活躍できる土台が増えてきつつあり、調理師専門学校などで資格取得を目指す人もいます。東京には多くの専門学校がありますが、人によっては土日に通って習いたいという意見もあるので、ライフスタイルに合った授業を選ぶことも大切でしょう。

将来性を考えたスペシャリストになる

自分の人生を決めることは運命でもなく行動力にあるといわれているのは、道を開いていくことによって得ることができるからです。飲食店で働くことができる資格として人気があるのは調理師になり、資格を取得してから下働きで経験を積み、将来的には自分のお店を持つことも可能な資格になります。考え方ですが、食に関する仕事のために人間の三大欲求でもある「食欲」はなくなることがないので、調理師がいなくなるという世界もありえません。

そして食事をすることは楽しむための娯楽として捉えている人もいるために、休日は外食をして美味しいものを食べることや、仲間とランチなども娯楽として存在しています。飲食業というのはさまざまな形態を造って収益をあげているので、基本ベースは建設会社が飲食店をやっているケースや不動産会社がやっていることもあります。

そのためただ集客して売り上げを上げることが目的の飲食店の他にも、サービスが優先される特殊な飲食店を展開しているところも珍しくなくなりました。調理師専門学校ではそういったスペシャリストを養成するカリキュラムがあり、細分化されたプログラムによって実戦的なトレーニングを積むことも可能です。

学校によってはレストランの運営体験ができるところもあるので、どのような流れで運営がなされているのか、またサービス向上ができるのかを学ぶことができます。もちろんコミュニケーションスキルも高いほうがサービス業としては成功しやすいことからも、頑固一徹のようなタイプではなく時代に合ったイメージを提供することも勉強になります。

日本食から中国料理、フランス料理などの分野でも一通り習うことでよりスキルアップができますし、ひとつの料理ではなく多様性をもたせることも成功の秘訣です。これはラーメン専門店などに代表されるように、ラーメンというひとつのスキルだけで成功するパターンと、フランス料理を経験してラーメン店を始める人では成功の幅が違います。このように自分の将来性を考えてどのような調理師を目指すのかを模索することができるので、スペシャリストとして資格を取ることは有意義だといえます。

今のライフスタイルに合わせて学ぶ

調理師専門学校に通うというのは高校を卒業してから通うケースもありますし、また働きながら取得をしたいケースも少なくありません。また通信で習いながらできることもライフスタイルを維持しながら頑張って勉強をして資格を取得したり、合間を縫って経験できるようなことも考えられます。

なかには土日の時間を有効に使いたいということからも、特定の曜日に調理師専門学校に通うことも考える人がいます。大学に通いながら専門学校に通う人もいるので、フリースタイルで受講しながら目的を達成するために日々頑張っている人も多くなっているのが現実です。東京には土日で通うことができる調理師専門学校があるので、やりたいことをやるために人生遅くないということからも推奨できるカリキュラがあります。

まずなぜ土日の時間帯で通いたい人が出てきているのかというと、それだけ仕事に対する意識が大きく変化しているからといえます。仕事の意識というのは、満足のいく人生を選択できるかということに繋がっているために、価値観が変わり満足できない仕事をするよりも憧れの職業をしたいからです。

なかには費用のことがネックになっていた学生の頃に入学することができなかった人もいますし、目標などのやりたいことが変わってきたという人もいます。過去にとらわれずに今の時間を大事にすることは資格を取得することに集中できる環境でもあり、社会人は学生がストレートに専門学校に通うよりも合格する意欲に勝ることも。

社会経験が豊富というのも実はかなりのアドバンテージで、コミュニケーションスキルが高い人も多いですし、実戦で力を発揮するタイプがたくさんいる特徴も。調理師専門学校にはグループ運営をしているところもありますし、そこで働く環境を整えると今の仕事を辞めてもすぐに収入にすることができる土台もあります。これは就職率にも左右されることからも、将来的な独立のワンステップとして働いて経験を積み、テクニックを磨くことができます。

大都市で働くメリットがある

東京にはたくさんの調理師専門学校がありますので、どこの学校がいいのか迷ってしまうこともありますが、大都市を選ぶメリットがあります。

まず一つ目は学ぶべきレストランや飲食店が無数にあり、分野の違いがあれども高級レストランや喫茶店、ファミリーレストランなども多いです。こういった食文化を見るには多種多様なものを経験しておくことも重要ですし、働くことがなくてもお店で食事をしたり、周りの環境を感じることもできます。

土日の専門学校に通っている人でも近くにたくさんの飲食店があれば、そこを調査したり味を確かめてみたり意識の高いトレーニングを独自でやることも可能です。こういった意識をもつことができるので、東京などの大都市で修業をすることは将来性が高く、スキルアップをすることができます。

二つ目が入学してくる人が地方から集まってくることもメリットになり、地方ならではの食文化をコミュニケーションを通して学べることです。日本は特に西日本と東日本という大きな分け方から、北海道から九州や沖縄などの幅広い分布で地方民族としての食文化の多様化が見られます。

これは地方出身から料理のことを聞くことができますし、学校で学ぶことプラスアルファで文化の違いを理解することができます。こういった経験から調理師としての発想を広くもてるようになりますので、地方出身とのコミュニケーションは自分を成長させてくれるエネルギーになります。

三つ目は、調理師免許を取得することはもちろんですが、同時に経営学を学びたいという人には東京のような経済の中心にいることでモチベーションも高いです。飲食店の経営は腕が良ければいいというわけではなく、やはりお店を出すための資金繰りから立地、また従業員に対するモラルまで必要な要素があります。それらを学んでいくには時間はいくらあっても足りないくらいですが、大都市ならば目指すべきオーナーが身近にいることもありますし、モデルケースとして経営をしているところもあります。

特に東京などの土地単価が高いところでは、桁違いの費用がかかりますので、慎重にどのようなメリットがあるのか調べることも大事です。これらを含めて大都会にある専門学校で目指すべき方向を見つけることができますし、地元に帰って働くことや独立を考える人も多くいます。将来性もありますし自分の道でつかむことができる成功ですから、やりがいを感じることができるのが一番のメリットかもしれません。

 

流行っている調理師専門学校で調理師の免許を取得することは、食は人間の欲求のひとつになり食に関する職業は将来的になくなることがないからです。また働き方もそうですが価値観が変わってきたこともあり、学生からではなく仕事をしながら土日で学ぶことをベースにする人も増えてきました。東京などの大都会にいるメリットとしてたくさんの飲食店を経験することができますし、多種多様なモデルケースを理解することも可能だからです。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧