東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の定期試験はどのようなことをするの?

調理師専門学校では定期試験を実施しているのが一般的ですが、どのような内容の試験をしているのかに興味がある人もいるでしょう。きちんとカリキュラムに従って学ぶことができたかを評価するために実施されるのが試験です。調理師を育成することを目指している現場だと、実はかなり特色がある試験が実施されることもあります。どのようなことをするのかを広く紹介するので、参考にしてください。

実技による試験がおこなわれるのが特徴

調理師専門学校では調理師としての技術を持っている人を育て上げるのが大命題になっていて、カリキュラムでも実習を中心としているケースが多くなっています。東京にある調理師専門学校もそれぞれが特色を持っていますが、実習がカリキュラムの半分以上を占めていることもあるのが実態。調理師として一人前になるためには技術を磨かなければならないのは確かで、コースに応じて必要な技術を身につけられるように十分な時間を割くカリキュラムが作られています。

定期試験ではその実習を通して学んだことが身についているかどうかを評価するのは当然でしょう。実習で何が身についているかを見極めるためには実技を見せてもらわなければならないのは明らかです。そのため、調理師専門学校では実技による試験が定期的に実施されるのが一般的になっています。

どのような実技が試されるかは所属しているコースや学校としての方針によって異なるので、一概に言うことはできません。初級者の教育をしていた場合には包丁の使い方などの基本的なことを実技で見せてもらい、その状況を講師が見て評価するという場合もあります。

調理器具を適切に扱えるのは、調理師として基礎中の基礎なので、当然できるようになってこそ調理ができるようになるといった考え方で、このような基礎技術については試験をしない学校も少なくありません。その場合には基本的には調理実習で学んだことを実践的に披露してもらうことで評価する仕組みになっていて、調理実習で作ったことがある料理を何も見ずに作るというのが典型的です。

ハイレベルのコースの場合には内容が全く同じではないこともあり、たとえば実習ではイワシを三枚下ろしにしたけれど、試験ではアジを三枚下ろしにするといった形で応用力を求めることも少なくありません。技術的あるいは知識的に似通っているものを要求するのが基本で、少し試行錯誤をしたり、落ち着いて考えたりすれば対応できる課題が与えられるのが普通です。ただ、どのくらいのレベルを学校側が要求するかによって課題設定の仕方にも違いがあるということには留意しておきましょう。

また、実技は必ずしも調理や調理に関連する技術だけというわけではありません。カリキュラムに含まれている実習に対応した試験が実施されることは多く、例えば接客サービスのマナー実習がある学校ではその実践的な試験がおこなわれるのが普通です。講師が来客として振る舞い、その発言や一挙手一投足に対してどう対応するかによって評価される仕組みになっています。現場で適切なサービスを提供できる能力を育むことができたかが判断されるのが特徴で、特に将来的には自分の店を持ちたいと考えている人には重要です。

知識を問う試験も必ず実施されている

調理師に必要とされる知識を習得するのも調理師専門学校に通う目的の一つで、カリキュラムにもかなり幅広い項目が盛り込まれているのが一般的です。調理に知識は必要ないという人もいるかもしれませんが、知識は学校に通うのであればつけざるを得ないもの。学歴としてその専門学校の名前が履歴書にも残ることになるので、きちんとした知識を持っている人を卒業させたいと考えるのはもっともなことでしょう。

専門学校に通って資格の取得のために試験を受ける場合も多いので、そのための知識をつける機会にもなっているのです。そのため、卒業生として胸を張って世の中に出て行ってもらうのにも心配がない程度の知識を習得しているかどうかも定期試験で確認されています。

試験のやり方としては特別なことはなく、筆記試験が実施されている専門学校がほとんどです。マークシート式にしている学校もある一方、記述式で全て手書きしなければならないところもあります。内容についてはカリキュラムによって異なりますが、調理理論や食品学に加え、食品衛生学や公衆衛生学についても試験されるのが一般的です。

学校によってはフードビジネスやフードコーディネーション、メニュープランニングなどについても学び、理解度を測るための試験を受けることになる場合もあります。また、海外で活躍している人も増えていることや、国内でも外国人の対応をすることが増えていることを加味し、英語を代表とする語学試験もおこなわれていることが少なくありません。この他にもレストラン論などの独自の科目を用意している専門学校も多く、それぞれの科目に対して筆記試験が課されるのが一般的です。

口述試験やレポートがあることも多い

学校によって定期試験のやり方には違いがあり、実技がほとんどのこともあれば筆記試験が基本になっていることもあります。試験のやり方としてはこの他にも口述試験がよく知られていますが、調理師専門学校でも口頭試問による試験が実施されていることがしばしばあるので気に留めておきましょう。

調理師はただ料理ができれば良いのではなく、接客スキルがあることも求められる場合がほとんどです。接客マナーが身についているか、コミュニケーションを正しくおこなうことができるかといった点を評価するための口述試験もよくおこなわれているのです。また、クレームへの対応力も現場では求められることが多いため、クレームに対してどんな形で答えられるかを問うための試問をするというのも典型例として知られています。

また、レポートによる評価も大学などではよく実施されていますが、調理師専門学校でもときどき取り入れられているのが事実です。知識や技術の習得ができたかどうかよりも、授業や実習を通してどんなことを考えたかが重視される科目ではレポートによる定期試験が実施されている傾向があります。例えばメニュープランニングであれば状況に応じてどんなメニューを考案したら良いかを自由に考えさせたほうが本人の実力を延ばせるでしょう。

店舗の出店やデザインなどに関わる実習や講義などではその中で得られた知識よりも、実際のシチュエーションでどのように考える力が身についたかを評価したほうが効果測定の方法として優れています。このようなときに自由な発想で記述して報告する形になっているレポートは有用な評価の仕方であり、積極的に取り入れる専門学校も東京では増えてきているのが現状です。

 

調理師専門学校で実施されている定期試験は特色があり、調理実習などを通して身についた技術を評価するための実技試験が多くなっています。ただ、調理師には知識も必要とされるため、カリキュラムに基づいて筆記試験も実施されているのが一般的。調理理論だけでなく食品衛生学や公衆衛生学についての知識も試験されています。

また、口述試験によって接客マナーやクレーム対応の能力について評価したり、レポートを通して自由な発想で考える機会を与えたりしているケースも少なくありません。どのような試験方法を採用しているか、どの方式の試験の比重が大きいかは専門学校によって異なります。ただ、定期試験によって技術や知識が習得できたことを確認して単位を与えるという仕組みがあるのはどの専門学校でも共通している点です。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧
おすすめ調理師専門学校紹介