東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

東京の調理師専門学校の選び方のポイント

東京には様々な調理師専門学校が存在し、多数の選択肢から入学先を選ぶことができます。

ただ個々で異なる特色を持っているため、どこを選ぶべきなのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

これから数年間、調理について学ぶ中で学校選びを誤ってしまうのは大きな痛手です。

失敗のない選び方をするためにも、選択のポイントを踏まえて見極めることが大切と言えます。

 

どんな場所で働きたいのかを考えてみる

調理師専門学校へ通うからには、将来的な道筋もある程度決まっている人が多いはずです。

ホテルで働きたい人もいればレストランでの仕事に興味がある人もいるでしょう。

失敗のない学校選びをするには、自身の今後を踏まえた選択をしなければいけません。

東京には調理について総合的に学べるところが多くありますので、ある程度のスキルはどこの学校でも身に着けることはできるものの、より専門的な学習ができるところを選んだ方が将来の方向性を絞りやすいです。

例えばホテルシェフとして活躍するためのカリキュラムを展開し、その道のベテラン講師から指導を受けられる学校もあります。

また、和洋中と幅広いジャンルの指導に力を入れているところならば、あらゆるメニューに対応できる実力を養うことが可能です。

さらにはスイーツの指導にも特化しているところですと、将来的にはパティシエとして幅を広げていくのも不可能ではありません。

自分に合った学校を選択するには、調理師になるという漠然とした目標を掲げるだけでなく、卒業後の進路も明確にしておくことが大切です。

まだ進路が曖昧になっているようなら、卒業後のことも視野に入れながら選択をしていきましょう。

 

実践的な指導で即戦力になる力を育てる

就職先によっては新卒者に対して丁寧な指導を行ってくれるところもあるかもしれません。

一方では学生上がりだろうと即戦力としての活躍に期待するところもあり、早くから実践的な業務を任されることもあります。

そのような中でスムーズに戦力になり得る人材となるには、調理師専門学校時代からいかに実務経験を積めるかが重要になってきます。

そうした実情を踏まえ、何よりも実践的なカリキュラムを大事にする学校もあるのです。

例えば現場に入ってから即使えるテクニックを指導してもらうことができ、必要なノウハウを学生のうちから身に着けることが可能です。

現場に強い指導を受けられるところを選ぶことで、調理師になった時の苦労の度合いも違ってくることでしょう。

汎用的な技術や知識しか学べないところですと、いざプロの世界に入ってから未熟さに苦労をさせられてしまう恐れがあります。

実際、厳しい世界に適合することができず挫折するケースも珍しくありません。

特に専門性のあるジャンルで戦っていこうと考える者ならば、早い段階から実践的なレベルで学んでいくことが必要不可欠なのです。

 

将来の経営に役立つ実習を受けられる

ゆくゆくは自分でレストラン経営を行いたいなど、こういった将来設計をする人もいるのではないでしょうか。

ただ基本的に調理師専門学校では、運営のことに関してはあまり深く指導を行ってくれることはありません。

しかしながら東京にはそうした展望を持つ学生に向け、実践的な経営の学びまでもカリキュラムに織り込んでいるところもあるのです。

調理作業をはじめ、お客様への接客や運営のノウハウまで、経営に必要となるスキルを、実習を通して学ぶことができます。

将来的に独立をする際にも役立つスキルを学生の内から身に着けることができますので、明確な将来設計を抱く学生にも打ってつけの学校と言えるでしょう。

とはいえ実践形式でシミュレーションできる調理師専門学校は数が多くありません。

独自性のあるカリキュラムであるがゆえに対応できるところが少ないのです。

したがってもしも経営スキルについても興味がある場合は、専門的な指導を受けられるところなのか、しっかりとリサーチを行った方が良いと言えます。

もちろん経営のことだけでなく、基本の調理のことについても学べることが大事ですので、総合的な判断で学校選びをする必要があります。

 

就活で苦労しないために就職フォローに強いところを選ぶ

就職活動のフォロー体制も選択のポイントのひとつです。

どんなに良い学校を出ようとも、肝心の就職先が見付からなければ先行きが不安になってしまうものです。

スムーズに調理師として活躍するには、就職のサポートを万全に行ってくれるところの方が将来的にも安心できます。

就職に有利かどうかを見極めるためには、卒業生の就職先にはどのような特徴があるのかチェックしてみると良いでしょう。

有名ホテルやレストランなどに多数の学生が採用されているようなら将来の見通しは比較的明るいとみることができます。

また、有名どころへと進路を進められた実績が多いということは、学校側にコネクションがある可能性もあります。

過去の就職先に関しては、ホームページやパンフレットなどに記載されていることが多いため、予め目を通しておくようにしましょう。

卒業後に相談ができるかどうかも選び方のポイントです。

残念ながら就職をしたものの、短期間ですぐに辞めてしまった、すでに転職を考えているなど、アフターフォローがあるところですとそういった場合に卒業後でも相談ができます。

万一の保険的な意味合いで、後々のフォロー体制も万全なら安心と言えます。

 

通い続けることができるのかどうか

これから数年間通う上での大事なポイントとして、通学の利便性に関してもチェックしておいた方が良いでしょう。

一人暮らしのできる学生で、近くに引っ越しをしてくるなどの場合なら良いのですが、そうではない人もいるはずです。

部屋を借りるにしても費用が掛かりますし、専門学校も安くありません。

経済的な問題で実家などから通学をしなければいけないという人もいることでしょう。

時間を掛けての通学が必要となる場合、今後通い続けられるのか十分に検討してみることが大切です。

毎日のこととなると負担は大きく、通学で疲れている中での勉強では指導も身に着きにくくなってしまうことが考えられます。

入学をしてから、やっぱり通えないとなると費用の負担も無駄になりかねません。

日々の勉強を充実させるには、通いやすいところを選ぶのもひとつの選択肢です。

東京には沢山の調理師専門学校がありますので、ひとつのところに無理に拘る必要がないこともあるはずです。

きちんと学べる内容を精査すれば、別のところでも十分ということもありますので、負担を抑えた通学ができるかどうかも踏まえながら検討するのがおすすめと言えます。

 

自分に合う専門学校を選ぶようにする

入学をする前はやる気も十分で、どんな環境でも頑張っていこうと張り切る人もいるでしょう。

しかし選択する調理師専門学校が肌に合わないところですと、心が折れてしまう可能性も考えられます。

個々に相性があるものですし、雰囲気が合わず通いにくく感じられるようでは良い選択とは言い難いです。

自分に合ったところを見付けるためにもオープンキャンパスや体験入学を利用してみるのがおすすめです。

実際の授業や学校の雰囲気などを自分の目で確認してみることで、今後やっていけそうかどうかの見極めをしやすくなります。

また、もともと入りたいと思っている学校でも、一度きちんと見学をしてみることで、やっぱり正しい選択だったと裏付けることにもなるはずです。

ホームページなどで知ることができる雰囲気や、口コミなどでの評判だけでは分からないことも沢山ありますので、基本的には自分の目で確認をした上で選択した方が良いでしょう。

学校選びは将来の行く末を左右することもあるほど重要な分かれ道ですので、手間を惜しまないことが肝要です。

そして、できれば色々なところに足を運び、特徴を比較しながら最良の学校を選ぶのが望ましいと言えます。

 

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧