東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校を卒業するとどのような就職先がある?

調理師専門学校には全国で毎年1万人ほどが入学してきて、夢をかなえるため日々修練を重ねています。

では、彼ら彼女らはここを卒業してどこに旅立つのでしょうか。

ここでは、調理師専門学校の主な就職先について述べていきたいと思います。

 

一番多いのが料理店や宿泊施設での就職

調理師専門学校の就職先として一番多い就職先が料理店やレストランなどです。ただし、専門学校を卒業しているからといってすぐに料理を作る仕事に取り掛かれるのかというとそういうところは少なく、まずは下積みとして雑用係や見習いとして働くのが一般的となっています。

一般的な料理店ではその見習いから少しずつ揚場・焼方・煮方といった具合にいろんな担当を任されていき、いろいろな料理をマスターしていくことになります。そして、花板と呼ばれる調理場全体を管理する人に抜擢されるようになるのです。

それは日本料理の料理店だけでなく中華料理でもフランス料理でも似たような感じで、見習いからいろんな担当を任されていくこととなります。お客様の注文に合わせて調理していくこととなるため、他の職場よりも臨機応変とした対応力が求められるのです。

そして、次に多いのはホテルや旅館といった宿泊施設となります。こちらも料理店やレストランと同様に料理を作るのがメインとなりますが、大量の食事を同じ時間に提供することが求められるため、食事時間前になると多忙になることが多いです。

料理店ではいろんな担当を任されていくのが一般的ですが、宿泊施設では一つの担当を長く続けていくケースが少なくありません。そのため、いろんな料理を幅広くマスターしたいと考えているならば料理店、一つの料理を極めていきたいと考えているならば宿泊施設のほうが良いでしょう。

どちらにしろ、より高い技術を身に着けたいと思うならば、地方よりも東京のほうがおすすめです。いろいろな食材が日本全国だけでなく世界各国から集まってきますし、一流のシェフや板前も多いため、料理の勉強をするのに適しているからです。

また、調理師専門学校を通っている人には実家が料理店や宿泊施設を営んでいるケースも少なくなく、その場合は卒業後そのまま実家に戻って働くことも珍しくありません。そして、そこで腕を磨いて最終的には実家の料理店や宿泊施設を受け継ぐこととなるわけです。

また人気の就職先として飲食チェーンも挙がりますが、こちらは調理はもちろんしますがアルバイトでもできるようにマニュアル化されています。そのため、飲食チェーンの現場で求められるのは調理と共にアルバイトの管理なども含まれていることが少なくありません。

 

小学校や老人介護などで集団調理

最近、調理師専門学校の卒業生のニーズが高まっているのが集団調理する現場です。集団調理とは、同じメニューの献立を数十人から数百人分を一度に調理することで、主に幼稚園や小学校や病院などが職場となってきました。

誰もが小学生のころにお世話になったはずの給食がそれにあたります。ただ、昔は小学校に備え付けの調理施設で調理していることが多かったですが、少子化にあわせて小学校ではなく地域で集約された給食センターで調理するところがほとんどとなっています。

そのため、小学校での集団調理の就職先は減っていますが、それ以上に近年増加しているのが、老人介護施設です。高齢化に伴って急増していることから、老人介護施設が全国的に増えており、そこでの集団調理で働く調理師のニーズも高まっているのです。

この集団調理では、調理師が献立を考えることはなく、栄養士が栄養バランスや予算やアレルギーなどを考慮して作成していき、それに基づいて調理していくこととなります。その量が半端なく多く調理と共に大多数の配膳もしていくため、最初のうちは戸惑ってしまう人もいますが、数か月もすれば一通りマスターすることができます。

集団調理で一番大変なのは、衛生管理です。食品を扱う料理店や宿泊施設でももちろん大切ですが、集団調理で料理を提供するのは子供や高齢者や病人といった抵抗力の少ない人が多いため、より一層の注意が必要とされ調理後の清掃も徹底されます。こちらは、東京よりも地方でのニーズが高く、自宅から通う人の就職先として人気となっているのです。

また、集団調理と似たようなものに食品メーカーの工場で調理されるものもありますが、こちらはほぼシステマティックになっており、ほとんど調理師を必要としていません。ただし、調理として求められてはいませんが、食品開発のスタッフとして雇っている食品メーカーがあります。料理の新商品を開発したり、安全性や調理の効率性を求めるための研究開発のサポートとして調理師が求められているのです。

ただし、それは食品メーカーに数人いれば十分に足りるため募集していることが少ないので、調理師専門学校の就職先の全体からみるとほんの僅かでしかありません。

 

独立や開業を目指す人も少なくない

調理師専門学校の就職先として、自分のお店を開業することを魅力的に感じている人は少なくありません。誰かに指図されるのではなく、自分自身で考えたメニューやプランを提供してお客様を喜ばせるのは料理を携わる人は誰しも夢見るものです。ただし、専門学校を卒業してからすぐに開業するという人はほとんどいません。開業には資金が必要ですし、運営するノウハウもほとんど持ち合わせてないで、卒業早々に開業するのは不可能に近いです。

調理師専門学校といってもマスターできた料理は基本的なものでさらに技術を習得していかなくてはいけません。そのため、一般的には料理店や宿泊施設などで経験と資金を蓄えていってから独立・開業するケースが多いです。特に、一流の料理店やホテルで勤めたとなれば、それだけで新店舗の宣伝文句にすることができます。

また、完全独立とは違いますが、特定の飲食チェーンで実施しているフランチャイズ契約を活用する方法もあります。フランチャイズ契約というとコンビニが有名ですが、実は飲食チェーンでやっていることは少なくありません。こちらは、ロイヤリティーを支払う必要がありますが、商標や商品や経営ノウハウを飲食チェーンから得ることができるのです。

さらに、調理や接客の研修も受けることができ資金も融資しやすいため、早ければ調理師専門学校を卒業して数か月後には自分のお店を持つことができます。一番リスクが少なくスムーズに開業できる方法だといえるでしょう。ただし、提供できる料理やサービスは、契約の範囲でしかできないため完全に自由にできるかといえば、そうではありません。完全独立を果たしたいと思ったときは、フランチャイズ契約は数年単位で更新されるため、その更新時に契約を解除することもできます。

 

調理師専門学校の就職先として、一番多いのが料理店、その次がホテルや旅館などの宿泊施設となっています。それ以外にも、小学校や病院や老人介護施設といったところで集団調理している人も少なくありません。それぞれ調理するのがメインとなるのは共通していますが、その働き方の内容には若干異なっているところがあります。

また、調理師を活かして独立開業を目指している人も多いですが、資金や経験が乏しいのが難点となります。そのため、料理店や宿泊施設で経験と資金を蓄えるのが一般的ですが、最近ではフランチャイズ契約できる飲食チェーンを活用する人も少なくありません。このように、調理師といってもいろんな就職先があります。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧