東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の一日の流れとは?

一般的にイメージされる学校と調理師専門学校とでは授業の内容や一日の流れにも違いがあります。

東京で調理師になりたい、調理に関わる仕事がしたいと考えている人の中には「専門学校ではどんなふうに学ぶのだろう」と悩んだり不安に感じる人もいるかもしれません。

実際にどのようなことを学ぶのか、また一日のタイムスケジュールはどうなっているのかを詳しくご説明します。

 

一般的な専門学校での一日を知ろう

いわば料理のプロになるための場所ですが、学校という意味ではそれほど特殊な制度などはありません。

通常の学校と同じように1時間目から授業が始まる形式になっているところがほとんどです。

学年や実習によって多少は変わりますが、午前中を1時間目から4時間目までに区切って調理の実技授業としている学校が多いといえるでしょう。

ただし、座学であればそのための勉強は自宅で予習・復習することも可能ですが、調理に関してはそうはいきません。

実技を伴う授業であるため、1時間目が始まる前よりも自主的に早く登校し、自習をしている学生も多いようです。

また1人暮らしをしている学生の場合は自宅のアパートやマンションに十分な調理スペース・機器が揃っていないこともあります。

自宅ではできない練習や技術を磨くための時間として捉えている学生も少なくありません。

さらには在校中に開催される外部ないしは校内でのコンクールのために練習をするという学生もいます。

こうしたコンクールで入賞・優勝することによってその後の就職先の選択肢が増えたり、自身のキャリアを増やすことにも繋がりますから、コンクールやイベントなどへの参加は自主的かつ積極的に行う学生が多いと言えるでしょう。

実際の実技では毎回課題が出るため、講師の指導に沿ってその課題を達成する形で授業が進んでいきます。

調理を進める際、チームで行うこともあれば個人で行うこともあり、調理師として仕事をする際のイメージを持つのにも役立つ形式です。

ただ調理をするだけでなく、食器を選んで盛り付けをしたり、片付けといった部分でも指導を受けながら授業が進みます。

ここで調理したものを昼食として食べるケースが多いのですが、製菓や飾り切りといった内容の授業ではそれほど食事量がありません。

授業の合間や授業が終わった後に昼食をとることになります。

もちろん学校ですから、自分のためだけに設備を使うことはできず、昼食は自分で準備してきたものか購入したものなどで済ませる学生が多いようです。

給食などは提供されないところがほとんどですから、昼食も含めて調理師になるための勉強の一環と捉えている学生もいるでしょう。

ちなみに、選択するコースによっては実技の授業内容もずいぶんと変わります。

和食や洋食などであれば必要ありませんが、製菓コースの場合には、作った製菓をラッピングしたり梱包するための実技授業も開催されています。

一見すると関係ないようなラテアートやお茶、カクテルといった飲料を扱う授業もあり、幅広い分野に渡っての実技が用意されているのも調理師専門学校ならではの特徴です。

 

実技だけでなく就職にも役立つ座学もアリ

午後からはテキストを中心とした座学を取り入れている専門学校が多いと言って差し支えないでしょう。

テキストで学ぶ内容はコースによって異なりますが、実際の調理に関することから調理師として働く上で必要な法律的な知識や経営者として働く際に求められる知識なども学びます。

調理に関していえば、栄養学や病院食など専門的な知識が求められる内容まで触れるのが特徴です。

実際に調理師として働く際に、どのような職場で働くことになるかはわかりません。

病院や介護施設で働く可能性もあれば、飲食店で働いたり、ホテルのレストランや企業のメニュー開発に携わる可能性もあるでしょう。

こうした様々な可能性を考えた上でカリキュラムが組まれていますから、例え自分が希望する進路と直接関係がないようなカリキュラムでも、実際に働き始めたら役に立ったという声も聞かれます。

意外な点でいえば、社会人になるにあたって求められる基本的なスキルや資質について学べる座学の授業を用意している専門学校もあるようです。

卒業してからすぐに働きたいと考えている学生が多い一方で、最も短いスパンで入学・卒業すれば18歳で社会に出ることになります。

これまではアルバイトしかしたことがない学生も多く、調理とは別の点で働くことを辛いと感じたり、続けられないと考えてしまうケースも多々あることです。

そのため、働く意義や目的について考える授業が用意されていたり、社会人として知っておきたいビジネスマナーや対応などを学べるような授業を用意している学校もあります。

他にも、自分でお店を持ちたいと考えている人にとってはお店の経営や資金の活用方法についても知りたい点でしょう。

こうした経営方法や運営する上での注意点などを知れる授業もあるようです。

テキストを使わない授業でいえば、外部講師を招いて実際に調理シーンを見せてもらう授業もあります。

実際にホテルで働いているバーテンダーや、海外で店を持つパティシエなどを呼び、その技術や練習方法などを知ることで自分のスキルアップに繋げるという目的です。

また現場で働いている人の声を聞けるため、自分のモチベーションにしたり、業界研究としての一助ともなるでしょう。

業界研究といえば、就職を控えた時期には企業の説明会を授業の一環に取り入れる学校もあります。

実際に企業の人事担当者が学校へ赴き、東京での人員募集や地方での就職口などについてアドバイスをくれることもあるのです。

 

授業が終わってからも学校で練習や意見交換会

座学・実技が共に終わってからも学校に残って自主的に調理の練習をする学生も多くいるものです。

例えば学園祭シーズンであれば学園祭で提供するメニューの試作・開発などを行ったり、講師にアドバイスを求めるという光景が見られるようになります。

就職を控えたシーズンでは、就職に関しての相談や悩みを講師に聞いてもらいたいという学生も増えるものです。

講師は自分の経験やこれまでの学生の様子から様々なアドバイスをしたり、技術が未熟な場合には放課後の練習に付き合うこともあります。

通常の学校とは違い、調理師を目指している学生ばかりが多いということもあり、学生同士の交流が盛んなのも調理師専門学校の特徴的な部分です。

就職活動はもちろん、新しい機器や食材、メニューなどについても活発に意見を交換する場も多く見受けられます。

また、必ずしも10代で入学する人ばかりではありません。

社会人経験がある人や、子育て経験がある人なども在校している場合があり、年齡を超えての相談やアドバイスをもらえるという点もこうした専門学校にしかない魅力の1つといえるかもしれません。

 

調理師専門学校の良いところは、同じ志を持っている仲間が多く、講師陣もプロフェッショナルばかりということです。

もちろん独学で学べる技術や知識もありますが、プロだからこその観点や、同じ仲間だからこそ気づく指摘なども多くあります。

一日の流れは一般的な学校とかけ離れたものではなく、授業を受けて技術を伸ばしていくという点では、進路が明確な人にとってはよりよい選択肢となるでしょう。

まだ調理師として働くかどうかを決めかねているとしても、調理や料理に興味があってその道に進みたいと考えている人にとっては何よりの成長の場となるはずです。

東京にはいくつかの専門学校があり、オープンキャンパスや説明会も頻繁に開催されています。

興味があるならまずは一歩踏み出して内部を知ってみるのはいかがでしょうか。

新しい自分の進むべき道が見えてくるかもしれません。

 

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧