東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

東京で調理師専門学校に通うメリットは?

高い学びを得て社会で活躍をするために、最新の情報や技術に知識も習得するなら、花の都東京で調理師専門学校に通う価値は断然高いです。

料理を上手な人から学ぼうとしたとき、地方の田舎町でも食事作りが得意な人から教えてもらうことはできます。

でも時代の流れに合ったメニューが作れるか、センスはどうか、さらにライセンスなども目指すなら、都会へ出ていくのがベターです。

 

専門学校で学び卒業と共に資格の取得もできるのは大きな魅力に

人間にとって食べることは人生の中の大きな割合をしめる楽しみであり、食事に関わることで人を幸せにできるのが世の中で働く料理人たちです。

そんなプロの調理師を目指すのであれば、迷わず選びたいのが東京の調理師専門学校であり、調理師免許を取得できるのは何よりのメリットになります。

美味しいご飯を人に提供するだけであれば、趣味の延長線で振る舞うことはできますが、プロとしてやっていくなら特別なライセンスがあった方が有利です。

胸を張って調理でお金を稼ぐことができるのは、調理師免許は国家資格だからであり、どこで働く際にも自分を助けてくれます。

専門学校へ行かなくても、実務経験を2年以上積み重ねて受験資格を手にすることはできますが、その道のりは決して短いとは言えません。

わざわざ飲食店関連で実務経験を積むために、2年間以上の長い年月を費やさなくても、最初から専門学校で基礎からハイレベル技術まで習得をして、スムーズにライセンスまで習得をしたほうが賢いです。

レストランや居酒屋などで修業をして、やっと必要年数が過ぎて受験をするよりも、調理師としてはるかに早く飛躍を成し遂げることができます。

 

就職にも強いのが東京の調理師専門学校

好きで決めた調理師への道のりの先には、必ず学びの先に就職という現実が待ち構えています。

先生から食べることや食材に調理方法を一から学び、仲間たちと共に料理の腕を向上させていく中で、進路に関しては目を向けないわけにはいきません。

独学で料理を学んだり小さな料理学校で教えてもらったりするよりも、東京の調理師専門学校で学び、卒業をするルートの方が、はるかに就職率は高いです。

希望の職場に就職をしやすいのは、都会のある調理師専門学校を選ぶ大きなメリットになります。

基本的に都会の大きな専門学校で食に関して深い学びを得ることで、調理師免許取得だけではなく、就職先にも困るようなことにはなりません。

世のなかには様々な飲食店があり、人々の心と胃袋を満たしていますが、飲食店に関連をする企業にも、専門学校は広く精通をしているのも強みです。

コネクションがありますので、飲食店といっても和洋中華にファーストフード店など、本人が望む就職先を選びやすくなっています。

何も学ぶことなくライセンスもないままだと、星の付くようなレストランなどでは就職が難しくても、専門学校を経由してならばそれも夢ではありません。

 

肩書の調理師免許は本当に若い時期から必要か

東京で調理師専門学校に通うことには良い面がたくさんあります。

だからこそあえてデメリットにも目を向けることです。

食べることが好きで料理を作りもてなすだけならば、すぐに未経験で働ける飲食店に就職をすれば食べる仕事に関わることはできます。

でもあえて専門学校で学ぶとなると、その分だけ就職までには時間がかかりますし、何よりも学費がかかるのは否めません。

調理師のライセンスが取得をできるのは、最短で1年間の専門学校通いが条件にはなりますが、高卒で専門学校へ進み、19歳での調理師免許の取得が本当に必要かは疑問です。

確かに最短コースでは1年でライセンスまで得ることができますが、高校を卒業した後にそのままレストランなど、あらゆる飲食店で修業に入ることもできます。

若いだけに調理をして得られるスピードも速いですし、周りは年上ですから自分がまだ年下で、怒られることはあっても何かと面倒を見てもらえる可能性は高いです。

若い時期に一生懸命に飲食店で働いて2年が経過をすれば、国家資格の受験資格を得られますので、高いお金を支払って専門学校へ行くかどうかは悩ましいところでもあります。

 

料理の腕前が上がるかは本人の努力次第

有名な東京の調理師専門学校を選ぶことで、卒業までにカリスマ的に料理が上達をするかといえば、実はそういうこともありません。

夢を壊すわけではなく単刀直入に言えば、専門学校へ行けば、確実に誰でも料理が上手になるという保証はないのもデメリットです。

決して専門学校の教えが悪いわけでも講師の力不足なわけでもありません。

調理師専門学校では基礎から応用まで学ぶことができますし、食べることに携わるのであれば、これほど恵まれた学びの環境はありません。

ではなぜ料理が思ったよりも上達をしないことがあるかですが、本人の努力が伴わないことがあるためです。

学校で学んだらそこで終わりにしては、練習不足で腕が上がるわけがありません。

これは料理に関わらず何の学びでもそうであり、授業で学んだら自宅でも何回もリピートして、料理のトレーニングを積み重ねないと上達への道のりは遠のくばかりです。

毎週のようにあらゆる調理実習を学校ではしますが、1つのレシピを作るとしたら、チャンスは1回きりであり、次回は全く違ったメニューを作ることになります。

授業で教わったら自宅でも作り、食べてくれる人がいればふるまうなどして、練習をすることが肝心です。

 

和洋中華とオールマイティーに学べる環境

高校を卒業したら料理人になって、食べることでたくさんの人を笑顔にさせたい、そんな純粋な志を持つ人には、東京で調理師専門学校に通うのがぴったりです。

誰にでも食べ物の好みがあるので、日本人がこよなく愛する和食が好きな人もいれば、ホワイトソースや肉や油をたっぷり使った洋食を好む人もいます。

味付けが濃くて油分も多い中華を毎日食べたい人もいれば、エスニックなどを好むこともあるので、調理人に求められる料理の腕前への期待は高まるばかりです。

自分が好きな食事ばかりでは、偏った調理になることがありますが、専門学校では幅広い分野の調理方法を学べる環境が整っています。

伝統を重んじる和食をはじめとして、西洋の文化を取り入れた美味しさを表現する洋食や、中華料理など幅広く学べるのがメリットです。

将来はフレンチレストランで働きたい人でも、割烹料理屋で活躍をしたい人も、授業では和洋中華オールマイティーに学びますので、進路としてもどの分野に進んでも問題はありません。

あらゆる分野の基礎をすでに習得していますので、将来は和洋中華のどの分野へ進んでも、困るようなことが無いです。

 

調理の道を志す仲間との出会いや学歴の取得にも

時代は移り変わっても夢を持つ若者が集まるのは、田舎ではなくやはり都会であり、だからこそ東京の調理師専門学校には、高い志を持った人が集まりやすいです。

食べることが大好きで、料理も好きという人が集まっているでしょう。

そして、その思いを活かして、将来は食事作りで幸福を世の中に与えたい同志として、素敵な仲間と切磋琢磨することができます。

最初から高卒で飲食店へ就職をすると、周りはほとんどが年上ばかりであり、働く人の人数も限られます。

上下関係はあっても友人作りにはなりにくいことでしょう。

でも専門学校の場合は同じ気持ちで学ぶ同士が集結をして、共に成長をして行きます。

食を通じての友人を得ることができる最高の環境です。

卒業をして飲食店業界で働くことになって、何か悩んだ時にも学生時代の友人は、きっと良いアドバイスをくれます。

同じ食べ物の業界にいることで、良い情報を提供してくれるなど、調理師として活躍をすることになったときにも、持つべきものは友人です。

高卒でレストランへ勤めると学歴も高校までですが、専門学校へ進学をすると1年であっても、高卒ではなく専門学校卒業となるのもメリットと言えます。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング