東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

1年制の調理師専門学校のメリットとデメリットとは?

調理師専門学校に通って和・洋・中などさまざまな調理方法を学ぶ人は多くいます。卒業すれば調理師免許を取得できますし、就職に有利なところであれば将来調理関連の仕事に就くこともできます。

料理のスキルを習得したいと考える人には、最適な学校となります。

国家資格となる調理師免許を取得できる

調理師専門学校は、その名の通り調理を専門に学ぶ学校です。和・洋・中とさまざまな種類の調理方法を習得し、卒業することができれば国家資格となる調理師免許を取得することができます。調理師免許とはいったいどのようなものなのかといいますと、食品にかかわる栄養や衛星、そのほか正しい調理方法などを習得することができた人が得られる資格です。

将来、食品にかかわる職に就きたい人や、個人でカフェやレストランをオープンしたいという人に最適な資格です。その調理師免許は、調理師専門学校を卒業できれば取得できます。

しかも最短1年で取ることが可能で、その資格を取るために学校に通う人もたくさんいます。美容師や理学療法士などのような国家資格は、2年または3年以上学校に通って受験資格を得て、試験をパスしなければ取得することはできません。

しかし調理師免許の場合は、卒業することで取ることができるので料理を学びたいという人には良い資格となります。最短1年で取得することができるということから、調理師専門学校のなかには1年制コースを用意しているところもあります。

おおよそ1年制か2年制のコースで学ぶスタイルが多く、コースによっても学ぶ内容が変わっていきます。しかしもし学校に通って勉強するからには、学校によるメリットやデメリットもしっかり把握しなければなりません。

調理師専門学校に通うメリットとは

調理師専門学校に通うことへのメリットは、なんといっても卒業することで調理師免許を取得することができるということです。そして民間資格であれば、調理師免許以外にもいくつかの資格を取ることも可能です。生徒によっては、調理師免許と同時にいろんな資格を取得して職に有利に働かせようとする人もいます。

しかし、メリットはそれだけではありません。ほかにもメリットはあります。そのほかのメリットはどのようなものがあるのかといいますと、初心者でも学ぶことができることが一つ挙げられます。まったく料理の経験がない人でも、入学すれば一から学ぶことができるコースもあります。

もちろん、すべての専門学校が初心者でも通って学ぶことができるわけではありません。学ぶ期間も初心者の場合は2年制のコースが多く、1年制のコースはだいたい専門的なスキルを持っている人が学ぶようになっています。学校によっては、すでに専門的なスキルを持つ人でなければ入学することができないところもあります。

料理のスキルを持っていない初心者でも学ぶことができるのかどうか、パンフレットやインターネットでのホームページなど見ながら、事前に調べることが必要です。しかし多くの調理師専門学校は、初心者でも受け入れていることがあり、たくさんの人が料理のスキルを身に着けようと学んでいます。

そのほかのメリットでは、料理を教えてくれる講師が優しいことです。調理現場はとても厳しいイメージがあり、それは調理師専門学校でもそうなのではないかと考えてしまう人もいます。もちろん講師のなかには厳しい人も存在しますが、ほとんどの講師は優しく教えてくれます。

その理由は、現に飲食店で働く場合は、お客様においしい料理を出さなければいけないうえに、衛生面でも気を付けなければなりません。そして、収入も得ていきます。誤れば食中毒を引き起こしてしまう可能性もあります。お客様に迷惑をかけないよう、そしてちゃんと料理を作れるよう、しっかりと収入を得られるよう厳しい現場となります。

しかし学校の場合は、直接お客様に料理を出すわけではありません。年に1度、学んできた成果を出すために何日間か限定で近所の人たちなどへ、自分たちが作った料理を提供する学校もありますが、毎日作った料理を出すわけではありませんし、収入を得るわけでもありません。講師が優しくなる理由は、生徒がしっかり学ぶ意欲があることと、学費を支払っていることにあります。

学校に通うことでのデメリットとは

調理師学校のメリットはいくつかありますが、その逆にデメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのかといいますと、まず一つ目が学費が高いということです。学費が高いのには理由があります。

その理由は、実習があり、そのための材料や道具をそろえなければならないからです。実習のたびに新しい材料をそろえていくので、そこにかかり費用を考えると学費が高くなってしまいます。

そのほかのデメリットは調理以外の授業があることです。もし調理師免許を取得したいと考えるのであれば、国家資格なので国が指定されている授業を習得しなければなりません。調理師になるための強い意志を持つ人ならば、興味のない授業でもちゃんと受けようとしますが、なかには中途半端な気持ちで入学する人もいます。

専門学校なので、学校にいる間はほぼ授業で拘束されるので、そのうえ興味のない授業を受けるとなればなかなか苦痛になってしまう人も出てくることがあります。スキルを習得するためには、ちゃんとした意志をもって入学し、勉強することが望ましいといえます。

そして最後にもう一つのデメリットが、調理師免許の必要性の弱さです。実は調理師免許は国家資格と言えど、それだけで就職に有利になるというわけではありません。いうほど強い効果のある資格ではないため、取った人のなかには落胆することもあります。では調理師免許を取る意味はいったいなんなのか、疑問に感じる人もいるかもしれません。

資格の効果が弱いのであれば、学校に通ってまで取得する意味があるのかわからなくなります。確かに資格の力は弱いものかもしれません。しかし、調理師専門学校では中途半端な気持ちで通うと、ずっと調理の現場に拘束されるためハードなスケジュールとなる可能性もあります。

つまり、資格を取るためにどのような目的があるのかを示すことが要されます。個人でカフェやレストランをオープンするために、しっかり調理方法を学び資格を取りたいという考えを持つ人もいれば、将来家の料理店を継ぐために調理方法を学びたいという人もいます。

もちろん、ただただ料理を学んで就職したいという気持ちから入学することも悪いことではありません。しかしそのためには、職に有利な学校を選ぶことが重要です。話によっては、都会にある学校と地方にある学校とでは、就職率も変わるといいます。

入念に調べて進学することで、料理を学んで就職先を見つけて働くことができるようになることもあります。大事なのは、料理を学ぶ意思をしっかり持って学ぶということです。

 

調理師専門学校では、しっかり学んでスキルを習得し、卒業することができれば調理師免許を取得することができます。調理師免許は国家資格です。将来調理関連の仕事に就きたいと考えている人には、とても最適な資格となります。

しかし、卒業して資格を取得できるメリットがありますが、必ずしも調理師免許が職に有利になるというわけではありません。そこまで強い資格ではないため、そこがデメリットとなります。ほかにもメリットやデメリットはありますが、学校に通って料理を学ぶにはどのような目的と意志があるのかを自分自身の中でしっかり考えを固めておくことが重要になります。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧