東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の学費の相場は?夜間との違いとは?

調理師となるためには、調理師免許を取得するために、専門学校にて知識と技術を学びます。

そこで国家資格となる受験資格を得ることができます。

しかし東京には数多くの教育施設があり、費用も気になります。

その他、昼間のみならず、夜間にも学べる環境が用意されているのかも、社会人ならば知っておきましょう。

その際には、昼間と夜間の違いという情報も、正しく仕入れておくことは大切なことで、どういう違い、メリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

学費の相場を知っておく

東京には知名度の高い調理師専門学校がいくつもありますが、気になるのはやはり学費です。

相場はどれくらいになるのかを、しっかりと調べておくことで安心して通学できるはずです。

東京には、調理製菓専門学校というような異名でも開校されており、調理師資格を取得する際、製菓についても学ぶことができるようです。

しかしながら、学費も割高になることも否めず、やはりしっかり事前に調べておくことが大事になります。

まずは自分の将来の方向性をしっかり見据えましょう。

和食の料理人になるのか、イタリアンレストランのシェフを目指すのか、パティシエなどの製菓に絞る道まで、様々に枝分かれしているものです。

ある程度の考えをまとめ、一致する分野が提供されている、そうした調理師専門学校を絞り込んでから、そこから選ぶことも大切なのかもしれません。

また2年制コースと1年制コースはどう違うのか、高度調理経営科と調理師科などがあるものの、どう違っているのかもしっかり調べておきましょう。

ちなみに卒業と同時に国家資格の調理師免許が取得できることには変わりはありません。

ただ短期と長期の違いです。

東京には優良となる20校以上の調理師専門学校があり、そこそこで学費の違いがあります。

誰しもが安いところをと考えるでしょうが、高いところでは、調理器具や最新情報の提供の早さや正確性、学びやすい学習環境などが魅力になっています。

肝心となる学費についてですが、相場を知る前に、どういったものが必要になるかを把握しておきましょう。

詳細な内訳としては、入学金をはじめ、施設費・授業料・その他に実習費などがかかるとされています。

もちろん、その他にも費用の負担が発生する場合もありますので、個別に情報を得るようにしなければなりません。

ですが東京にある優良となる20校の平均は年間で150万円前後です。

しかし、しっかり学ぶための相場は200万円前後ともいわれています。

先に述べたように、1年制コースと2年制コースで終わる年数に違いがあり、総合でいくらかかるかを把握することは重要です。

ちなみに入学金だけでいえば20万円が平均、授業料に関しては60万円前後、実習費はその半額の30万円前後、施設・設備費・維持費はその半額となる15万円前後が相場で、入学金を含めた学費の合計は150万円前後です。

 

昼間部と夜間部について

調理師専門学校の学費の相場というのは、あくまでも相場であまり意識しないことに尽きます。

ですがアルバイトなどにおいて入学金の資金を貯めるためには目安にしておきたい金額です。

もちろん、入学してからはアルバイトをしながら、勉学にも励む、こうしたWワークも可能になりますから、幾分かはラクになるのではないでしょうか。

なかには飲食店などで実践してみる働き方を行っている在校生も少なくありません。

調理師専門学校では、西洋料理や日本料理に特化し、1年制コースでの総額は170万円前後です。

また、調理師科の昼間部と違い、夜間部も展開している調理師専門学校も開校しています。

学費の相場も、夜間では違いも見られるのでしょうか。

とある調査によれば、仕事と勉学に励む人などにも対応するため、夜間部における授業料などは、昼間部に比べて3割前後安くなるケースが多いことが分かっています。

昼間部との違いは、働きながら夜間に通学したい人向けであったり、あるいは社会人で一定の経験を積みながら知識と技術を高めるために勉学に励む人を対象としているという点に違いがあるようです。

また、夜間部の授業開始となる時刻は、18時30分から21時30分という短時間、加えて夜間部は2年制のみとする調理師専門学校も少なくありません。

その分だけ、授業料が割安と感じられるのではないでしょうか。

昼間部であれば1年制コースも開講されてはいるのですが、夜間部は1.5年制コースあるいは2年制コースのみです。

ちなみに、これから数年間通う上で、通学の利便性に関してもチェックしておきたいものです。

寮生活でも同様、部屋を借りるにしても費用がかかりますし、仕事をこなしながらでは、職場から近場でなければモチベーションまでが下がる可能性も否めないでしょう。

例えば電車通勤であれば、職場と全く逆方向にあるのならば、乗り継ぎなどで2度手間となりがちです。

 

支援制度を活用する

支払う学費は1年間で150万円というところが多いようですが、ポンと出るお金ではありません。

入学金に関しても先に述べたように20万円というようなところが多く、仕事を辞めて調理師専門学校に通うのはリスクが大きいはずです。

そういった人のために、夜間部が設けられています。

利用することで、働きながら知識や技術を得ることができますが、夜間の場合の学費についても公式ホームページに情報が記載されています。

総額で見ると100万円前後かかる場合が多く、その他の諸費用も含めれば、ある程度の貯金はしておきましょう。

1.5年制コースで調理師免許を取得するコースもあり、この場合の入学の時期は4月と10月の年2回となります。

それまでには、しっかり資金繰りをしておきたいものです。

また、負担軽減策があることも知っておきましょう。

例えば進学ローン・奨学金制度・各自治体独自の貸付制度など、様々な方法が選択できます。

学生支援には、国の教育ローンや各調理師専門学校提携ローンもあります。

社会人になってからならば、教育訓練給付制度も利用できます。

なかには、夜間部の優遇制度というものを設けていることも、大学や短大を卒業されている方や現在在学中の方に向けては、授業料の一部免除制度もあるようです。

1度、相談会にて相談してみましょう。

数万円の減額であっても、非常に助かる支援ではないでしょうか。

またAO入学出願を受け付ける、こうした内容も魅力でしょう。

成績や小論文や面接などで評価し、入学の可否を判断されるのですが、多くの場合、入学選考料の免除、優秀な成績で書類選考や面接をパスした人に向けてのAO入学奨学金を用意しています。

頭脳派であれば問題なしではないでしょうか。

その他、卒業生からの紹介などがある場合にも、入学金免除をしているケースもあり、1度、説明会や資料請求を行ってみましょう。

それからでも、十分に間に合います。

 

調理師専門学校の学費の相場というのは、安いワケではありません。

かといって出せない金額でもなく、事前にしっかり貯めておくことで、対応できるケースも増えています。

もちろん、一括で支払いができなくとも、支援制度を活用することもできます。

仕事をしている社会人にとっては、夜間部での学びも必要としていますが、昼間部との違いは、仕事との両立が図れることです。

仕事をこなすために授業は短時間、学ぶ年度も1年以上という違いもあります。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧