東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の男女比は?

調理師専門学校に通おうかどうしようかと悩んでいるときに通っている学生の男女比がどのくらいなのかが疑問点の一つとして浮かび上がってくる人もいるでしょう。東京の専門学校では一般的にどのくらいの比率になっているのでしょうか。実態をよく理解して専門学校に入学を志願するかどうかを決めるときの参考にしましょう。

男女のどちらが多いのが一般的なのか

調理師専門学校は調理師になるための基本的な素養を磨くことができることに加え、特定の分野の料理人として活躍できるようになるのに必要な技術も習得できるのが特徴です。仕事として調理に携わっていくうえで欠かせない知識も学べるようにカリキュラムが設計されているので、卒業する頃には一人前としての自負を持って就職先を探せるようになるでしょう。

このように調理師専門学校では調理に関わる仕事をしていきたい人のために幅広いことを学べる環境が整えられていて、実践的な力を身につけられるようになっているのが特徴です。就職のためのトレーニングをしたい人に向いているカリキュラムになっているのです。この事実が実は専門学校に通っている人として男性が多いか女性が多いかに大きな影響を与えているので念頭に置いておきましょう。

男女のどちらが多いのかというと、実は男性という学校がほとんどです。料理をするのは女性という印象を持っている人が多いですが、実際に料亭やレストランなどの厨房で料理をしている人は女性よりも男性が目立ちます。言われてみれば気づく事実であっても、家庭では母が料理をするのが一般的なので女性が多いだろうと考えてしまうのはもっともなことです。

専門学校に通って技術や知識を習得し、一人前の調理師として現場で働きたいと考えるのは男性のほうが多い傾向があり、学生の男女比も男性が優位になっているところが多くなっています。

女性のほうが圧倒的に多いだろうと考えていた人もいるかもしれません。調理の仕方について学んで実生活に生かしたい、あわよくば仕事として調理に携わりたいという女性は多いのは確かです。

ただ、プライベートで家庭料理を作るときにもっと美味しいものや体に良いものを作りたいというのが原動力になっている場合がほとんどで、仕事にして手に職をつけ、ずっと稼いでいけるようにしようというほどの意気込みはない場合が多いでしょう。

そのため、調理師専門学校に通うのではなくもっと身近にあって気軽に通うことができるクッキングスタジオや料理教室などを利用する場合が多いのです。プロとして仕事をできるようにする目的で通う専門学校はかえって重荷になってしまうので避けられている傾向があるということは知っておくと良いでしょう。

実際にはどのくらいの比率のことが多いのか

男性のほうが多いとしてもどのくらいの男女比なのかを具体的に知りたいという人もいるでしょう。正確な比率は学校ごとに異なるので一概には言えませんが、東京都内にある調理師専門学校では大体6対4から7対3くらいの比率になっています。

極端に男性が多いというわけではなく、教室の中を覗いてみると男性のほうが多そうだと感じる程度の差しかないのが一般的です。これは女性の社会参加が求められるようになってきた影響を受けて、料理に興味を持っていた女性が専門学校で学んで就職しようと考えるようになってきた影響が大きいでしょう。

結婚や出産などで離職しても仕事に復帰できるようにするために資格を取得しておきたい、手に職つけられるような技術を身に付けたいといった理由で選んでいることが多いのが特徴です。早い場合には高校に進学せずに専門学校で学ぶことを選んだり、高校を卒業してから調理師を目指すために専門学校に進学したりしています。また、結婚などで仕事を辞めてから専門学校に通うというケースもしばしばあり、幅広い年齢層の女性が通っているのが実態です。

男性の場合にも似たような傾向があるのは確かですが、最初から調理師としてずっと頑張っていこうと考えていたケースと、転職したいと考えて調理師になることを選んだケースに二極化されている傾向があります。そのため、とても若い世代の人たちが多く、その中に30代、40代の人が散見されるという学校がほとんどです。

男女がそれぞれの人生計画の中で調理師専門学校に対する魅力を見つけているので男女ともにそれなりの人数が集まっている状況があると捉えておくといいでしょう。現状としては特に男性が減る傾向も女性が増える傾向もなく、6対4から7対3くらいの比率でどの学校も横ばいになっています。

コースによって比率が違うこともある

調理師専門学校ではいくつかのコースを用意しているのが一般的です。一年間から三年間くらいのカリキュラムになっていて学べる内容が異なっているコースがあり、さらに夜間コースを設置している学校もあります。

コースの内容はあくまで調理師全般という場合もありますが、パン作りや製菓に特化したコースを設置していることも多くなりました。このようなコースの違いによって男女比に違いがある場合が多いことも知っておくといいかもしれません。

一般的な総合的に調理について学べる2年から3年のコースに比べると一年間の短いコースでは女性の姿が目立つ学校が多くなっています。比率としては6対4で男性のほうがやや多いか、ほぼ同数という傾向があるのが実態です。

本腰を入れて生涯のキャリアを作るために本格的に学ぼうという傾向が強いのが男性の特徴であるのに対し、女性の場合には仕事をするための基本技術を速やかに身につけたいというケースが多いのが特徴になっています。一年という短期間で就職に役立つ知識や技術が手に入るなら通ってみようという気持ちで入学することがよくあり、女性比率がやや高くなる傾向が見られました。

一方、夜間コースについては男性の比率が高めで、9対1から7対3くらいになっているのが一般的です。今の仕事を続けながら通いたいというケースが多いのが理由で、昼間は仕事をしている影響で通えないから夜間コースに行かざるを得なくなっています。

また、パン作りや製菓のコースでは女性比率が高く、4対6くらいが平均的になっているのが現状です。パンやお菓子を作るのに小さな頃から憧れを持っていたという女性は多く、専門学校に通ってみようと思い立ったときに見つけて選んでいるパターンが目立ちます。また、子育てなどの余力ができてから何か仕事を始めたいと考え、子供にお菓子を作ってあげられるようになりたいという考えで通い始める人も少なくありません。このような理由で女性が入学するケースが多くなり、男女比が逆転する状況が生まれているのです。

 

調理師専門学校に通っている人の男女比は全体的に見ると男性のほうが多く、東京の学校ではおよそ6対4から7対3になっています。女性のほうが料理に興味を持つのではないかと考えがちですが、プロの調理師になって生計を立てられるようにするという強い意気込みで学校に通うのは男性のほうが多いのです。

女性の場合にはクッキングスタジオや料理教室に通うケースが多くなっています。ただ、結婚や出産などで離職してから仕事に復帰するときに役に立つ技術や資格を手に入れたいと考えて調理師専門学校に通う女性も増えました。特に女性から人気が高いのはパン作りや製菓のコースで、男女比が逆転する状況が生まれています。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧