東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の受験資格とは?

東京にあるレストランや料亭の料理人になりたいと考えたとき、弟子入りではなく、専門学校で学ぶことを選択したい方もいるはずです。しかし、調理師専門学校を受験するためには条件があるのでそれをクリアしていなければいけません。

そして、まったく資格がない方が調理師専門学校に入学するためのルートの説明もするので、読んでいただければ諦めずに済むということが分かるはずです。かなりの努力が必要ですが資格がなかったとしても最短ルートを選べば、今年や来年に入学できる可能性もあるでしょう。

調理師専門学校の受験資格は高卒

調理師専門学校と定義されているところに入学したければ、高校を卒業していることが条件となります。中卒の方が願書を送ったとしても、書類選考で間違いなく落とされてしまうので気をつけましょう。しかし、中卒でも入学できるところがあると聞いていたため、びっくりしている方もいるでしょう。

たぶん、話に聞いたところは料理を教えてもらえる施設でしょうが、専門学校ではない確率が高いです。その理由は調理師に関することに限らず、専門学校と呼ばれているところは高卒の資格が必須となっているからです。従って、中卒でも入れるというのなら、それは専門学校という教育機関ではないのです。中卒では受験資格がないことを確かめたいのなら、お目当ての調理師専門学校の公式ウェブサイトを訪れてみましょう。

そこには、募集要項が載っていて、高卒の資格が必要なこともハッキリと記載されています。たとえすばらしい料理の腕前があったとしても、学校が求めてくる受験資格は変わることはありません。なお、中卒では一般の専門学校には入学することはできませんが、高等専修学校なら入学が可能です。

高等専修学校は中卒の方を対象として、専門的な知識や技術を教えてくれる教育機関となっています。その高等専修学校には調理師コースが用意されているところもあるので、中卒の方はそちらを目指すのもよいでしょう。

ただし、高等専修学校には、専門学校のように数が多くはないという問題があります。そのため、利用を考えるのなら、まずは調理師コースがある高等専修学校を調べてみましょう。もしも、近くにないのなら、違ったルートで入学することを考えたほうがよいかもしれません。高卒でなければ受験する資格がないと考えてしまい、高等専修学校に通えない方は、料理人の夢はかなわないと思う方もいるはずです。

確かに、そのままでは専門学校という教育機関を経由して料理人になることはできません。しかし、がっかりしていても何も始まらないので、本当に入学を考えているのなら、受験資格をゲットすることを考えましょう。そうはいっても、三年間も普通の高校に通学するというのが、ハードルが高すぎて絶対に無理だという状況もあるはずです。

ある程度の年齢になっているのなら昼間に現役生と一緒に通うのはつらいものがありますし、年齢層が幅広い夜間学部でも毎日通うのが時間的に難しい場合もあるでしょう。そのときは、高等学校卒業程度認定試験に合格をするか、自宅で勉強できる通信制の高校への入学を考えましょう。

高等学校卒業程度認定試験の合格も受験資格になる

入学を考えて動き始めたのが、五月になっていない時期ならその年の十月に間に合う可能性があります。そして、動き始めたのが九月になっていない時期ならば、来年の四月に間に合う可能性もあります。高卒の資格がそのように簡単に取れるわけはないと考える人が多いでしょうが、高卒ではなく高等学校卒業程度認定試験の合格を目指せばよいのです。高等学校卒業程度認定試験に受かれば、高卒を条件とするところの受験が可能なので、すべての専門学校にチャレンジできるようになるのです。

しかし、五月に開始して十月に受験できるようになるというのは、いくらなんでも期間が短すぎると思う方もいるでしょう。受験できるようになる秘密は、高等学校卒業程度認定試験は毎年二回おこなわれていて、八月上旬と十一月上旬に実地されていることにあります。八月の試験を受けるためには五月の上旬まで出願する必要があり、十一月の試験を受けるためには九月の上旬まで出願することになります。

つまり、五月に試験に申し込み合格をすれば、十月から授業が始まる調理師専門学校に入学できるのです。そして、十一月のほうも同じ理屈で、次の年に受験できる可能性があります。難易度は高いですが最短ルートなので、とにかく早く料理人になる勉強をしたいのならチャレンジをしてみる価値はあるはずです。

ただし、すべての調理師専門学校がギリギリまで出願を受け付けているわけではないので、最短ルートを狙って思い通りになったとしても、入学したいところは願書の受け付けを締め切っているかもしれません。そのときは、入学が間に合うところを選ぶか、一学期見送って希望していたところに入るか、じっくりと考慮したうえで自身の将来について決断しましょう。

なお、年によって高等学校卒業程度認定試験がおこなわれる日程は異なるので、受験を考えるのなら必ず確認することが大切です。高等学校卒業程度認定試験は国家試験で、文部科学省が開催しているため、そちらのホームページを見れば日程を確認できます。どのような試験なのかはもちろん、資料や願書の入手方法もきちんと載っているためチェックしておきましょう。

通信制高校を卒業しても調理師専門学校に入れる

調理師専門学校に入るためには、普通の高校を卒業して、高卒の資格を取らなければいけないと思っている方もいるでしょう。しかし、通学する日数を最小限に抑えて、自宅で勉強できる通信制高校でも高卒の資格を取得することが可能です。通学でも通信制でもまったく同じ高卒の資格なので、取得すれば受験条件をクリアしたことになります。

自分で自由にスケジュールを組んで、勉強ができるため働きながら受験資格を得たい方にもピッタリです。時間がかかっても最終的に調理師専門学校に入学できればよいのなら、通信制高校の利用も考えましょう。なお、基本的には三年間所属をしたうえで、必要な単位を全部取得すれば高卒の資格を得られます。

ただし、高校を中退した過去があるのなら、そのときの単位が利用できる可能性があるので、もっと短い期間で高卒になれる可能性もあるでしょう。なお、通信制なので、自身が住んでいるエリアではなく、遠方のエリアにあるところを選ぼうとするかもしれません。

しかし、スクーリングという通学をしなければいけない授業があるので、通いにくい遠方のエリアの通信制高校を利用するのはおすすめしません。スクーリングを受けなければ単位を取得できず、卒業ができないため、調理師専門学校に入学するという夢が遠のいてしまいます。そのため、できる限り早く調理師になりたいのなら、できる限り早く卒業ができる通信制高校を選ぶことが大切です。

 

調理師専門学校を受験するための資格は、どこも高卒が必要になっているため中卒の場合は願書を受け付けてはもらえません。しかし、高等学校卒業程度認定試験や通信制高校といったルートも用意されているため、高卒の資格を持っていないというのならば、それらを活用して入学することも考えましょう。詳しい受験資格は公式ウェブサイトの応募要項に載っているので、料理人になるための勉強を教えて欲しいところがあるのなら、まずはチェックをしてみましょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧