東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

栄養士の資格も取れる調理師専門学校は東京にある?

栄養についての資格が取りたい、そうした場合には東京でも資格が取れるのでしょうか。取れるにしても気になるのは、講師の存在であったり、カリキュラム、学費の問題などもあるでしょう。さらに、資格を取ってからの就職というのも気になるもので、そうしたことも抜かりなく確認しておきましょう。

取得できる資格も実にさまざまにある

食に関する職業に就きたいと考えたとき、行動としては調理師専門学校に入学することではないでしょうか。東京にも歴史や知名度を誇る、そうした調理師専門学校が数多く開校しています。調理に関することを知りたい人が入学するのですが、働く場所を選ばないことも魅力のようです。

どこにでもある飲食店やホテルの厨房で働くことができる他にも、料理のジャンルによっては、日本料理のみならず、フレンチやイタリアンなどの専門店でも活躍ができるでしょう。もちろん、調理師というだけあって、いずれは自分の店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。

今は、東京のみならず海外に修行に出向くことができます。また、飲食店ばかりではなく、学校給食の調理師としてや、少子高齢化によって需要増ともいわれているのが、介護・福祉施設での調理です。ちなみに、調理師専門学校を卒業してからも、いろいろな資格を取ることができるといいます。

もちろん、国家資格となる調理師免許を取ることができますが、実務経験が必要な資格も存在。その場合には、卒業をして、就職してから目指すことになるのですが、調理技能士であったり食生活アドバイザーなどの資格を目標に就職先を選択することもできるようです。

特に注目度の高さからいえば、需要増ともいわれている介護・福祉施設での調理で、就職では人気の業種になります。東京に開校している調理師専門学校では、調理についての知識のみならず、栄養学や衛生管理などの知識や技能も勉強するのだとか。料理をする人というイメージもあるでしょうが、健康についての知識も必要不可欠であることも理解できます。

こうしたことからも、調理師にはいろいろな知識も必要不可欠なものであり、栄養についての資格取得があってもいいのではないでしょうか。もちろん、そこそこで料理のジャンルに特化した学科があるようですから、進むべき道が定まっているのならば、適した選択もできるでしょう。

そこでならば、より専門的な知識と技術をムダなく習得することができるのではないでしょうか。例えば、東京にあるのが調理製菓専門学校で、製菓というだけあってスイーツをメインに授業が展開されています。

もちろん、いろんなグルメについて勉強することもできます。パティシエの資格も取れるのならば、介護・福祉施設で大いに期待されるであろう栄養士の資格が取れるところもあるのではないでしょうか。もちろん、調べてみれば、学科・コースを設けている調理師専門学校が東京にも開校しています。

タメになるカリキュラムを組んでいる

栄養士の資格を取れるのならば、それだけ指導する講師陣の実績にも差があるのではないでしょうか。実際に、調理師として活躍してきたベテランともいえる講師が指導してくれるようです。知名度だけで実際には大したことがないレベルでの教育をイメージしているのならば、教育環境がしっかり整っていることをオープンキャンバスなどで確認してみましょう。

ちなみに、資格を取れるところで、もっとも知名度を誇るのはテレビや広告媒体などのメディアに出演する学校長がいるところです。料理人を目指す人の中にも、料理番組で学校長の名や存在を知った人がたくさんいるようです。もちろん、知名度だけをウリにしてはいません。設備サポートが東京の調理師専門学校の中でクオリティが高いとまでいわれています。プロが愛用している、そうした設備・機器が導入されているようです。

ここの学科・コースには調理師本科のみならず、栄養士科(2年制)も用意されていて、調理ができる資格者をウリにしているようです。独自のカリキュラムも魅力的で、さまざまな実験・実習などによって培ったノウハウは、卒業後、無試験で国家資格となる免許が取得できます。即戦力で活躍したい、そうした人を支援するために第一線で活躍している講師を招いた特別授業も展開しています。

ちなみに、こちらでは「管理栄養士」の資格を取るために全面支援をおこなってくれているので、道や夢が定まっている人には最適な環境ではないでしょうか。介護・福祉施設という就職先のみならず、この資格があれば、給食管理・食品会社のフードコーディネーターなどの職種にも携わることが期待できるといいます。

栄養士科(2年制)のカリキュラムを見てみれば、基礎を定着させながら、実習・実験を繰り返すようです。どこの調理専門学校でもおこなうであろう、和・洋・中の調理実習もあれば、栄養教育実習など実技・実習重視のカリキュラムがウリのようです。これによって卒業後、すぐにいろんな食のフィールドで活躍できる力が身につくのです。

1年次では、調理学や食品学総論など、いわゆる専門知識を身につける土台を勉強する年次です。2年次では、働くための実践的な実習、病理学や生化学などの専門科目をしっかり学ぶようです。ちなみに、こちらでは特別講座を開講していて、各分野のエキスパートが講師として授業をしてくれます。現場の声を直接聞けるのは、この機会でもない限り少ないはずですから、タメになるでしょう。

勉強するための教育費という金銭面

1年次で基礎となる料理について勉強して、2年次で専門分野に分かれるといったステップアップするカリキュラムが組まれていますから、進みたい道が具体的でなくともじっくり考えることができる、そうした卒業生の声も聞かれています。もちろん、栄養士の資格も取れる調理師専門学校というのは、取得支援資格を設けているかどうかということもあるでしょうから、事前にパンフレットを取り寄せるなどして確認しましょう。

ちなみに、教育費の平均は1年間で130万円程度だといいますが、参考程度にとらえておきましょう。栄養士科(2年制)もあるところでは、全納のみならず、4回分納があったり、教育ローンや奨学金の利用も可能だといいます。2年間の教育費はこちらの場合だけでいえば300万円程度です。

卒業後のことも考えれば、調理のできる栄養有資格者が求められるフィールドが限りなく多いため、こうした調理師専門学校を選択するのもありでしょう。幅広い分野で卒業生が活躍しているともいいますし、現場を知る一流の栄養士の指導が受けられるのならば、実社会で役立つことは間違いないのではないでしょうか。卒業したのと同時に無試験で国家資格となる栄養士になれる、それだけでなく、卒業後の実務経験を3年以上積むことによって管理の道も切り開くことができるといいます。

 

調理師になりたい、そうした道や夢もあるでしょうが、それだけでなく、食にまつわるさまざまなフィールドで活躍したい考えで、栄養士の資格も取りたい、そうした人もいるでしょう。そうした希望を叶えてくれる調理師専門学校が東京にもあるといいます。

もちろん、専門知識や技術の勉強をするだけあって、教育費は決して安くはありません。それだけに支援は抜かりなくおこなってくれるようです。調理師の免許も取りながら、他にも将来性のある資格が取れるならば、そうした調理師専門学校を選択するほうがいいかもしれません。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧