東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の面接対策をしよう

東京で調理師専門学校に入学したい場合には、面接に合格する必要があります。

ただそのためには、傾向を理解しておく必要があるでしょう。

調理師専門学校の場合でも、ほかの専門学校と質問される内容はほとんど変わりません。

そのため、事前にどのような質問があるかを調べておくだけで当日焦らずに済むでしょう。

 

志望動機は確実に聞かれる

東京の調理師専門学校の面接で必ずといってよいほど質問される内容は、志望動機です。志望動機は、受験のときだけでなく会社などの就職試験の際にも質問されますので一定の形を理解しておく必要があります。

このとき、間違えた志望動機の内容として「家から近いから選びました」という答え方があります。確かに、専門学校を選ぶときはわざわざ遠くのところ選ぶことはないでしょう。多くの場合、家からの距離で選ぶはずです。片道1時間半かかるところよりも30分以内で行けるところを選ぶのが普通です。

もちろん、絶対に1時間半かけても通いたいぐらいに魅力がある専門学校がある場合には、時間をかけてでもそちらにかもしれませんが、そのような事情がない限りは近くで選ぶことが多いものです。ですが、だからといってそれを面接のときに説明してはいけません。

また、「ほかの専門学校よりも学費が安かった」という答え方も妥当ではありません。確かに、家庭の事情などで学費の高いところに行くことはできないこともあるでしょう。それが事実だったとしても、それを志望動機として面接の場でおこなってしまうとマイナスに評価されてしまいます。

ではどのようなことを話したらよいかといえば、その専門学校でなければ実現することができない夢があるといったような内容がよいでしょう。例えば、調理師専門学校の中にも、スイーツを専門につくるところもあります。同じ調理に関する専門学校でも、そこまで特化したところはそれほどないでしょう。

そこで、単に料理をつくりたいといったものでは答え方がぼやけていますので、「スイーツをつくって多くの人に喜んでもらいたいからです」というものや、「将来的にスイーツのお店を開きたくてその内容を専門的に学べる貴校を選びました」いうものならば相手を納得させることができます。このように、志望動機を話すときは可能な限り具体的に、そしてその専門学校でなければ実現できないような夢を持っていることを伝えると良いです。

このとき、質問に答えられたとしても、あいまいな答え方をしてしまうとさらに質問を突っ込まれてしまい、緊張してこたえられなくなってしまうようなことがあるかもしれません。そこで、相手の質問に答えるときにある程度具体的な内容を伝えておく必要があります。

どのような意味かといえば、例えば志望動機を控えた場合「お菓子の勉強がしたかったからです」などと抽象的なことを述べてしまうと「どのようなお菓子の勉強がしたいのですか」などと質問されることがあります。このとき、相手から質問をされないようにするためには、可能な限り具体的な内容を返答することです。そうすれば、突っ込みがなくなるでしょう。

志望動機を考えるときには、専門学校のホームページやパンフレットなどを見ておくことが大事なります。その中で、その専門学校がいったいどのような強みを持っているのかあるいはほかにはないカリキュラムとはどのようなものかを調べておくと面接対策をする場面でとても役に立ちます。

 

専門学校に入って何をしたいか

調理師の専門学校の面接では、実際にその専門学校に入ってからどのようなことを学びたいのかを問われることがあります。このような場合、「何となく過ごしたいです」と返事してしまうと、あまり良い印象を与えることはできません。なぜなら、自主性がないだけでなく具体性もなく相手によい印象を残すことができないからです。

どのようなことを学びたいかと質問された場合、実際に具体的な勉強のジャンルを挙げてそれに取り組みたい旨明確にしておきましょう。例えば、洋菓子を専門的につくりたい場合には、それを告げる必要がありますが、つくってどうしたいのかまでこたえられるとなおよいでしょう。趣味として学びたいのか、それともプロになってより多くのお客さんを喜ばせたいのかによって面接官の印象も随分と異なります。当然後者のほうが、より良い印象を与えることになるでしょう。

やはりこのときも、可能な限り具体的に返事をすることが重要です。例えば、洋菓子をつくる場合にはどのような洋菓子をつくりたいのか、そして将来的には就職をしたいのかそれとも独立をしたいのかなどと問われた場合でも、すべて答えられるように準備しておくのがよいです。独立をしたいならば、独立をしてどこにお店を構えてどのような商品をお客さんに届けたいかなどとある程度具体的なプランを説明すると相手も納得しやすくなるでしょう。

ですが、中にはそこまで具体的なプランが決まっていない人もいます。入学してからの将来的なプランが決まっていないにもかかわらず、無理に夢があるといった内容の話をしてしまうと、その話から多くの矛盾が生じてしまう可能性も否定できません。それよりも、わからないものはわからない、あるいは決まっていないとすれば決まっていないと誤魔化さずに伝える必要があります。わからないといったからといって、専門学校に不合格になるとは限りません。

 

自己PRも頭の中にいておく

最近の面接では、自己PRをするようなところもあります。自己PRとは、自分の良いところを相手に伝えていくものです。一見簡単そうに見えますが、なかなか自己PRは簡単ではありません。

まず、自分自身の悪いところはわかっていても、良いところはなかなかわからないものです。なぜかというと、日本では長所を伸ばすような教育をしておらず、短所を克服する教育ばかりだからです。

短所を克服する教育においては、現在の短所がどのようなものかわからなければいけません。すると、自然に自分の短所が頭に入ってきます。例えば、数学が苦手な人がいた場合、その人の短所はある意味数学の学力に関することですので、その部分を伸ばしていけばいうことになります。

ですが、その人の長所が何かといわれればなかなか難しいでしょう。得意なものがあればよいですが、だれもが人よりもすぐれて得意なものがあるとは限りません。もちろんこれは、勉強の得意科目に限らずプライベートでも人よりすぐれているものを自分自身でわかっている人は少ないわけです。

そこで、自分の長所を事前に確認をしておく必要があります。自分の長所は、自分自身ではなかなかわかりにくいため第三者に話しを聞いてみると良いでしょう。まずひとつは、家族から聞くことです。特に、両親から話を聞くことができればその人の良いところがわかりやすいでしょう。それを自己PRにすることで、十分な面接対策になります。

また、友達などにそのような話しを聞く機会があればぜひ聞いてみると良いです。友達といっても、遊び友達ではいけません。遊び友達では、そこまで真剣に話しを聞いてくれることがないからです。それよりも、本当に信頼できる友達に話しを聞いてみれば意外な答えが返ってくる可能性も少なくありません。

 

東京の調理師専門学校の面接で、必ずといっていいほど聞かれる内容のひとつが志望動機です。このとき、月謝が安いからやあるいは家から近いからという理由では志望動機になりえません。その専門学校でないと学ぶことができないことをひとつ見つけて、それを志望動機にするのがよいです。

それ以外にも、学校に入ってから何をしたいかということや自己PRなどを発表しなければならないことがあります。それぞれ事前に対策を立てておけば安心です。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング