東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の受験に偏差値はどのくらい影響する?

調理師専門学校へ入学するためには、入学試験を受験する必要があり、それに合格した人がその専門学校に通うことができるようになります。実際に利用する人が多い一般入試の場合は、高校卒業程度の学力があることが必要最低限の条件となっています。そのため、調理師になるために学ぶ専門学校ですが、そこの入学試験は一般教養を中心に問題を出題。では、このように調理師専門学校の入学試験を受験する場合、自分自身の偏差値というのはどれくらい関係してくるものなのでしょうか。

そもそも偏差値って一体どういうものだろう

よく、入学試験の場合には自分の偏差値に合っている学校に通うべきだと言われることも少なくありませんが、そもそも偏差値とは一体どういうものなのでしょうか。実は、この数字は自分がそのテストを受ける集団の中で、一体どれくらいの位置にいるのかというのを表している数字となっています。

テストの結果を見る場合、平均点を出されることも少なくありませんが、この点数だけだと自分が平均点以上以下か、それしか分かりません。しかし偏差値であれば、平均点を偏差値50になるように変換するので、その50のところからどれくらい良いか、悪いかというのを客観的に判断できるようになります。

なかなか自分の実力を把握できないという人もいますが、この数字を見れば受験生全体の自分の学力というのがどれくらいの位置にあるのかも簡単に把握できるのです。だから、大学受験の場合などはこの数字を見て、それに見合っている大学や学部、学科を選んで受験するのが一般的です。

ただ、基準が50となっているものですが、大体多くの人は25から75までの間に収まるというのが一般的となっています。ただ、自分の学力の位置を知るうえで非常に万能な数字にも見えますが、決して完璧というわけではないので気をつけましょう。

そもそもこの数字自体は確かに自分の位置を把握するためには非常に分かりやすいものになっていますが、テストを受けた人が少ないとあまり利用価値は高くならないからです。また同じテストを受けた集団の中であれば比較しやすいのですが、違うテストを受けた集団の間ではあくまでも目安になるだけで、公平に判断できるわけではありません。

専門学校に進学するためには学力は必要なのか

通常大学の入試では、筆記試験が多くおこなわれており、その学部、学科によって試験の科目や内容は大きく違っています。もちろん専門的な内容を学ぶだけでなく、幅広い知識を得るためにも学ぶので、大学入試ではどれだけ基礎学力があるのか、これが非常に重要なポイントになってきます。だからその人にその学校の受験資格あがるかどうかを判断する基準として、目安となる学力が発表されています。

ただ、専門学校に関しては大学のように基礎学力があるかどうかを重視されるとは限らず、あまり問われない場合も少なくありません。もちろん全てのところが基礎学力を重視していないわけではなく、例えば看護や福祉などの医療系の専門学校の場合はある程度の学力が求められます。公務員専門学校や会計の専門学校などでも、卒業後の進路で必要となる資格を取得するということから、ある程度の学力は求められています。

だから、もし自分が通いたい専門学校について調べた場合に、求められている偏差値がない場合は、勉強して必要な水準に自分を持っていかなければなりません。しかし仕事にはいろいろな種類があり、資格を取得する必要はあったとしても、仕事をするうえでそれほど学力を問われない職種も存在しています。

例えば美容系や調理系、美術系などはその人の学力よりもセンスの有無のほうが重視される場合も少なくありません。そのため、このようなタイプの専門学校でも入学試験はおこなわれていますが、その際は学力をしっかりと問うことは少なくなっています。

ただどの人でも簡単に入学できるというわけではなく、これらの専門学校では志望動機、つまりやる気がどれだけあるかというのが重視される傾向です。だから筆記試験の対策をする必要はありませんが、作文や面接試験で志望動機を問われるので、作文、面接対策をおこなう必要が出てきます。

これらの対策を講じていないと、作文で自分の言いたいことが書けずに支離滅裂な文章になってしまう可能性も十分出てきます。また面接の際の問いにも答えることができなくなってしまい、結果的にその専門学校に合格できなくなる可能性もあるので注意しましょう。

将来進む分野と偏差値の大きな関係

東京にも数多くの専門学校がありますが、それぞれの専門学校で偏差値を重視する場合としない場合があるので注意しましょう。基本的には、将来進む分野であまり学力を問われることはなく、それよりも技術があることのほうが要求される場合は基礎学力はそれほど重視されません。

また、調理師専門学校の場合は、ただ単に料理を作れるようになるというだけでなく、将来的には調理師となって活躍することを見据えています。したがって、学力よりもやる気、そして技術を身につけるためにしっかりと努力できそうな人かどうか、忍耐力はありそうかどうかというのがチェックされる傾向です。

だから入学試験に関しては学力テストがなされるわけではなく、多くの場合は面接中心で試験がおこなわれているか形となっています。もちろん筆記試験もあわせておこない合否を判断する形が多いのですが、基本的には試験対策としては面接対策を重点的におこなっておくほうが良いでしょう。調理師専門学校では、筆記試験よりも面接試験を重視して入学試験をおこなっている傾向があるからです。

また、調理師の仕事自体はただ料理を作ることができれば良いというわけではないので、その点もよく理解しておくと良いでしょう。実際に調理の現場では自分だけで料理を作るのではなく、他の人と一緒に働き料理をしていく形となっています。

だから、自分だけで作業を黙々と進めるのではなく、周りの人とコミュニケーションをはかりながらいろいろと進められるかどうかというのがチェックされます。調理の技術は入学後に身につけることができるのであまりチェックされませんが、コミュニケーションスキルがあるかどうかは重視される傾向となっています。

ついでに、調理師専門学校では確かに基礎学力ではなくその人の人間性とかやる気、コミュニケーション能力があるかどうかがチェックされる傾向です。

しかしこれらの条件を満たしていれば、学力なんて全く必要ないかと言ったら決してそういうわけではないので気をつけましょう。確かに偏差値は設定されていないし受験にも影響ありませんが、食品に関する法律とかルールとかも学ぶ必要があるので、学力はあるほうがより勉強内容を理解しやすくなるからです。

 

偏差値はその人自身がその集団の中でどれだけの位置の学力があるかを客観的に把握することができる数字のことを言います。基礎学力を必要とする大学受験などでは結構重視される数字で、学校選びの際の参考として利用する場合も少なくありません。

また専門学校でも医療や公務員、会計などの仕事に将来就く場合は学力を問われることが少なくないので、入学の際もどれくらいの基礎学力があるかチェックされます。反対に調理や美容などは学力よりも技術などが重視される職種なので、入学に際しても筆記試験よりも面接のほうが重視される傾向です。だから調理師専門学校の試験に関して言えば、偏差値はほとんど影響することはなく、それよりもその人のやる気やコミュニケーション能力などがチェックされます。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧