東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校で接客を学べる?

料理のプロになれることができる調理師専門学校は東京でもたくさんあるために、どこを選んでいいのかわからないこともあります。

自分の将来性を左右する学校選びをするには、調理技術だけではなく経営学や接客などもしっかり学べるかをしっかり調べましょう。

 

飲食業でも重要性が高い位置にある技術

専門技術でもある調理師免許を取得して仕事をする人の中には、若いうちに独立をして店舗を構えていきたいという志の人もいますし、しっかりと飲食業を現場で学んでから独立をしたいという考えの人もいます。

近年はインターネットの普及によってネット検索からお店を探すことや、クーポンを利用するにもスマホがあるので紙を切り取って利用する人は少なくなりました。ネット情報ではお店のランキングや利用者のコメントなどが載っていることから、飲食店では美味しさプラス接客などのサービス対応が重要な世界といえます。

ネットの口コミサイトで噂が良いほうにでるためには、ひとつのお店としてプライドを持ち従業員にも徹底したサービスの追及を教育していくことです。将来的に飲食店を経営したいと考えている人は、味の満足は従業員の対応まで入ってくると思っていても過言ではありません。

店員一人の悪い態度でお客を失うことになりますし、反対に良い態度によって満足させることができると肝に銘じていくことでお店が繁盛します。調理師専門学校では調理技術の他にも接客を学ぶことで、一人でお店をやる場合でも従業員を抱えてやる場合でもサービス業としての本質を知ることができます。

来店しているお客が不快感を覚えるのは、料理の値段や質という面よりも多くは従業員の対応や態度があるので、徹底した店舗教育をしなくてはいけないです。学生でいる間にお客へのコミュニケーションとして理解をしておくことで、クレームが入ったとしても問題ありませんし、従業員も同じように成長することができます。

またマニュアルにするとわかりやすくスムーズになりますが、やはり人と人との会話なので臨機応変にこなせることが一流への近道です。例えば、ウエイターやウエイトレスがクレームを受けたときに、マネージャーなどの立場ではマニュアルの対応と、状況によっていかに満足をしてもらえるかを考えなくてはいけません。これは現場などで経験をしなくては上手にできないことですが、少しでも専門学生の内に心構えとして身につけたいことです。

 

何が基本的なポイントになるのか

調理師専門学校で学ぶカリキュラムでも接客というのは、どのような学び方ができるのかポイントを絞って覚えることです。

最低限のサービス提供ということで覚えておくのは、一つ目は「笑顔」になり、テーブルに案内する注文を聞く、会計をお願いするなどの対応でも基本になります。笑顔があるからこそお客もまた来店したい気持ちになりますし、その笑顔に促され話しかけてコミュニケーションをとりたくなる人も少なくありません。そうなるとお店のファンができるためリピートして来店してくれますし、忙しい時間帯で料理が遅れたり満足度が低くなっても笑顔で対応すると許してくれることもあります。

二つ目は来店してくれたお客にする「対応」なりますが、これは礼儀正しい対応ということが第一に意識しないといけないことです。言葉遣いひとつで相手が気持ちよくなってくれるか不快になるかは決まってきますので、礼儀正しい言葉で対応をすることで人気のお店になることもできます。特にネットに出ている口コミでは「店員」についての悪評だけでお店の評価になっていますし、礼儀正しい対応をすることは評価が高いです。

また礼儀正しいということは、同年代から横柄な態度をとられたとしても、年配の人や高齢者からは同じ目線で接してくれるようになりますので、従業員として敬意を表すようになります。そのことがお店の評判にも繋がりますし、ひとつの言葉遣いで大きな変化を感じるようになれると近づくのは一流です。

三つ目は「服装」で清潔感のある服装をすることで、美味しい料理がさらに美味しく感じるようになります。中には制服を用意するお店もありますし、私服の上から専用のエプロンだけ着用していることもあるので、髪型なども含めて自分の服装は重要なポイントです。ちょっとしたことでも服装に清潔感がなくては、せっかく来店してくれているお客からも嫌悪されることになりかねません。これは自分から出ている臭いなども同じで、汗臭いのは論外ですし香水なども使用しないことで、清潔感を保つことができます。

 

すべて実践で覚えることで身につく

初めての人だと接客を身につけるには実践で覚えることが一番ですが、もちろん失敗はお店のお客を失うことに繋がります。調理師専門学校で学ぶことができる接客は講師の先生がマナーを教えてくれますし、言葉遣いも丁寧になるように指導をしてくれることで社会で通用する人材になれます。

自分勝手な考えを持っていると「料理は美味しければいい」という失敗してしまうケースの人間になる可能性もあります。お店が混んでいる場合には「申し訳ございません、もう少しお待ちいただけますか」などの声かけが必要となりますし、楽しみにしてお越しいただいている感謝の気持ちを表すことです。

調理師専門学校では店舗と提携をすることでより実践を多く積める学校もあり、飲食店の経営者を目指す人に対して経営能力をつける人材に力を入れている学校もあります。それぞれの特徴がでているため専門学校選びは体験会に参加して、調理技術だけではなくどのような特徴をもっているのか知ることがベストです。

メニュー表ひとつでも見やすいものを用意しているのか、ひとりひとりが手に取れるように複数のメニュー表を用意しているかなども接客のひとつになります。オーダーの受け方にも基本があり、呼ばれてからオーダーを受けるのではなく「注文はお決まりですか」と聞けるように気を張っておくことです。また「ありがとうございます」という一言が当たり前でいて忘れてしまうこともあるので、常に意識をしてトレーニングをすることになります。

実践で覚えることができるのは、お客がいるといういつもと違う緊張する状況で何でもやっていくことが大きなメリットです。ネットからの投稿でお店の善し悪しがつけられる時代において接客を覚えることや、人間力を磨くためのコミュニケーションは必須なことになります。

また一人では仕事をすることができないのも飲食業の特徴で、お客はもちろん従業員がいたり食材を提供するお店とのやり取り、宣伝をしてもらう媒体との連絡などあります。ひとつのお店として見られている反面、ひとりの人間としてどのような人なのかを見られていることを忘れないようにすることです。たくさんの人材を輩出する調理師専門学校でも実践を重視しているので、少しでもマナーのある一流の調理師や店舗経営ができるようになります。

 

接客マナーは実践での経験で身につけることができますが、スペシャリストを養成できる調理師専門学校で重視してもらうことがベストです。学校で覚えるのは基本的な笑顔や礼儀、また清潔感をクリアして対応力を付けることによって即戦力としての人材になることができます。

実際の店舗と提携して実践力を磨くことができるシステムを採用している学校がありますし、たくさんの時間を学校との連携でやっていくことでアドバイスをもらうことも可能です。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング