東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

東京の調理師専門学校の入試内容とは?

調理師になるために専門学校に入学したいと考えた時、気になるのは入学テストがどんな内容で行われるのかという点です。

東京の調理師専門学校の場合は、他の専門学校と同様で「一般入試」の他に「推薦」「AO」によるところがほとんどです。

大学や短大を同時に受験する併願制度を利用する方は、一部例外を除き一般入試での受験となります。

 

一般入試の内容は?どんな事が重視される?

一般入試では、高校の調査書による「書類選考」「面接」や「作文」などがあります。

重視するポイントは学校により異なっていて、書類選考がメインのところもあれば、大学や短大と同様に「学科試験」を行うところもあります。

「面接」で聞かれるポイントは「志望動機」に関することが多いです。

なぜ調理師になりたいのか、調理師になってどんな事をしたいのか、夢や希望をはっきり伝えられるようにしておきましょう。

また東京で沢山ある調理師学校の中から、あえてその学校を選んだ理由も明確にしておくと良いです。

「作文」を実施する学校についても面接と同様のテーマ、例えば料理に関するエピソードを書いて下さいというような内容が一般的です。

他にも高校時代に熱心に取組んでいたものなど、受験者の熱意や意欲を見るためのものを通して、人となりを判断するケースが多いです。

従って、当日に向けて志望動機や目的など、あらかじめきちんと整理しておくことが大切になってきます。

作文についても実体験をもとに具体的に話を展開し、そこから得られた感動や教訓について述べると良いでしょう。

 

学科試験はふり落とすというより定員に絞るための選抜

東京の調理師専門学校が実施する「学科試験」は、高校卒業程度に準ずる基礎学力を見るためのもので、一般教養科目を中心とした問題が出題されることが多いです。

大学や短大の受験のように、ふり落とすためのものというよりも、入学希望者が定員よりも多かった場合に、定員数を守るための選抜という形をとったものであり、合格には高い学力や偏差値が必要というものではありません。

特に調理師学校の場合は、学力よりも志望動機のほうを重視しているところがほとんどです。

理師の仕事というのは、デスクワークよりも現場で実務を磨くことが多いため、仕事場で同僚たちと良いコミュニケーションが取れる人物かどうかや、前向きに夢や目標に向かって頑張れるタフさが求められるからです。

ただし、学科試験の結果が全く考慮されないわけではありません。

調理師が職務上取り扱うのは人間の口に入るものであることから、食品の取り扱いや安全基準のルールをきちんと理解し遵守したうえで、職務を行う必要があります。

そのため、基礎学力と基礎知識を習得できる学力があるに越した事はありません。

 

推薦で重視されるものは?受かるコツとは?

多くの専門学校で実施されている「推薦」による入試はどんなものなのでしょうか。

推薦はただ単に学力を測るだけではなく志願者の人物や能力、そして意欲などを総括して評価されます。

推薦では「書類審査」に加えて面接や小論文、場合によっては実技試験などを通して合否判定が下されます。

取得した資格や部活動での活動実績など、高校時代にどんな努力や経験をしたかが重視される傾向にあり、面接の場でもそれについて聞かれることが多くなります。

特に生徒会で役員を務めたり、部活動やボランティアなどで熱心に活動した実績があれば、書類や面接時にどんどんアピールすると良いです。

特に面接の際には相手が何を知るために質問しているか、を意識し正しい言葉遣いではきはきと答えるよう努めることが大切です。

スケジュールは10月の下旬頃から始まり、11月中旬頃が試験日となることが多いです。

そして年内にはほぼ入学者が決定しています。

推薦の場合は基本的には「単願」となります。

「併願」を認める学校もないわけではないですが、「単願」の場合は合格したら辞退は出来ないところが多いですので、その点には注意が必要でしょう。

 

AOというのはどんなもの?スケジュールは?

より志の高い学生に入学してもらいたいという専門学校が増えており、ここ最近は調理師専門学校でも「AO」を積極的に実施するところが増えています。

学科試験や調査書の成績評価を重視するのではなく、面接において志願者の志望動機や意欲、将来の夢や目標がしっかりしているかをチェックします。

かつその動機が学校に適したものであるかを重要視します。

AOにより入学することのメリットは、事前に授業を体験できる場合があることです。

プレスクールを実施する学校は現実に増えてきました。

なかには、見学やプレスクールにある一定回数以上参加した志願者に対して、小論文試験の免除や、試験料免除、授業料減額などの特典を設けているところもあります。

「AO」のスケジュールとしては早い学校では6月頃から開始されます。

遅いところでは入学直前の3月まで行っているところもあります。

ピークは7月から8月ですので、その時期までに希望の学校を絞っておくことが必要です。

できるだけ多くの学校のパンフレットを取り寄せて、卒業生の進路実績や授業内容、雰囲気や通学の便利さなどを比較し、自分にあったところを絞り込んでおくことが肝心です。

 

その他の入試にはどんな種類のものがある?

種類としては、前述したもの3つの他に、「特待生入試」や「社会人入試」といったものもあります。

「特待生入試」では、調査書の成績評価や面接等での人物評価が総合的に評価されます。

特に面接では一般試験の面接以上に、高い志や意欲を積極的にアピールすることが大切となります。

自分が勉強したいことだけを話すだけでなく、多くある学校の中でその志望校に強く惹かれた理由などを交えて話すと良いです。

合格すれば学費の減免などを受けることが可能になります。

ただし、入学金や授業料の免除については全額か一部か、内容は学校により異なっていますので、事前に確認をしておく必要があります。

「社会人入試」というのは働いている社会人だけが受験できるというものではありません。

学校によっては、出願資格を「高校卒業者で、社会人もしくは、大学や短期大学・専門学校等に在学している者」と定めているところもあり、アルバイトやパートを含む社会人としての経験の有無に関わらず、出願することも出来ます。

出願ルールの詳しい要件は各学校により違いますので、事前に調べておくことが必要です。

 

受験費用や、しっかり考えるべきこと

気になる受験にかかる料金ですが、東京の調理師専門学校の受験料ないし選考料は、平均10,000~30,000円程度をみておく必要があります。

地方から受験する場合は、移動の交通費や宿泊費なども合わせて予算として考えておくと良いでしょう。

また複数の学校を併願する場合は多くの出費がかかります。

受験料だけでなく、受験にかかるトータルの費用を想定しておくことが肝心です。

入学後に一人暮らしをする必要が生じれば、初期費用はかなりかかってきます。

希望の学校を絞っていく時に、自宅から通える学校にするのか、実家を出て一人暮らしをしてでも通いたい学校なのか、じっくり考えることが肝心です。

加えて、自分にとって調理師という仕事への想いがどれだけ強いか、将来の計画や目標など、再考することも大切です。

若い時代というのは選択肢や夢が沢山あり、なかなかひとつの事に絞るということは難しいかもしれません。

ですが、強い意志と明確な目標を持っている方のほうが、調理師学校での選考で重視されている「面接」においても高い評価を得られることは間違いありません。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング