東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校の授業内容は?

調理師専門学校に通うとどのようなことを学べるのかを知りたいという人もいるでしょう。調理師になるための勉強ができるとはわかっていても、授業内容がどのようなものなのかが想像できずになかなか通い始められない人もいます。

東京にはたくさんの専門学校がありますが、どの学校を選ぶかによっても違いはあるのでしょうか。入学先の選び方との関連性についても理解し、希望に合った形で学習できる環境を手に入れられるようになりましょう。

授業の形式は三つに分けることが可能

まず調理師専門学校の授業は大きく三つに分けることができるということを簡単に理解しておきましょう。授業形式として一般的な高校や大学などでもメインになっているのが講義で、調理師専門学校でも大きな割合を占めています。教室で講師による説明を聞き、知識をつけるのが主な目的となる授業のやり方です。

大抵の学校では講義用の教室が用意されていて、指定した時刻にその教室に行くことで授業を受けることが可能で、数回から十数回程度の講義を通して体系的な知識を習得する仕組みになっています。単位を取得するためには講義に出席するだけでなく、定期試験で一定以上の成績を取ることが求められるのが一般的です。講義の詳しいやり方は学校によっても講師によっても違い、科目によっても適宜適切な方法を選んでいることが多くなっています。

ただ講師をテキストの内容を口頭で説明したり、板書をしながら要点をまとめたりするだけの場合もありますが、ビデオ教材などを使ってわかりやすく具体的な事例を交えながら説明することも少なくありません。グループディスカッションなどを通して講義で得た知識に基づいて考える機会を設けることもあります。

また、学校によっては映像教材で講義を受ける仕組みになっている場合もあり、映像を視聴した後は現場で講師が質問に答えるだけということもあるなど、講義のやり方は多岐にわたっています。調理師を育成するうえでは実技ができなければならないことから、実習による授業も重視されています。

調理実習がメインになっているもので、実際に手を動かして作業をするのが特徴的な授業形式です。基本的な調理器具の使い方や洗い方、手入れの仕方なども実践的に学ぶことができます。調理実習ではテキストに記載されているレシピに従って、用意された食材や調理器具を使って料理をするのが一般的です。

授業中には講師による実演を見られることに加え、不安な点や疑問な点があった場合にはすぐにその場で講師に説明してもらうことも可能。また、必要に応じて手取り足取り教えてもらうこともできるので、一通りの実習を終えたら自分の力で調理をおこなえるようになるでしょう。

調理実習以外にも、このように手を動かした作業が中心の実習形式の授業を取り入れている専門学校も多く、プロとして現場に立つために必要なノウハウを体得できる機会が提供されています。成績評価のために授業の最後に実技試験がおこなわれることも多く、もし技術習得が授業時間内にはできなかった場合などには自宅で自分なりに技術を磨いたり、補習を受けたりすることが必要です。

調理師専門学校では体験形式の授業がおこなわれているところも多くなりました。学校の講義室や調理実習室の中で授業を受けるのではなく、外に出て実務の体験をすることができるのが特徴です。学校が提携しているホテルのレストランや料亭などに行って、実際に調理現場で調理をしている姿を間近で見ることができる、メニューを考案するための会議に出席して意見を出すこともできるなどといった内容が代表的です。

実際に飲食店で働くことを想定してどんな体験をしておくと役に立つかを学校側が考えてカリキュラムに盛り込んでいるのが特徴で、卒業生からの評判も高い授業として知られています。体験形式の授業では、見学が主体になることからきちんと出席していろいろなものを見聞きしたことが重視されるのが普通。そのため、筆記試験や実技試験による評価はなく、出席点のみで評価されるか、レポートの提出を求められるのが一般的になっています。

必須の授業とオリジナルの授業がある

講義、実習、体験のどの授業形式であっても、どの調理師専門学校でも共通で実施している共通の授業と、各専門学校が独自に考えてカリキュラムに組み込んでいるオリジナルの授業があります。カリキュラムをこなして卒業した暁には調理師免許を取得できるようになるのが特徴なので、そのために求められている授業内容は必修になっているのです。

ただ、必修授業だけでは本当に社会に出てすぐに戦力になれるような実力を身につけることができません。そのため、不足する知識や技術を補い、もっと活躍できる可能性がある人材を輩出するためにオリジナルの授業が盛り込まれています。

必須の授業内容としては調理理論や栄養学、食品衛生学や公衆衛生学が典型的なもので、講義形式でおこなわれます。衛生法規についても学ばなければならないので、食品衛生学や公衆衛生学と関連付けながら講義が実施されているのが一般的です。

実習としては調理実習が基本になっていますが、基礎的なことを学べる調理実習と、集団調理や接客サービスなどについても実践的に学習できる総合調理実習に分ける仕組みになっています。必須ではないけれど取り入れているケースが多い授業内容もたくさんあります。

実際に飲食店で働くために何が必要かという観点からカリキュラムを組んでいるので、オリジナルの授業については実践性が高いのが特徴です。講義形式の授業であっても生きた知識が身につく場合が多く、卒業して現場で働き始めたり、自分の店舗を持つようになったりしてから有効活用できたという声も大きくなっています。

メニュープランニングやビバレッジ論、レストラン論などといった形で食にかかわっていくうえで汎用性が高い授業内容が多いのが魅力です。

また、サービス論や飲食店経営学、マーケティング理論や飲食店開業計画論などのように飲食店の経営者になることを想定した内容の授業もたくさんあります。この他にも外国語の勉強をできる仕組みにしている専門学校が多く、グローバル化が進む現代社会に対応できるようになっています。

選択したコースによる違いも大きい

授業内容はどの学校を選ぶかによる違いが大きく、どんなオリジナル授業が含まれているかによって学べることが異なるのは明らかでしょう。それに加えてどのコースを選択したかによっても違いが生じるので注意が必要です。調理師専門学校では調理師本科と一般的には名付けられている調理師育成のために特化したコースに加え、そのワンランク上を目指せるプロフェッショナルコースや、パティシエの養成コース、パン作りに特化したコースなど非常にポピュラー。

習得が必要な知識や技術に違いがあるので、カリキュラム上の科目名は同じでも授業内容は異なるのです。専門学校を通して何を学びたいかを具体的に考えないと選択が難しいので、きちんと目的を決めてから入学先を選ぶようにしましょう。

 

調理師専門学校では講義、実習、体験の三つの授業形式が取り入れられていて、講義による知識の習得と実習による技術の体得を中心にしつつ、体験形式の授業も盛り込む形でカリキュラムが作り上げられています。調理師免許を取得するために必須の授業もある一方、学校ごとにオリジナルの授業もあるので学校選びのときには注意しましょう。コースによる授業内容の違いもあることを考慮し、調理師専門学校に通う目的を明確にしてから入学先を選ぶのが大切です。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧