東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

不器用でも調理師専門学校に通える?

自分は手先が不器用だから、調理師になるための専門学校に通っても大丈夫なのか不安に感じる場合もあるでしょう。こちらでは、不器用でも調理師専門学校に通えるのかという問題の説明と、通っても大丈夫だと自信を持てる方法を紹介します。

もしかすると、コンプレックスは勘違いの可能性もあるので、しっかりと考えてから判断しましょう。

調理師専門学校は不器用でも通える

不器用にはレベルがあって、もしも日常生活に困りごとがありすぎて支障がでているのなら、調理師専門学校に通うのは難しいかもしれません。しかし、包丁を使ったキレイな切り方ができなかったり、味付けがいまいちうまくいかない程度の不器用さならば、何も問題がないといえるでしょう。

調理師専門学校に入学することを考える方には、今まで料理をまったくやったことがない方もいるので、多少の下手だというくらいならば心配せずに入学をして調理師になる夢を叶えましょう。初歩の初歩から丁寧に教えてくれるため、授業をしっかりと受けていれば、不器用がどんどんと器用に変わっていくはずです。

オープンキャンパスで周りと比べてみよう

自分だけの気持ちでは納得することができずに、誰かに背中を押して欲しいと考える場合もあるでしょう。そのときに役立つのが、調理師専門学校がほぼ間違いなく開催しているオープンキャンパスです。

オープンキャンパスというのは、一般的には専門学校がどのようなところか紹介するためにあるものです。専門学校のカリキュラムについての詳しい説明はもちろん、設備を見たり授業を受けられたりもします

調理師専門学校の授業といえば料理をすることなので、オープンキャンパスを活用すれば教鞭を執っている講師から教えてもらえます。つまり、体験用の特別な授業とはいえ、実際に近い料理を作れるので、そこで自身にもやっていけるかどうか確かめられるでしょう。

そして、オープンキャンパスにはたくさんの方が参加しているため、周りと自分との比較をおこなうことができます。自身の料理の腕前とほかの方の腕前を比べて、同じようなものだと感じたり自分のほうがうまいと感じられたりしたのなら安心して通えるでしょう。

ちなみに、一度だけでは比較ができないのならば、何度でも通って料理の授業を受けることができます。将来に大きく関わる選択なので、不安なまま入学するのは嫌でしょうから、納得できるまで通うことをおすすめします。普通にオープンキャンパスを利用しているだけならば、迷惑にはなりません。

なお、オープンキャンパスは毎日やっているわけではなく、開催される日時はあらかじめ決まっています。そして、開催される体験授業の内容は、参加する日時によって変わる可能性があります。そのため、きちんとリサーチをおこなってからでないと、オープンキャンパス自体に参加できなかったり、参加できたとしても望むものではなかったりしてしまいます。

なお、オープンキャンパスは調理師専門学校にとっても大切なイベントなので、きちんとアピールしたうえで開催されています。つまり、公式ホームページなどで日時と内容が宣伝されているので確認しましょう。最近の公式ホームページならば、予定が掲載されているだけではなく予約もおこなえるところもあるため、オープンキャンパスに参加したい場合は必見だと言えるでしょう。

もちろん、調理道具などはすべて用意してくれているので、オープンキャンパスに持っていく必要はありません。もしも、特別に持っていかなければいけないものがある場合も、公式ホームページに記載されているので確認しておきましょう。

ちなみに、初めて行くところならば、迷ってたどり着けない可能性があるので、駅やバス停、そして道のりの情報を確認しておきましょう。

料理教室や料理スクールで確認する方法もある

『あまりにもひどい不器用でなければ大丈夫』だと聞いても、もしかすると自分がそれに当てはまってしまうのではと考えてしまう状況もあるでしょう。もしも、どうしても不安が拭い去れないというのなら、調理師専門学校に入る前に、料理教室や料理スクールの利用をおすすめします。

調理師専門学校は一度入学してしまうと、それなりに長い期間通うことになるため、自身の不器用さが分かって後悔したとしても遅いです。すでに入学金や学費なども払っているので、やめてしまうのはお金の面でも、もったいないと考えてしまうはず。

場合によっては学校や会社をやめて入学している場合もあるでしょうから、不向きだと分かっても通うしかないという選択しかできない方もいるでしょう。それでは卒業できたとしてもどこかで挫折してしまう可能性があるので、できる限り避けるようにしなければいけません。

料理教室や料理スクールならば、長期間だけではなく短期間で通えるコースも揃っているため、自分が不器用かそうでないかの確認をするのにピッタリです。短期間のコースを選べば費用も少なくて済むので、金銭的負担も軽減されるでしょう。中には一日コースを用意してくれているところもあるため、簡単に自分が調理に向いているのか確かめられます。

なお、東京にはたくさんの料理教室や料理スクールが用意されているので、ベストなところを選ぶのは難しいです。しかし、調理師専門学校とは違って、簡単にやめられますし、簡単にほかのところに乗り換えられるのであまり深く考えずに選定することをおすすめします。

インターネット検索をおこなえば、初心者コースが数多く見つかるので、よさそうなところをチョイスしましょう。時間がないのなら仕事帰りに通える時間帯におこなっているところや、土日や祝日に開催されているものを選べば万事解決です。

それでも心配ならば、最終手段として開催されている料理教室や料理スクールで、講師の方に聞いてみるのもよいでしょう。実際に包丁で切ったりフライパンで炒めたりするところを見たうえで判定してくれるので、的確な意見を手に入れられるでしょう。ただし、講師の方によってはリップサービスでおだてることもあるため、いくつかの料理教室や料理スクールの講師に聞いて、総合的に判断することをおすすめします。

 

限度を超えた不器用ならば問題ですが、多少のものならば、何も気にせずに調理師になれる専門学校に入学してしまっても大丈夫です。調理師専門学校は料亭の跡取りや一流料理人の子息が通うようなスペシャリストのための機関ではないので安心しましょう。

心配ならオープンキャンパスや料理教室や料理スクールを活用すれば、その気持ちをスッキリとさせたうえで入学を決められるはずです。調理師になるという夢があるのですから、挑戦するために必要だと思えることは何でも試してみましょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧