東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校に部活はある?

調理師専門学校に通って免許を取りたいと思う一方で、せっかく通うのだから学生生活もエンジョイしたいと考えるのはもっともなことでしょう。高等学校や専修学校のように放課後は部活に励みたいという人もいるかもしれません。専門学校でもそのような課外活動が整備されているのかどうかを理解しておきましょう。

部活に励めるのは魅力的なのかを考えてみよう

調理師専門学校に通う人にもかなりの多様性があり、本当に免許を取得することだけを目指している人もいれば、技術を学びたいという気持ちで入学する人もいます。現場経験を積んできた人が新たなスキルを習得しようと考えて学びに来たり、普段とは違う職場での業務体験をしたいと考えて入学したりするなど、社会人になってから通い始めている人も少なくありません。

一方で、中学校を卒業してから進路として選ぶ人や、高校などを卒業してから就職するために有用な技術を身に付けたいと考えて進学先にする人もいます。すでに社会人になってしまっている人にとっては、いかに学んで仕事に役立たてるか、就職に有利にするかといったことが重要視されるものの、高校や大学への進学といった考え方で専門学校に進んでいる人の場合には、学生生活をエンジョイしたいという気持ちが強くなるのも、もっともなことでしょう。

授業に必死に取り組んで知識や技術を身につけ、体験実習などを通して現場のノウハウも習得する一方、課外活動に勤しんで学生仲間と楽しい時間を過ごすことが有意義であるのも確かです。特に同じ課外活動のチームに所属して、必死になって目標を達成するために取り組むと精神面も鍛えられるでしょう。

さらに、同じチームで取り組んできた人と強い絆を作り上げることができ、将来的にも役に立つつながりができると期待できます。部活は課外活動の中でもこのような目的では魅力的なもので、大会で上位を目指そう、対外試合や交流試合で良い成績を出そう、美しいものを作り上げようなどといった形で一致団結することが可能です。

互いの信頼関係を築き上げ、同じ目標に向かってときには協力し、ときにはライバルとして競い合う仲を育むことができます。そのため、部活に励める環境があるのは自分を成長させるためにも、将来的にも支え合える仲間を作るためにも優れているものなのです。

専門学校では部活に所属できるのか

東京の調理師専門学校では部活に所属して取り組んでいくことができるのでしょうか。専門学校では資格の取得や技術の習得などに注力して、就職して働けるようになるためのノウハウを獲得できるようにすることに特化していることがよくあります。そのような専門学校では課外活動に力を入れていることはほとんどないのも確かであり、基本的には授業を受けたり実習をしたりする目的で通うことになってしまいがちです。

ただ、専門学校は本来は高校や大学に通うような年齢の若い人たちが集まる場でもあるため、総合的な見方で人を育てるという視点で取り組みを続けている専門学校も増えてきました。特に東京では専門学校間の生徒獲得競争が激化している影響もあり、いかにして学生たちに満足してもらえるような仕組みを作り上げるかが大きな課題となっています。

その一つとして課外活動に着目し、高校や大学に通っているような人たちと同じ年齢層の生徒が高校や大学に入学していた場合と同じように課外活動に取り組める基盤を作り上げようとしているところもあるのです。そのため、東京では全ての調理師専門学校で部活に取り組めるわけではないものの、しっかりとした活動をできる環境を整えているところがたくさんあります

部活がどのくらい活発になっているかは学校によってかなり異なり、全く活動していないところもあれば多岐にわたるジャンルのチームが存在しているところもあります。サッカーや野球、バスケットボールや卓球などの球技が特に盛んな傾向があり、文化部については活動があまり活発ではないのが通例です。

これは位置付けとして高校体育連盟などが主催している大会に出場できるチームを作り上げることを考えていることが多く、運動部が中心になってしまっているのです。ただ、高校体育連盟などが運営している大会では年齢などの制限があるため、誰もが出場できるわけではありません。あくまで高校や大学などに通うような年齢層の人が出場できる形を整えているものだと考えると良いでしょう。

他の年齢層の人が所属できるかどうかも専門学校によって異なります。もし社会人になってから調理師専門学校に通い、部活にも取り組みたいというのなら学校に問い合わせてみるのが賢明でしょう。公式大会には出場できないものの、交流試合などがある学校の場合には対外試合にも出場して楽しめる可能性があります。

クラブ活動が活発な専門学校もある

公式試合に出場できて学校が認めている課外活動という位置付けなのが部活の特徴ですが、それ以外にも同好会やクラブ、サークルなどといった形で趣味の活動をしている集まりがある高校や大学もたくさんあります。学校としてもその活動自体は認めていて、学内の設備や施設を使用できるように取り計らってくれていることもよくあるでしょう。

別に公式試合に出られなくても、同じ調理師専門学校に通っている仲間との交流手段として活動を楽しみたいという人もいるかもしれません。その際にはクラブ活動に参加できるかどうかも調べてみるのが良いでしょう。

高校体育連盟などの主催する大会に出られるようにするには手続きも必要で費用もかかるなど、学校にとっても手間がかかるのは確かです。しかし、学内で有志が集まって同じ目的で何らかの活動をするというだけであれば学校側は施設利用などの微々たる費用を負担すれば良いだけになります。

内容によっては講師をクラブ活動に参加させることも可能ですが、学校側にとって、それは必須ではありません。そのため、積極的にクラブ活動を推奨するという形を整えるのは専門学校でも比較的簡単で、人数が集まりやすい東京の専門学校ではよくクラブ活動の症例がおこなわれています。この場合には在学生なら誰でも参加できるというのが基本なので、未成年だろうがもう壮年期になっている人だろうが気軽に活動を共にすることが可能です。

運動系のクラブだけでなく文科系のクラブがある専門学校もあり、学生生活をする間に何に取り組みたいかに応じて選ぶことができます。複数のクラブに所属して活動をしていくこともできるので、専門学校に通う期間を自分なりのやり方でエンジョイする道を切り開けます。

部活が活発な専門学校でもクラブ活動はしばしばおこなわれていて、試合に勝つことを目指さずに活動できる魅力もあるのが特徴です。どんな形で活動に参加したいかに応じて、どのような課外活動がおこなわれている専門学校を選んだら良いかを考えるようにしましょう。

 

調理師専門学校で学びながら課外活動にも取り組んで学生生活をエンジョイしたいという人も部活に参加できる学校は東京にはたくさんあるので探してみましょう。年齢的に高校や大学に通う頃の人の場合には公式試合に出場できる学校もあります。一方、年齢を重ねてしまっている人も気軽に参加できるクラブ活動が活発な調理師専門学校も少なくありません。

学校で技術や知識を習得して調理師としての能力を高めていきながら、課外活動で人脈を広げたり精神力などを鍛えたりしたいと思っている人は課外活動が活発な専門学校を選びましょう。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧