東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

卒業後の進路も考えて調理師専門学校を選ぼう

趣味ではなく職業としての調理師を目指しているのなら、カリキュラムだけを見て選定するのは後悔してしまうかもしれません。それは、技術力を身につけただけでは、希望のするところに就職できない可能性があるからです。

こちらでは、どのような調理師専門学校を選べばよいのか、いろいろ説明していきます。

就職に関するサポートの内容を確認しよう

調理師専門学校によって、さまざまなカリキュラムが用意されているため、魅力的だと思えるところが見つかるはずです。ホームページで、何を学び、どの程度のレベルになれるか調べられるため、参考にして調理師専門学校をいくつか候補を選びましょう。

入学してもよいと思えるところがいくつか見つかったのなら、次は就職に関するサポートの内容について確認する必要があります。もしも、実家で働く予定だったり、自身で探せると考えていたりするのなら、そのようなサポートは一切必要ありません。

しかし誰かの手を借りて、よりよいところで働きたいと考えているのならば、調理師専門学校が用意してくれる就職サポートが手厚いほうがよいです。しっかりとサポートがあれば、働き先の選択肢も増えるので、満足できる仕事場に就職できるでしょう。

なお、サポート内容はいろいろありますが『求人情報の紹介だけ』といったところはおすすめできません。確かに、調理師専門学校ならではの求人情報が集まっているため、一般人よりは就職しやすいでしょう。それらの中から自分にあったところを自分ひとりで選ぶのはとても難しいです。

そのため、一人ひとりの希望を聞いてくれて、二人三脚で仕事場を探してくれる個人面談は必須といえるでしょう。それに加えて、実際に就活をおこなうときの、心得をきちんと教えてくれるところを選定したほうがよいです。面接の受け方や履歴書の書き方などには、数多くのコツがあるので、知っているといないとでは大違いになります。人気の職場はちょっとしたことが合否を分けるので、料理の技術以外に、就活の技術も磨いておいたほうがよいです。

ちなみに、どのようなサポートが用意されているのかは、各調理師専門学校のホームページに載っている場合が多いです。もしも、ホームページの情報だけでは分からないのなら、資料請求をおこなって、より詳しい情報を入手しましょう。ウェブサイトにも資料にも、まったく記載されていないのなら、そちらのサポートは期待しないほうがよいです。

本当に一切サポートをしないわけではないでしょうが、紹介するほど充実していない可能性が高いでしょう。そちらをあえて選ぶよりも、しっかりとサポートをしていることをアピールするところを利用したほうが安心なはずです。東京ならば、カリキュラムとサポートが充実しているところはいくらでもあるため、紹介されていない情報を探すよりも、次のところに目を向けてしまいましょう。

卒業生の就職率と働き先をチェックしよう

卒業後の状況を確認したいのなら、ウェブサイトに記載されている就職率を頼りにするのもよいでしょう。何パーセントの卒業生が無事に働き始められたのか記載されているので、どの程度の方が卒業後にプロの調理師になれたのか分かります。

しかし、そのパーセンテージの中には、調理師とはまったく異なった職業に就いた方もいるかもしれません。それは、おかしいと感じるかもしれませんが、調理師としての数値ではなく、就職した方の数値なので間違いではないでしょう。

もしも、きちんと調理人として、働いている方の実績を知りたいのなら、卒業生の働き先のチェックをおすすめします。それは、調理師専門学校によっては、卒業生がどのようなところで働いているか、載せている場合があるからです。職種といった曖昧なものではなく、企業名や施設名などが記載されているので、どこで働いているのがハッキリと分かります。

企業や施設の名前が分かれば、インターネットで検索ができるので、自身が望むような職場なのか知ることができるでしょう。食事が美味しいホテルや有名レストランの名前が載っていることもあるため、理想に近づくための、調理師専門学校を選定できるようになります。

オープンキャンパスで卒業後について聞こう

ホームページ情報と資料請求を駆使すれば、卒業後の就職について、とても多くの情報を収集することができます。しかし、モニターや紙の資料は質問には答えてくれないので、疑問があって解決することはできません。

そのときはオープンキャンパスに参加をして、卒業してからの進路をスタッフから聞いてみましょう。メールや電話で質問するよりも、スタッフに対面で聞いたほうが、より詳しい情報をゲットできます。

なお、オープンキャンパスは、授業を体験できるものなので、実際に料理を教えてもらうこともできます。フランス料理やお菓子作りなど、さまざまな料理を体験できるので、自身の将来の道にあったものを選びましょう。もしも、どの分野の料理に進みたいのか迷っているなら、いろいろなものを体験してみて、自分にあっているものを探すのもよいです。

そして、料理の体験が終わったのなら、説明会が開催されるので忘れずに参加をしましょう。大勢に向けての説明会ではなく、一人ひとりに対する説明会なので、聞きたいことがあったのならスタッフに自由に質問ができます。もちろん、卒業後の進路についても説明してもらえるため、ホームページや資料請求では分からなかったことはすべて聞いてしまいましょう。

ちなみに、音楽や医療などの専門学校によっては、予約などせずに、当日に施設を訪れれば参加できるオープンキャンパスもあります。しかし、実際に料理ができるタイプのオープンキャンパスの場合は、予約なしでは参加ができないと考えたほうがよいです。

また、日時によって体験可能な授業がまったく異なるので、ホームページで内容を確認したうえで申し込んだほうがよいでしょう。日本食をメインとするプロになりたいのに、フレンチが調理できるオープンキャンパスに参加しても意味はありません。

また、ホームページにある、日時や内容を確かめられるコンテンツには、ほぼ間違いなく申し込み用フォームへのリンクが設置されています。事細かに個人情報を入力する必要はないため、3分もあれば、フォームへの記載が終了してオープンキャンパスへの申し込みが完了します。

 

プロの料理人になるために調理師専門学校に入学するのなら、本格的なカリキュラムに加えて、手厚い就活サポートが用意されていると安心です。紹介してくれる求人情報がたくさんあって、履歴書の書き方や好印象を与えられる面接のやり方も教えてもらえれば、ぐっと希望するところに就職できる確率が高まります。

また、オープンキャンパスを利用すれば、スタッフに対して、就職の質問ができるようになります。疑問に思ったことを口にすれば、すべて答えてくれるため、将来の道を考えたうえで入学できるでしょう。学び始めてから数年間で人生が大きく変化するので、卒業後に困らないためにも、後悔のないベストな選択をおこなわなければいけません。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧