東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

調理師専門学校では何が学べるの?資格は取得できる?

食に関する仕事に就きたいと考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが調理師専門学校ではないでしょうか。

こうした専門学校を出て資格を取り、自分が望む職業へと巣立って行きます。では、この調理師専門学校ではいったいどんなことが学べるのか見ていきましょう。

調理師が活躍する職場は多岐に渡る

高校や大学の学生のうちに自分の将来が明確に決められている場合、多くの人は卒業してから専門学校に通って技術を身に付ける道を選びます。そのため日本には多くの専門学校があり、それぞれ特徴を活かした教育方針で生徒を受け入れているわけです。その中でも食に関連した仕事を望む学生は多く、調理師専門学校などは昔から人気です。

こうした学校で調理に関することを勉強し、多くの卒業生が外食産業などで働いています。専門職に特化した勉強ができますので、就職率はかなり良いです。食に関する分野に詳しい講師をそろえ、就職の際にも万全なサポートをしてもらえることも専門学校の大きなメリットだと言えるでしょう。

もちろん専門分野の勉強だけではなく、就職のときに必要となる履歴書の書き方や面接対策まで徹底的に指導されます。では、このような調理師専門学校を卒業すればいったいどういう就職先があるのでしょうか。

多くの人はこの点がどうしても知りたいところでしょう。調理に関する勉強をした人が働く場所は、どこにでもあるような飲食店のほか、ホテルの厨房、カフェなどでも働くことができます。

また、専門料理に特化した技術を持っていれば、日本料理や中華、フレンチやイタリアンなどの料理店でも働けるでしょう。いつかは自分で店を持ちたいと考えている人は、こうしたところで修行することを目的に就職する場合が多いです。ほかに学校給食の調理という仕事もありますし、さらには高齢化社会が現実味を帯びた現代では、介護施設や福祉施設が急ピッチで増設されています。

このことから調理師の必要性も出てきていますので、就職面では人気の業種と言えるでしょう。介護施設や福祉施設もそうですが、病院食というものもあります。たとえば、施設や病院の利用者のすべてが普通に食事ができるとは限りません。嚥下障害があったりしますと、食材を細かく刻んだり、あるいはとろみをつけるなどの工夫が必要です。そのために調理師は栄養士とともに食事を考えることになります。

調理師の専門学校では何を学べるのか

それでは調理師専門学校ではいったい何を学ぶことができるのか、ここをもう少し詳しく述べますと、調理師専門学校では調理についての基礎知識を始め、栄養学や衛生管理など専門的な知識や技能を学んでいきます。調理師というものは単純に食べ物を料理する人というわけではなく、もう少し深く考えれば、人の健康についての知識を有する人だと言えるでしょう。

ですから専門学校では専門の料理に関する勉強もしますが、同時に栄養に関する知識も学ぶことになります。この現代は空前の健康ブームと言われていますが、この健康というものは単に適度な運動をして規則正しい生活を送ればいいというものではなく、やはり日々の食生活が大切になるわけです。

しかもその食生活には人が生命活動を維持するために必要な栄誉が行き届いていなければなりません。こうしたことから栄養学も調理師には必要不可欠な学問になります。食生活を充実されるためにはこの栄養を十分に摂取することが必要です。

そう考えれば、調理師はただ美味しい料理を作って人を喜ばせるだけではなく、栄養をとことん考えて料理を作らなければならないという使命があります。外食産業で大きな問題となることが多いのは食中毒などの発生です。

この食中毒はときに人の命も容赦なく奪ってしまう恐ろしいものですから、特に気を付けなければならないでしょう。専門学校ではこのような食中毒に関する学問も勉強します。細菌やウイルスなどについて詳しくなければ人に料理を提供することなどできません。万全の知識を吸収することができるということも、この専門学校の長所ではないでしょうか。

調理師の仕事はさまざまなところにありますから、就職をするにしても、やはり自分の理想とする目標を持つことが大切です。いろんな職場で働くことで知識や技術を学び、修行を重ねることで自己のスキルアップを図ることができます。転職も偉大な料理人を目指すのであれば必要なことかもしれません。しかし、その技術や知識のベースとなるものがこうした専門学校で勉強したことなのです。

調理師専門学校で取得できる資格は何か

調理師専門学校を卒業して得られる資格は何かと言えば、多くの人が理解できるように調理師の免許を取得することができます。この調理師免許は国家資格で、取得していれば就職だけではなく、転職する際にもかなり有効です。

さらに自分の店を開業するときには、別に食品衛生責任者の資格を申請すれば開業できます。この調理師免許というものは何も専門学校を出ていなくても取得することが可能です。飲食業界で2年以上の実務経験を有していれば受験資格は得られますので、試験に合格すれば免許は取れます。

調理師免許の試験は東京だけではなくほかの県でも実施していますので、自分の受けやすいところで受験することが可能です。しかし、調理師免許試験は国家資格になりますからそれほど簡単なものではありません。受験科目も多く、独学で勉強するにはかなりの努力が必要になるでしょう。

一方、調理師専門学校に通う場合、調理師免許は卒業と同時に取得できるため、難しい勉強をして調理師試験を受験しなくても、また飲食業界での実務経験も必要ありません。その選択は人それぞれ異なるでしょう。調理師免許以外にも専門調理師や調理技能士、食生活アドバイザー、製菓衛生師などの資格を突破することを目標とすることができます。

どれも実務経験が必要なものですから、就職してから目指すことになるでしょう。調理師免許を習得する方法は専門学校を卒業するか、あるいは飲食業界で2年以上の経験を積むかの二つの方法を紹介しましたが、実は一部の大学や短期大学でも免許を取得することができるところがあります。

ところが大学や短期大学で学ぶとなれば、専門の調理に必要な教科以外にも履修しなければならない科目も多々ありますので、調理一本にしぼっている方には向かないのではないでしょうか。調理師専門学校で免許を取る場合はしっかりしたカリキュラムが用意されていますから、調理について基本からじっくりと勉強することができるという大きなメリットがあります。

また、専門学校によっては料理のジャンルに特化した学科が用意されている場合もあるため、すでに自分の進むべき道が決まっているのであれば、それに適した学校を選び、そこでより専門的な技術と知識を習得することが可能です。

 

調理師専門学校で学べることは、調理に関する専門的な技術と知識です。その中には人の健康に関するものとして、栄養学や衛生管理なども含まれています。また、こうした専門学校で取得できる資格は調理師免許です。

専門学校に通わなくても、2年以上の実務経験があれば受験資格は得られますが、この免許は国家資格になりますから独学ではかなり難しいと言えるでしょう。調理師免許があれば飲食業界への就職や転職はかなり有利になります。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧