東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

通信制の調理師専門学校は資格は取得できる?

調理師として仕事をしたい場合は、その資格を取得する必要がありますが、その方法の一つとしてよく知られているのが調理師専門学校に通う方法です。ただ、人によっては日中は他の仕事をしているのでなかなか専門学校に通うことができないという人もいるでしょう。その場合に利用する人が多いのが夜間や通信制の専門学校なのですが、これらに通ったとしても、昼間のタイプと同じように資格を取得することができるのでしょうか。

既に仕事をしている人でも通いやすい通信制

資格を取得したいなら専門学校に通うのが近道とも言えますが、その際、昼間のクラスではどうしても仕事の都合上通えないという人もいるでしょう。そんな人に人気があるのが夜間とか、通信制のクラスで、現在では日中だけでなくそれ以外のタイプのクラスを設けているところは増えてきています。これらのクラスを利用すれば、日中は仕事をしながら勉強することができるので、仕事と資格取得を両立することも十分できるようになっています。

ただ仕事をしながらとなると、かなり大変なのでなかなか継続できないという人も決して珍しくないので、まずは自分が絶対に資格を取得したいという気持ちを持っておくことが重要です。調理師免許はただ料理を作ることが好きであれば、簡単に取得することができるような類の免許ではありません。

まただれでも受験することができず、一定の基準を満たしている人だけが受験することができるものとなっています。現在調理師免許を取得する方法としては2つの大きな道が用意されており、1つは調理師学校に通い、そこでのカリキュラムを全て終えて卒業することです。またこの場合は各都道府県が指定している養成施設を卒業しなければならず、それ以外の施設で勉強したとしても単位が認められないので気を付けましょう。

ただ、学校で学ぶことになるので、料理についての基礎知識などもしっかりと結びつけることができるようになります。またこの際は必要な単位を取得して卒業することになるので、調理師試験を受験しなくても、この免許を取得することができるというメリットもあります。したがって、実際に時間がある人の場合は、調理師専門学校に通って必要な知識・技術をしっかりと身につける道を検討してみてはいかがでしょうか。

またもう1つの道は調理師専門学校には通わず、飲食店などで2年以上の実務経験を積み、調理師試験を受験する形となっています。この場合は専門学校に通わなかったとしても、受験資格を満たしており、さらに試験に合格すればちゃんと資格をもらうこともできるようになっているのです。このように2つの道で取得することができるので、ご自身の今置かれている状況、予算、時間などに合わせてどちらの方法で取得するか考えてみると良いでしょう。

実務経験がなくても取得できるメリット

調理師免許は受験資格の条件を満たしていれば、その試験を受けることができるようになっており、それに合格すれば資格をもらうことができます。ただ2年以上の実務経験というのはなかなか難しく、そもそも他の仕事をしている場合などは飲食店で働くこと自体が不可能ということも少なくありません。

したがって、転職などを考えて資格取得を目指している人の場合は、調理師専門学校の夜間とか通信課程を利用する人が多くなっています。特に後者の場合は自分の都合に合わせて勉強することができるようになっており、いつも専門学校のほうに行かなければならないというわけではありません。

だから仕事をしながらでも資格を取得しやすいというメリットもあるので、このタイプの課程が用意されている専門学校に関してはそこで学ぶ人も多くいます。実務経験を積めば受験することはできますが、この場合はもしかしたら資格試験に不合格となってしまう可能性もないわけではありません。

その点通信であればたしかに日中勉強をする人と比べると卒業までの時間が長くなってしまうことも十分あり得ます。しかしその専門学校を卒業したことになるので、その後の試験を受ける必要はないので、調理師資格を取得しやすい方法だと言っても良いでしょう。ただ、このスタイルの学校はかなり便利で、さらに時間の余裕も作りやすいし、何より入学試験の合格率も高いというメリットなどもある仕組みです。

ただ一般的な学校のように毎日通う必要はないので、あくまでも自分次第でどうとでもなってしまうとも言えるので、その点は注意しましょう。やる気がなくなってしまうと自宅学習なども全くしなくなってしまい、結果的に卒業することができなくなる可能性もあるからです。勉強は大変ですが、続ければ良いことも待っているので、挫折せずにまずは続けること、そして提出物はしっかりと出すことなどを意識しておくと良いでしょう。

細かなところまでしっかりと知ろう

東京にもある調理師専門学校ではいろいろな人が学んでおり、その人に合ったスタイルで勉強している状態です。だから、通信制のほうに通って、空いている時間を有効活用している人も決して珍しくありません。ただこのタイプのクラス自体は全ての専門学校で開校しているわけではなく、中には全日制と夜間制、2つのクラスしか用意していない場合もあるので注意しましょう。

また注意したいことの一つとして知っておきたいのは、あくまでも資格取得に直接つながるのは通信課程であり、通信教育ではないということです。両方共名前がよく似ているので、同じものとして扱われてしまうことも少なくありませんが、実は後者を選ぶとそれだけ資格を取得することはできないで注意しましょう。

たしかに調理師になる勉強をすることができるのですが、この場合はあくまでも専門的な勉強をしているだけで、専門課程を卒業したとはならないからです。だから、受験対策として通信教育を利用するのは多いに良いことだと言えますが、これだけで勉強したとしてもそのまま調理師の資格をもらうことはできないので気をつけましょう。

もしこの方法だけで勉強しただけで調理師の資格を取得したいというのであれば、飲食店で2年以上の実務経験を積んでから試験に臨むことになります。現在ではスマートフォンを利用して勉強できるサービスを展開しているところもあるので、勉強方法としては非常に魅力的だと言えます。

またクラスはなんであれ専門学校に通えば専門課程を卒業したことになるので、実務経験を積まなかったとしても資格を取得することはできるので、実務経験をせずにと願う場合は、こちらを選びましょう。このように両者は似ているものですが、実は中身は全く違っており、同じように資格取得ができるというわけではないので、十分注意すると良いでしょう。

 

一般的に専門的な知識・技術を身につけるためには専門学校を利用するのが良いとされていますが、専門学校には夜間開設のところもあります。また夜間だけでなく通信課程を用意しているところもあり、この場合は毎日通わなくても実際に通った人と同じ内容の勉強ができるというメリットもあります。

実際には自分の置かれている状況、予算、時間などと見比べて、自分に合っている方法で勉強するようにしましょう。また、調理師の資格ですが、専門機関で勉強して単位を取得する方法と、飲食店で2年以上働き実務経験を積む、この2つの方法から選ぶことができるようになっています。

ただ注意しておきたいのは、専門学校であればどのクラスでも資格を取得することはできますが、通信教育の場合は資格を取得することができないということです。この場合は専門機関で単位を取得したと認められないので、勉強しながら2年以上の実務経験を飲食店で積むようにします。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング
記事一覧
おすすめ調理師専門学校紹介