東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

夜間部に通うメリット・デメリット

食べることが好きで料理の腕を活かしたいなら、東京の調理師専門学校で学ぶことができます。

昼間の授業だけではなく夜間部を選択する事もできますので、日中は働きながら夜は学生になって、料理の腕前を高めることも可能です。

調理師としてのライセンス取得ができるのは利点といえるでしょう。

 

働きながらでも学べる環境が整えられている

高校を卒業したらどうするかの進路を決めるときが誰にもやってきます。

中には4年制大学や2年の短大へ進んだり、専門学校へ進学をする人もいるでしょう。

ですが誰もが裕福な家庭にあるとは限らず、経済的に厳しいために高校を卒業して、すぐに就職をするケースも少なくはありません。

昔から料理が好きで食べることも大好きだから、調理師になって活躍をしたいという夢を持っている人はいませんか?

東京には調理師専門学校という選択肢があります。

その場合に夜間部はメリットが大きいでしょう。

昼間働きながら夜の時間で学校に通えるため、経済的理由で専門学校進学を諦める必要がなく、夢を実現させることはできます。

まだ若く高卒の10代であれば体力も十分にありますし、社会へ出て昼間働くことで、自分の自由になるお金を得ることが可能です。

収入を得られるので夜の時間を活用して、学校へ通うことも不可能では無くなります。

昼間のスクール通いのように、長時間の勉強や調理実習ではなく、夜間の限られた短時間での学習ですから、通うにしても翌日の仕事に大きな支障が出ることもありません。

仕事をして収入を得ながら、夜は学生になれば夢の実現に近づきやすいです。

 

昼間通学と比較をすると夜間は学費もリーズナブルに

さらに上を目指して高校を卒業した後に学校へ通うとなると、現実的な問題として費用面から目を背けることはできません。

自分の好きなことを追求できるのが専門学校であり、卒業後は授業で学んだことを即実践に活かせる強みがあります。

しかし調理師として羽ばたくために学校へ通うとなると、それなりのお金を工面しないとなりません。

一般的な昼間の時間を利用して通うとなると、授業料も年間の支払い費用も厳しいと感じることがありますが、お金で諦める必要がないのは夜の部も選べるためです。

いくつもの東京の調理師専門学校が生徒の募集をしていますが、夜間部に通うメリットの一つは学費の安さにあります。

昼間部との学費の差額は結構な数字であり、選ぶスクールにより額費には違いがあることから一概に言い切ることはできないものの、平均的な数字で見ても夜間の方が昼間部よりも安い学費の設定です。

もっと費用面を工面できないかと考えるのであれば、スクール側で用意をしている、奨学金制度にも目を向けてみることができます。

学校独自のものだけではなく、国や市区町村に都道府県運営といった、公的な物もありますのでチェックです。

 

社会人や大学卒業の人にもチャンスを掴む道が開かれている

学生時代までの子供時代はやりたいことがあってもお金がなく、社会人や大人になると挑戦をしたいことが見つかっても、今度は時間がありません。

本当は調理師免許を取得して、有名レストランや割烹料理店で働きたいとか、カフェや食堂を経営したいなど、食べることに関わる夢を持つ大人は少なくないです。

もう大学も卒業をしたからとか、社会人だからといった理由で、飲食店業界への道を諦める必要はありません。

たくさんの東京の調理師専門学校では、高卒者だけを対象に募集をかけているわけではなく、社会人などの応募も大歓迎です。

昼間の時間に社会人が学校へ通うのは無理であっても、夜間部に通うことで問題なく調理師の道が目指せるのは、働く大人にとっての大きなメリットになります。

幸いなことに大人になり会社で働くようになると、毎月一定金額の収入を得ることができますし、企業によっては年に2回の賞与も期待ができますので、学費の工面は本業が学生の人よりずっと恵まれている状況です。

自己管理能力も問われるのが社会人ですから、仕事をしっかりとこなして夜は勉強をする、本人のスケジュール管理も得意なので、通うことも不可能ではないでしょう。

 

モチベーションの維持の壁は本人の努力次第で克服できる

美味しい食事を自分が食べるだけではなく、人に作り笑顔にさせることを、多くの料理人たちは喜びにしています。

だからこそ夢を諦めないために東京の調理師専門学校で夜間部に通うことを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ただしデメリットにも目を向けることも大事です。

マイナスな面を知ることで、その点に気を付けて学びを深めていくことができます。

高い志を持ち夜の時間を活用して専門学校へ通うということは、本来自分の自由な時間でリラックスできるひと時を、学校へ通うことに費やさなければなりません。

最初こそは情熱もあってやる気に満ちていても、昼間は働いたり家事をしたりしていると、夜になって疲れてしまうことがあります。

今日くらいは授業をさぼろうといった心が出てくることもあり、そのまま休んでしまう日が続く可能性も否定できません。

人間は楽しくて楽なことの誘惑に弱いので、学校通いのモチベーション維持は本人との戦いです。

しかし人間ですから疲労感を感じることもあれば、心がへこんで夜は自宅でゆっくりしたい日もあります。

そんな中、夢を諦めない気持ちを忘れず、本人の努力次第でモチベーションアップをすることが必要でしょう。

 

昼間に比べると授業を受ける期間は夜の方が長め

張り切って東京の調理師専門学校を探し、夜の部に通うことを決める際に、デメリットの一つとなる期間についても知っておく必要があります。

日中の時間を利用した専門学校通いは、それだけゆとりのある長い時間を使い学習をすることができますが、かなり時間が限定されるのは夜の部です。

朝にスタートして夕方には終わる昼の専門学校とは違い、夜はスタートも遅ければ夜間もそんなに遅くまで授業をすることはできません。

日中の専門学校通いをする場合であれば、最短コースで1年間で調理師免許取得・卒業が可能ですが、夜の場合は授業を全てこなすためにも1年半は時間が必要です。

つまり昼に通うよりも夜を選ぶことで、通学の期間はそれだけ長くなることは避けられません。

1日当たりに消化できるカリキュラムは、時間が短くなるほど限られてきますが、だからといって学校側が学習を短縮するようなことはないです。

社会で調理師として問題なく活躍ができるように、昼間学習をする生徒と同じだけの、知識や実習を用意していています。

多少時間はかかりますが、夜の部へ参加をして、夢に近づけるのですから損はありません。

 

無理なく夜の時間を利用して学べるカリキュラム

誰もが感じることの一つは夜の自由時間はあっという間に過ぎることであり、昼間の時間の長さとは比べ物になりません。

そんな夜の貴重な時間を東京の調理師専門学校通いに当てて、夜間部に通ことには未来の輝きにつながるメリットがいっぱいです。

国家資格となる調理師免許は、夜の部へ通うことでもきちんと取得ができるので、将来は飲食店で働きたい夢を叶えることができます。

夜の時間の授業では大変ではないかと考えるかもしれないですが、1日当たりの授業は2コマだけが多いので、カリキュラム的にも無理な学習の仕方ではありません。

その合間には休憩もあって一息つくことができますし、終了をする時間帯としても遅くなっても21時30分から45分頃には終了です。

昼間は社会で働いている人であっても、夜の時間を使い学校で調理の基礎から応用まで総合的に学びことができますし、時間配分としても大きな負担になるようなことはありません。

社会で働いていることであらゆるストレスを感じることもありますが、夜の時間を好きな調理に活かして学び、将来の夢を叶えるための時間にすると、それが良いストレス解消にもなります。

サイト内検索
東京調理師専門学校ランキング