東京の調理師(料理)専門学校の評判や口コミを比較ランキングでご紹介!【調理師免許を取得したい方にも人気の学校!】

東京の調理師専門学校ランキング!

東京でおすすめの調理師専門学校をまとめてみました

こんにちは。

このサイトをつくったTKです。

4月で高校3年なり本格的に進学について考えなければいけない時期になりました。

私自身は既に進学する学校を決めてますが、まだ探していない方や悩んでる方も多いと思います。

まず調理師専門学校の比較サイトをつくることになった経緯をお話しします。

私がそもそも料理に興味を持ったきっかけは、先輩が部活の打ち上げでメンバーに美味しい料理をつくってくれたことでした。

その時のことは今でも鮮明に覚えています。

メンバーはもちろん喜んでいましたし、何よりそれを見ている先輩本人がとても嬉しそうなのが特に印象的でした。

「美味しい料理で相手も自分も、こんなに幸せにすることが出来るなんて素敵だなあ」と私はとても感動しました。

その後、私も家族や後輩に料理を振舞うようになり評判も良かったので、将来料理人になるのも良いかもしれないと思っています。

そのために高校を卒業したら調理師専門学校で本格的に勉強しようと調べ始めたのですが、都内だけでもあまりに学校の数が多く特徴もバラバラで誰かまとめてほしい、、、と思うくらいでした。

ですが、まずは自分で調べることが大事だと思い頑張った結果、自分が通いたいと思える学校をついに見つけました!そして、この努力を無駄にしたくないので、収集した情報を自分と同じような状況の人に共有したいと思います。

自分に合った学校を探し出すための参考にしてみてくださいね。

東京の調理師専門学校ランキング一覧!

実践的な技術の習得が心強く通学のためのサポート充実

東京エリアのさまざまな調理師専門学校をリサーチした結果、私がランキングのトップに選んだのは、東京都新宿区にある「東京調理製菓専門学校」です。

「製菓」と名前には入っていますが、スイーツのみならずさまざまなグルメについて学ぶことができます

この学校をランキングトップに選んだ理由は、なんといっても実践を重視し、現場にかなり強いということです。

他校より多い自習カリキュラムの実施や「レストラン経営実習」等、卒業後にでも実際の職業として対応できるように、現場で使えるノウハウスキルをみっちり教えてくれます。

さらに、学費や住まいといった通学にあたって問題となりがちなポイントへのサポートも充実しており、かなり通いやすくなっているというのが、個人的には大きく評価したい点でした。

豊富な伝統を持ち、生徒数講師数も多い

ランキング第2位にランクインしたのは、東京都豊島区の「武蔵野調理師専門学校」です。

学校法人後藤学園によって運営されており、厚生労働大臣の指定校ともなっているようですね。

この武蔵野調理師専門学校が高い人気を獲得している理由は、その伝統

1968年開校と、新興の調理師専門学校と比較して古い歴史を持っています。

そこまで長く運営されているため知名度が高く、入校してくる生徒や講師の数も多く、そうした意味では「変な学校を選んでしまってお金を損した!」といったようなよくある失敗はまず起こり得ないでしょう

それに加え、調理器具や実習専門室に関しても力を入れており、しっかり勉強を行うことができるでしょう。

新宿駅チカの名門校であり、夜間部が特徴

3位にランクインしたのは、新宿各駅より徒歩5~8分というアクセス性のよさを誇る「新宿調理師専門学校」です。

先述した武蔵野調理師専門学校も伝統ある学校でしたが、こちらも同じぐらいの歴史を誇る名門校と言ってもよいでしょう。

この新宿調理師専門学校、「手から手へ」といったキャッチコピーの通り、料理を真剣に学びたいという人が最大限に頑張れるような環境づくりに力を入れているようです。

学べる料理のジャンルは和洋中スイーツと一通りそろえられており、加えて日中忙しい会社員でも無理なく通学できるよう、夜間部が併設されているといったところも大きいでしょう。

その他、少人数教育にも力を入れているなど、さまざまな取り組みを行っているようです。

知名度に関しては調理師学校の中でもトップクラス

ランキング4位となったのは、東京都渋谷区にある「服部栄養専門学校」です。

「服部」という名前を見て、「この学校知ってる!」と思われた方、少なからずいると思われます。

数多くある東京の調理師専門学校の中でも、この服部栄養専門学校というのはとても高い知名度を誇ります。

その理由は、校長である服部幸應氏がテレビや広告媒体等、さまざまなメディアに出演しているからです。

氏はかつて大人気を誇った「料理の鉄人」などにも出演していたため、そうした番組で氏の存在をしったことがきっかけで調理師学校へ興味が沸いたという方もおられるかもしれませんね。

知名度のみならず、その学校の設備サポートも、東京エリアの調理師専門学校の中では「高い」とも言えるクオリティとなっており、多くの生徒が入学を希望しているようです。

他分野の学校とも距離が違い「総合学園」

ランキングの最後となる5位にランクインしたのは、「織田調理師専門学校」です。

この学校最大の特徴は、料理のみならずファッションやきもの等を学ぶ他学校とキャンパスを共有する「総合学園」の形式になっていることです。

この形式によって、さまざまなジャンルの生徒たちと交流したりすることができます。

また、取り組みやサポートに関してもユニークなものが多く、キャンパスから徒歩1分のところに専用のシェアハウスを用意したり、経営に赴きをおいた学科を設置している等、他の調理師専門学校とは毛色の異なる試みが個人的には面白いと感じました。

他の学校同様事前に体験入学も可能となっているので、気軽に体験をすることができるでしょう。

私が通いたい一押しの学校は「東京調理製菓専門学校」!



東京都内に良い専門学校は沢山ありますが、その中でも私が一番オススメしたいのは「東京調理製菓専門学校」です。

私も将来、実際にこの学校に通いたいと思っています。

その理由をこれから説明しますね。

■実習経験を多く積める仕組みがある

他の学校よりも圧倒的に優れていると個人的に思っているのは実習時間が長いという点です。

調理師免許を取得するために必要な実習時間は420時間と国で定められていますが、東京調理製菓専門学校では最大で1170時間と大幅に超えています。

学科によってこの時間には違いがありますが、ここまで実習に力を入れている学校は東京では他に見当たりませんでした。

実習の時間が長いということは、調理器具や技法に自分の体で慣れることができるというメリットがあります。

もちろん、講義で基礎知識を学んだり一流の料理人になるためのマナーを身に着けることは大事です。

しかし料理の技法などは特に実践してみないと技術力が身に付きにくいと思うのです。

例えばレシピを見て簡単そうに思えても実際に行ってみると、ものすごく難しかったなんてことありますよね。

そんな時、先生のお手本を近くで見たり、直接指導してもらえる時間が長い方が習得するスピードが早くなるはずです。

さらに東京調理製菓専門学校では授業のない時間や放課後にフリートレーニングが可能です。

つまり教室を使って自習できるというわけですね。

学校のプロ仕様の設備を利用して何回も練習できるのは嬉しいです。

本人の頑張り次第でどんどん技術を身につけていけそうですね。

また、先生は常に待機しており、個別指導も受けられるようです。

専門学校を卒業すれば、調理師免許をとることができますが実習経験の量が多い方が実際仕事に就いた際に有利になってくるでしょう。

■学生レストランの運営体験が出来る

学内でレストラン経営実習を行っているのも良いと思いました。

これは実践経験を積むことを大事にしている東京調理製菓専門学校ならではのオリジナル授業ですね。

実際に一般のお客さんに向けて調理~接客、運営まで行います。

将来、自分でお店を運用していくといった場合に大変役立ちそうな授業だと思いました。

飲食店の仕事の流れを具体的にシュミレーションできるため、進路を考える時の参考にもなりますね。

この授業で3級レストランサービス技能士の受験資格を得られるのもポイントです。

わかりやすく特徴を表にまとめてみました

さて、本サイトではおすすめの調理師専門学校をランキング形式で紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、復習してみましょう。

それぞれ東京で人気の調理師専門学校で、就職サポートにも力を入れている学校ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各専門学校の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
学校名東京調理製菓専門学校武蔵野調理師専門学校新宿調理師専門学校服部栄養専門学校織田調理師専門学校
コース・カリキュラム高度調理技術科(4コース)
調理技術科(2コース)
パティシエ・ブーランジェ科
国際調理ビジネス科
3段階カリキュラム、実習時間を多めに設定
高度調理経営科
ダブルプログラム科
調理師科
どのコースでも日本 ・西洋・中国料理・製菓全てのジャンルが学べる
調理師専修科
調理師本科 昼間部・夜間部
栄養士科
調理師本科 昼間部・夜間部
調理師本科パティシエ・ブランジェクラス
日本・西洋・中国料理、デザートを全て実習できる
調理技術経営学科
調理製菓製パン科
調理師科
特徴実習時間が多い
学生が実際に調理から運営まで行う「レストラン経営実習」がある
最新の設備と実習室を用意
1968年4月に創立、伝統がある
年間通じてオープンキャンパスを行っている
2年制の夜間部があるため、仕事や他の学校に通っている方にもオススメ
校長はテレビでも有名な服部幸應氏
珍味などにも触れることができ、一流の食材を使用し最先端の設備で実習ができる
織田学園が運営している他専門学校との合同行事あり
体験入学可能
学費教材費を含む金額をHPに掲載
入学者特待生制度、在学生特待生制度、教育後援会奨学金などがある
教材費を含む金額をHPに掲載
自立進学制度、奨学金制度、教育ローンなどがある
HPに記載あり
奨学金制度・教育ローンあり
他の学校よりも金額設定が高い
奨学金・教育ローンの他に多様な学費サポート制度あり
HPに掲載あり
奨学金制度・教育ローンあり
就職担任・就職進路指導課・Gキャリア支援室の三者が連携してサポート一人一人丁寧に担当者がサポート
膨大な就職ネットワーク
担任と就職担当者がサポート、アドバイス担任、就職担当、専任教授が連携して丁寧に指導就職率100%、経験豊富な教員によるサポート
調理師免許以外の取得支援資格3級レストランサービス技能士、フードアナリスト検定4級、日本ハーブ検定、食育インストラクター
専門調理師・調理技能士や食育インストラクター
フードコーディネーター3級、食品技術管理専門士、レストランサービス技能検定3級、商業簿記など種類が豊富
専門士、食品技術管理専門士、上級救命技能認定資格、調理師専門学校助手資格
フードアナリスト、食育インストラクター
NPO日本食育インストラクター3級、食品衛生責任者、
レストランサービス技能検定3級などコースによって違う
食品技術管理専門士、ふぐ調理師免許、レストランサービス技能検定など
留学制度フランスのホテルやレストランで1年間の実務経験なしなしパリやイタリア、香港などにある姉妹校への留学支援を行っているなし
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきはコースの種類や留学制度といったところでしょう。

また、おすすめの調理師専門学校として、設備が整っていることや学費、カリキュラムが充実していることは大前提ですが、その内容には違いが見えるので、自分の希望や理想にあった専門学校を選び、立派な料理人を目指していきましょう!

調理師免許を取得するまで



■そもそも調理師とは?免許は必要?

調理師とは国家資格である「調理師免許」を持っている人のことを指します。

これは調理に関する正しい専門知識を持っているということの証明になるのです。

調理師免許はなくても料理人として働くことは可能ですが、あった方が就職やキャリアアップに大変有利となっています。

例えば、ホテルや給食業界では調理師免許を持っている人向けに求人募集をしていることがほとんどです。

免許を持っていなければ入社試験を受けることすら出来ませんから、就職先の幅が狭まってしまうのです。

特に将来、一流ホテルのシェフになりたい人や海外勤務したいという人にとって免許取得は必須事項といえるでしょう。

また独立開業するとしてもお店の信頼に関わりますから、取得しておく方が良いと思います。

■調理師免許を取得する方法

将来、自分で飲食店を開業したいと思った時には「調理師免許」または「食品衛生責任者」の資格を必ずとらなくてはいけません。

調理師免許を取得するには2つの方法があります。

まず1つ目は厚生労働大臣指定の専門学校に通い1年以上学ぶことです。

卒業すれば申請後、試験なしで資格を得ることが出来ます。

2つ目は実務経験を2年以上積んだ上で試験を受けることです。

アルバイトでも飲食店で働いた経験は全て実務経験年数に含まれます。

しかしながら、専門知識は通信教育などで独自に勉強しなければなりませんし、
働き先で扱っていない料理に関しては学ぶことが難しい状況になりがちです。

資格試験の合格率は約60%ですが、一人で行うのはなかなか厳しいかもしれませんね。

個人的にはやはり専門学校で学んで取得した方が確実であると思っています。

学校では仲間と一緒に頑張ることが出来ますし、料理について幅広く勉強できるからです。

一緒に目標に向かって勉強する人が身近にいた方が競争心があおられて良い結果が得られるでしょう。

専門学校のカリキュラム内容は?国際社会を見据えている学校に注目!



学校によって違いはありますが、1年生で料理全般について学び、2年生で専門コースに分かれるといったようにステップアップしていくカリキュラムが多いと感じました。

この場合、進みたい分野が具体的になっていない場合でもじっくり考えることができるため良いですね。

その中でも国際的な人材を育てる体制がある学校には特に注目しておきたいです。

将来の就職先として海外を選択する人は近年増えてきました。

その状況を考えると海外留学制度などがあるところの方が時代の流れに合っていると思うのです。

例えば東京調理製菓専門学校では、海外研修旅行、語学授業、海外留学、国際料理ビジネス科の設置など多くの対策がなされています。

しかも留学では、フランスの一流ホテルレストランで1年間実務経験を積むという充実した内容になっています。

この貴重な経験は自分自身を大きく成長させてくれそうですね。

他に特徴のあるカリキュラムといえば、社会人でも通える「夜間部」があります。

夜間部がある学校は多くはありませんが、このサイトでも紹介していますので興味がある方は確認してみてくださいね。

調理師専門学校の学費はどれくらいかかる?



さて、いざ調理師専門学校に通うと決めたときに、どのくらいお金がかかるかということは大きな問題ですね。

確認していきましょう。

そもそも学費の内訳はどのようになっているかというと、入学金、授業料、設備利用費、教材費などになります。

衛生用品などの消耗品や専門器具の購入も多くなるため、思っていたよりもお金がかかるといったケースが多いようです。

他にも交通費や生活費も必要なので、通いやすさや自身の生活に必要なお金を把握しておきましょう。

さて、かかる費用の平均ですが1年間で130万円くらいと言われています。

しかし、学校によって大きく違うため参考程度にしておいてくださいね。

そして学費が安い専門学校を選びたいという方もいらっしゃるかと思いますが、内容を必ず吟味しましょう。

安かろう悪かろうでは意味がありません。

学校選びで自分のこれからの人生が決まりますから軽く決断しないでください。

もし入学してから内容に問題があって選び直すことになれば、トータルで見て高くつく場合があります。

各調理師専門学校では学費のサポートにも力を入れていることが多いです。

特待生制度や奨学金制度、教育ローンなどが用意されていますので、金額でお悩みの方は利用を検討してみては如何でしょうか。

オープンキャンパスに行ってみよう!



各学校ではオープンキャンパスが定期的に行われているため、参加してみると学校の雰囲気が良くわかります。

自分に合っていると思える学校を見つけるのは、インターネットだけでは難しい場合も多いです。

やはり実際に見て感じることが一番確実であると私は思います。

調理師専門学校の中には1年中開催しているという驚きの学校もあるので是非チェックしてみてください。

オープンキャンパスで行われている内容としては、学校見学や個別相談、体験入学などが主になります。

体験入学では、調理実習ができることが多いので参加するのがとても楽しいです。

先輩に話を聞けるチャンスでもあるので存分にこの機会を活用したいところですね。

私自身は普段生活していると料理人を目指している人に話を聞くことがあまりなかったので貴重な体験になりました。

そして、話を聞いているうちに料理人になりたいという思いはさらに強くなりました!
オープンキャンパスへの参加は良いことだらけですね。

またオープンキャンパスに参加すると入試の際の検定料が無料になる学校もあります。

試験を受けたいと思っている学校には必ず足を運んでみましょう。

調理師専門学校の入学試験とは?



調理師専門学校の入試は主に一般入試とAO入試、推薦入試に分けられます。

どの方法でも一般教養は問われますが、高い学力が必須というわけではないようです。

しかしながら、作文などの課題を出されるまたは面接がありますので、学力はあるに越したことはないでしょう。

■学校はここを見ている!

そして、試験の中で学校側が一番注目して見ているのは、学生の志望動機やコミュニケーション能力、今までどのような活動をしてきたのかということのようです。

つまり、「絶対、この学校を卒業して料理人になる!」というやる気がどのくらいあるのか、実際の活動歴を交えてアピールしてくださいということです。

活動と言っても難しく考える必要はなく、「料理部での活動から得た経験」や「個人的に家で料理を練習している」などは十分アピール材料になるでしょう。

また、仕事の性質上、人との関わりが多いため社会に出てからコミュニケーションが上手くとれるかということは、とても大事になります。

■入試の必要書類

出願は定員になると締め切られる場合もあるため、早めに準備して応募しましょう。

書類の内容は、入学願書、調査書、卒業見込書などになりますので、自身が現在通っている高校にいつ発行してもらえるのか確認する必要も出てきます。

時間に余裕を持って手続きを行いたいですね。

また調理師専門学校では、入学選考してもらうために料金が発生します。

これは前述の通り、オープンキャンパスに参加すると免除や減額される場合がありますので確認しておきましょう。

卒業後の進路は?



専門学校卒業後に先輩方はどのような道を歩んでいるのか、気になりますよね。

これは一番大事なことかもしれません。

進路として当然かもしれませんが飲食業界に就職する人が圧倒的に多いです。

一流ホテルの厨房や有名レストラン、専門店、パン屋さん、結婚式場、食品メーカー、給食業界、老人ホームなど飲食サービスを扱っている企業全般に道が大きく開けます。

他にも接客サービスのプロを目指す人や自分のお店を出す人もいるようです。

このサイトでは就職率90%を超えている学校ばかり掲載していますのでチェックしてみてくださいね。

また調理師専門学校では、就職のサポートが手厚い場合が多いので安心でしょう。

担任と就職担当者が親身になって相談に乗ってくれるようです。

相談できる人がいると良い心の支えになりますよね。

卒業後もサポートを利用することが可能な学校もありますので人生に迷った時は頼りにしたいものです。

まとめ



さて、これまで私のおすすめ調理師専門学校をご紹介してきましたが如何でしょうか。

この項目では最後に今までの内容をまとめていきますね。

一番おすすめしたい専門学校は「東京調理製菓専門学校」です。

実習経験を他の学校よりも多く積める仕組みが出来ているのが特徴です。

そして、海外で活躍したい人・海外で料理の修行を積んでみたい人・卒業後の選択肢が広い学校が良い人は、国際的に活躍できる人材を育てることを意識した学校に注目しましょう。

1年間の学費の平均は130万円程度と言われていますが、学校によって大きく異なります。

また、定期開催されているオープンキャンパスに参加すると学校の雰囲気が良く分かるでしょう。

卒業後の進路は飲食業界が主で、一流ホテルから結婚式場、食品メーカー、給食業界など飲食サービスを扱っている企業全般に道が開けます。

最後に、私自身まだまだ将来のビジョンがはっきりとは描けていないと感じていますが、これから調理師専門学校に通い、どんどん具体的に考えていこうと思います。

今の時代、企業に勤めるのか開業するのか海外に行くのか、どのような働き方をするのか選択肢が多様化しています。

迷っている人も多いでしょう。

私と同じように料理人を目指している方に、このサイトが役立てばとても嬉しいです。

是非一緒に料理人への道を歩んでいきませんか?

 

記事一覧

調理師専門学校では、調理の知識と技術を基礎から学びます。 しかし、それだけで終わるのならば、独学や先に働いてか ・・・[続きを読む]
レストランなどで働く調理師は人気のある職業ですが、働くためには専門的な知識を得なければいけません。 専門学校を ・・・[続きを読む]
調理師となるためには、調理師免許を取得するために、専門学校にて知識と技術を学びます。 そこで国家資格となる受験 ・・・[続きを読む]
料理人になりたいときは、料亭やレストランで修行をすることで目指せますが、調理を教われる専門学校に通う手段もあり ・・・[続きを読む]
東京にはいくつもの調理師専門学校がありますが、卒業後の進路について興味があるという人も多いのではないのでしょう ・・・[続きを読む]
美味しい食事は、人の心をほっとさせ、感動させ素晴らしい時間を作ることが出来ます。 そんな魔法のような事ができる ・・・[続きを読む]
東京にある調理師専門学校に在学して必要なカリキュラムを受講して卒業すると、調理師の国家資格が得られます。 学校 ・・・[続きを読む]
将来はプロの料理人として活躍をするなら、東京の調理師専門学校での学びは将来きっと役立つことでしょう。 まずは体 ・・・[続きを読む]
調理師になるために専門学校に入学したいと考えた時、気になるのは入学テストがどんな内容で行われるのかという点です ・・・[続きを読む]
東京には様々な調理師専門学校が存在し、多数の選択肢から入学先を選ぶことができます。 ただ個々で異なる特色を持っ ・・・[続きを読む]
食べることが好きで料理の腕を活かしたいなら、東京の調理師専門学校で学ぶことができます。 昼間の授業だけではなく ・・・[続きを読む]
高い学びを得て社会で活躍をするために、最新の情報や技術に知識も習得するなら、花の都東京で調理師専門学校に通う価 ・・・[続きを読む]